学区サロン(20190415)

今日は、良い天気になりましたが、

風が冷たーい、

日でしたね。

さて、

学区サロンは、

17組の親子さんが来てくれました。

新学期ということで、

4月から保育園に、幼稚園にと、

居場所が変化してきました。

学区サロンも、

そんな新たな気持ちで、

始めます。

と言っても、

毎年のルーティーンでございます。

4月は、

お決まりの兜づくり。

大きな包装紙を使って兜をおります。

何人かのお母さんが、

折ったことがありますと答えてくださいましたが、

結構・・・おり方を忘れた方もいまして。

何やら、四苦八苦。

2

出来上がりがこちらの写真。

9

学区サロンは、

月1回のサロンで、

10時半から11時45分という、

約1時間ほどの短い時間での交流ですから、

何を大事にいていくかを、

考えて実施しています。

1つ目は、集まってきた親子さんの出会い。

2つ目は、地域の私たちとの出会い。

そこには、

小学生の交流会も含まれています。

おばあちゃん、おじいちゃんとの交流も含まれています。

地域に暮らす、いろいろな立場の人ですね。

そのほかにも、

例えば、地域で活動しているボラグループ、

例えば、等身大で活動している先輩、

3つ目は、行政の担当者、

例えば、保健センターの保育士、

例えば、民生子ども課の職員、

例えば、保育園エリア支援の先生、

4つ目は、

子育ては、暮らしの営みの中で自然とあるものを伝えること

5つ目は、

防災やお誕生月のお祝いで、

命を守るということ

あなたが大事だということを

伝えるようにしています。

で、最後に、

たまには、

私たちの楽しいパフォーマンスの紹介をします。

4

そんなこと考えながら、

年間11回のプログラムを考えています。

次は5月ですね。

保育園のエリア支援の先生が来てくれます。

0 Responses to “学区サロン(20190415)”


  • No Comments

Leave a Reply