第2次計画・取り組み報告

第2次地域福祉活動計画事業 
こんなことしました!

基本理念【誰もが住みよいまちづくり】実現のために、「5つの目標、10の対応策」を定めました。年度ごとの取り組みを報告します。

≪第2次計画の5つの目標と10の対応策≫
Ⅰ誰もが参加できる福祉風土づくり
①「福祉まちづくり財源」づくりへの参加
②ボランティアの養成と活動につながる環境づくり
Ⅱ誰もが出会える交流の場づくり
③出会い・知り合い・話し合う場づくり
④親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ
Ⅲ地域の支えあいネットワークの推進
⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実
⑥地域での個別支援を支える専門職のネットワークの推進
Ⅳ計画推進しくみづくり
⑦住民参加による計画推進
⑧社会福祉協議会の応援を拡げる
Ⅴ頼られる社会福祉協議会づくり
⑨ボランティアセンターの機能強化
⑩社会福祉協議会のパワーアップ!

≪21年度・22年度の取り組み≫
【Ⅱ-④親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ】
から
★「ひまわりサロン」月一開催
高齢者や障がいがある方、子育て中の親子など、誰もが気軽に立ち寄れ場所「ひまわりサロン」を、毎月第2木曜日の午前11時から午後2時まで、高岳げんき館1階の研修室で開催しています。
”ベーカリー&カフェひまわり”さんの飲み物・パンの販売や学区のさくらクラブ・もみじクラブのみなさんが作成した
作品の展示会も行っています。

 

★「かえるポスト」設置
「かえるポスト」
は、高岳げんき館の1階と2階に設置しています。施設をよりよいものに”かえる”、いただいた意見に対して定期的に返事を”かえる”ポストです。皆さんの意見を待っています。

★東区在宅サービスセンターの愛称募集!
乳幼児から高齢者までの市民生活に密着し、親しみやすいになれるよう愛称を募集しました。(平成22年7月12日~9月10日)
全国から314件の応募をいただき、11月愛称選考委員会にて『高岳げんき館』に決定しました。
12月19日(日)たかおか福祉デーにおいて、発表と表彰式を行いました。

【Ⅰ-①「福祉まちづくり財源」づくりへの参加】から
★寄附機能付自動販売機の設置
高岳げんき館正面玄関に、寄附機能付自動販売機を設置しました。売り上げの5%赤い羽根共同募金に寄附されます。
また、大規模災害が発生し、人命に関わる非常時には、販売会社のご好意により自動販売機内の飲料が無料で提供される「災害救援ベンダー」です。

★「みんなで創ろうわがまちひがし・フリーマーケット」開催
平成22年8月5日(木)に、高岳げんき館でフリーマーケットを開催しました。
当日は、たくさんのお客様にご来場いただき、出店料、助成金、チャリティー売上等寄附を合わせて、25,570円の利益がありました。ありがとうございます。

★「ひまわりサロン」での本リサイクルコーナーの設置
毎月第2木曜日に開催している「ひまわりサロン」で、本のリサイクルコーナーを設置し、1冊50円以上の募金をいただいています。

【Ⅲ-⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実】から
困りごとを抱えている方に、生活上の困りご
とをヒアリングし、解決までの道筋や課題を発信していこうと取り組みました。
視覚障がいをお持ちのIさんをモデルケースとして、地域の方との顔つなぎ、待ち歩きをしながらお店探しなどしました。そして、誰もが気軽にできる視覚障がいを持つ方への対応ついてのリーフレット「みんつく*ささえあいガイド」を作成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Ⅳ-⑦住民参加による計画推進】から
★「世話人会」設置
各グループから2名の世話人を選出。毎月みんつく会議が終了後に、「世話人会」を開催しています。「世話人会」では、各グループの進捗状況を報告し、課題の共有に努め、進行管理の役割を行っています。


★「夢なごや400」の魅力部門にノミネート

名古屋開府400年を記念したイベント「夢なごや400」に「みんなで創ろうわがまちひがし」をノミネートいたしました。 

 

★【第1次地域福祉活動計画…継続「地域で子どもを見守ろう」】
東桜学区へ「子ども見守りステッカー」の配布を行いました。
これで、東区全学区の配布が終了し、協力してくださったお店は、現在まで497件になりました。

≪23年度の取り組み≫

【 Ⅰ-②ボランティアの養成と活動につながる環境づくり】から
★「認知症サポーターに対するフォローアップのしくみ」として、「傾聴ボランティア養成講座」の開催
2月13日を皮切りに、全5回のプログラムで開催
27名の方が終了し、そのうち14名の方がボランティアグループ「華蓉会」に入会されました。
今後の活躍に期待します!!

【Ⅱ-③出会い・知り合い・話し合う場づくり】から
東区ふれあい・いきいきサロン情報紙

ふれあい・いきいきサロン」への事業助成と交流会の開催

【Ⅲ-⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実】から
オレンジネット大作戦2011始動
3月10日(土)11:00から13;00まで、高岳げんき館で、「東区身体障害者福祉協会・交流会」にて、認知症サポーター養成講座開催。
寸劇を開催するに当たり、台本の作成
→「認知症について寸劇で伝えるプロジェクト」準備期間

 ≪24年度の取り組み≫

3つのグループから2チームに編成
・Aチームは・・・・・「チームえぇとも
・Bチームは・・・・・「チーム支え愛 LOVE

【Ⅲ-⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実】から
★認知症をわかりやすく伝える「寸劇」プロジェクト「みんつく一座」がデビュー

台本
①『ごはんはまだかね?」編 
②『買い物』編
③『徘徊』編

講演実績
☆2012年☆
・9月25日(火)  『福祉のつどい2012』 東文化小劇場
・10月24日(水) 『認知症サポーター養成講座』 げんき館
・11月1日(木)  『認知症サポーター養成講座』 葵小会議室
・3月7日(金)13:30~ 区役所講堂

【Ⅰ―①「福祉まちづくり財源」づくりへの参加】から
★第1回東区ボランティア応援助成

【 Ⅱ―④親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ】から
★「ひまわりサロンプロジェクト」始動→「ひまわりサロンをより良くする会

≪25年度の取り組み≫

【Ⅲ-⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実】から
★認知症をわかりやすく伝える「寸劇」プロジェクト「みんつく一座」公演実績
・6月3日(月)「認知症サポーター養成講座」高岳げんき館
・7月30日(火)「認知症サポーター養成講座」高岳げんき館
・8月27日(火)中高生向きの「認知症サポーター養成講座」
・9月4日(水)「認知症サポーター養成講座」高岳げんき館
・3月1日(土)「認知症フェア」東区役所講堂
  新作シナリオ「つなぐ」編

【Ⅰ―①「福祉まちづくり財源」づくりへの参加】から
★第2回東区ボランティア応援助成

 

【Ⅰ‐②ボランティアの養成と活動につながる環境づくり】から
★「ガイドボランティア養成講座」開催

【 Ⅱ―④親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ】から
★「ひまわりサロンをより良くする会」企画
10月10日(木)ひまわりサロン「タブレットを触ってみよう」
企業(デンソーさん)と大学(名大さん)の協力の元実施しました。

【Ⅲ‐⑤ご近所の見守りと助けあい活動の充実】から
★「障がいのある方が楽しめるサロン」を企画運営

0 Responses to “第2次計画・取り組み報告”


  • No Comments

Leave a Reply