Monthly Archive for 3月, 2010

第6回みんつく会議開催

平成22年3月25日(木)10時から東区社会福祉協議会におきまして、第6回みんつく会議が開催されました。

みんつく会議は、第2次地域福祉活動計画の対応策についての事業を実施するための会議です。

ブログ「第5回みんつく会議開催」でご紹介いたしましたように、
①グループAi
②チーム出会いde愛
③チーム支えあい
の3つのグループに分かれて会議を行っています。

今日は、「チーム出会いde愛」の取り組みについてご紹介します。
チーム出会いde愛」は、「誰もが出会える交流の場づくり」という目標を掲げ、
①出会い、知り合い、話し合う場づくり
②親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ

という2つの対応策についての事業に取り組んでいます。

「②親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ」の取り組み事業として、
平成22年2月から目安箱の設置を実現しました。
また、平成22年4月から、毎月1回第2木曜日を基本に、サロンの開設をします。

詳しく紹介しますね。

目安箱の設置として、「かえるポスト」を1階、2階に設置しました。
この「かえるポスト」に、高岳福祉会館を親しみやすく、楽しく、使いやすくするための皆さんから忌憚ないご意見やアイデアを用紙に書いて入れてください。
もちろん、「かえるポスト」というくらいですから、ポスト後方に、「答えがかえるコーナー」として回答をはりだします。
みなさまからのご意見お待ちしております。

そして、4月から月1回、誰でも気軽にふらっと寄れる「サロン」を開設いたします。
その名も「ひまわりサロン」です。
開設時間は11時~14時。その時間内でしたら、自由に過ごしていただくスペースとして利用してください。
”ベーカリー&カフェひまわり”さんのご協力で、パン(100円)、飲み物(100円)の販売をします。

 *児童館に寄られた後、親子でお昼を食べるのに利用してください。お弁当持ちこみ大丈夫です。
 *近くの会社員の方、急ぎのランチに利用してください。
 *本のリサイクルもありますので、読書したり、気に入ったものがありましたらお買い求めください。
 *おしゃべりはもちろん無料ですから、簡単な打ち合わせにも利用してください。
 *他にも、このスペースを利用して楽しいアイデアがありましたら、ご提案ください。
 *最後に、お願いとしては、たくさんの方に気持ち良く利用していただけるために、マナーだけはお忘れなくお願いします。

まずは・・・

   日時:4月8日(木)11時~14時まで。
   会場:高岳福祉会館等複合施設 
       1階東区在宅センター 研修室    

お待ちしています。

以上が、②チーム出会いde愛の取り組みを紹介しました。

他の2つのグループも、順次事業を進めています。次回ご紹介します。

「かえるポスト」です。東社協北入口前に設置しています。

 

 

あこがれの女性 野村文枝さん

「みんつく」のメンバーでもある野村文枝さんが、先日、第10回中日福祉ボランティア賞を受賞するという記事が、掲載されました。

長年にわたり、現場でのボランティア活動が認められ受賞されました。
今もなお、現役で活動を行っています。

昨年の3月に、東別院で、野村さんのお話を聞く機会がありました。
野村さんのボランティアの原点は、90歳代の独居女性との出会いだと言われました。
そして、血の通ったボランティアを目指し、「暮らしの中からみえてくる」現場の活動を大切にして続けてこられたそうです。
身につけた知識を実行に移すこと」を信条とし、「人は人と共にあることで元気になれる。ふれあいが一番大事。」と結ばれた言葉が、とても印象的でした。

本当に、おめでとうございます。
今後も、お体を大切にボランティア活動を続けてください。

私も、少しでも野村さんに近づけるように活動していきたいと思います。
一ファンより。

平成21年度「地域の世話やき活動」情報交換会

平成22年3月5日(金曜日)午後1時30分から、東区役所4階講堂におきまして、
「平成21年度 地域の世話やき活動 情報交換会」に、
”みんつく”(みんなで創ろうわがまちひがし)として参加してきました。

情報交換会も、今年度で5回目(平成17年度から実施)を迎えました。
名古屋市が取り組む「地域の世話やき活動」で、
平成14年度から「地域のおじさん・おばさん運動」の提唱により事業を開始。
目的は「地域の連帯感と教育力を高める」ことで、
合い言葉は、「地域の子どもは地域で守り育てる」です。

東区には小学校区が9つあります。
その自治会学区の取り組みが紹介されたのち、
東区小中学校校長会よりあずま中学校佐藤校長より、小中学校の取り組みの紹介。
そして、東警察署から不審者情報の提供がありました。
その後、”みんつく”の取り組みの紹介をしました。

”みんつく”の取り組みは、
東区社会福祉協議会の第1次地域福祉活動計画の10の対応策
「地域で子どもを見守ろう」の事業として、
東区全域の店舗を中心に、
「子ども見守りステッカー」の配布をお願いする活動をしてきました。

各学区でも、小学校PTAの「子ども110番」のステッカーや、
警察署の「子ども110番」のステッカーもありますが、
みんつくの「子ども見守りステッカー」は、東区全域を足で回り、
お店1軒1軒に挨拶をしてステッカーの協力をお願いする活動をしてきました。

東区にいる全ての大人に、子どもに関心を持ってもらうための啓発であり、
東区内にステッカーが広がることで防犯の抑止力になります。
そして、「子どもにやさしい東区」のPRにもなります。
今年度、東桜学区を残し、ほとんどの地域を回りました。
協力してくださったお店は、現在まで497件です。

各学区は、小学校を中心に顔の見える見守りをしています。
子どもを持つ親としては、本当に感謝で一杯です。
そんな中、最近は不審者が増えました。
中学生・高校生も安心して学校に通うことができません。
みんつくの今後の活動としては、
協力してくださっているお店を拠点に、
学区をまたいだ取り組みをしていきたいと思います。

左から、
みんつく「子ども見守りステッカー」      PTA  警察の「子ども110番」ステッカー