第22回みんつく会議

平成23年7 月28 日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第22 回みんつく会議が開催されました。

話し合いに入る前に、東区社協の職員さんが、東日本大震災支援の一環で、応援派遣に行った報告をしてくださいました。

3月23日から現在に至るまで、名古屋市社協が、岐阜・三重の社協と協力して、岩手県大槌町へ1週間を1クールとして応援に出かけています。その要員として各区社協からも職員さんが交代で応援に出かけています。
東区社協からは2人。その2人の体験報告をしてくださいました。
より詳しい報告は、名古屋市社会福祉協議会HPをご覧ください。

そして、今年度、第4 回目の話し合いに入りました。

以下、各グループの報告です。

まずはグループAi・・・・
先回に引き続き、「傾聴ボランティア養成講座」の開催にむけての話し合いが行われました。
また、共同募金「公開プレゼンテーションよる助成金審査」についての検討を行いました。
メンバーと事務局が、北区と日進市で行われているプレゼン審査を見学に行った報告をし、東区社協で実施する場合の効果などを話しあいました。
最後に、9月に開催される「福祉のつどい」の発表者を決めました。

次に、チーム出会いde愛・・・・
引き続き、出会えて集える「場」の調査隊として、東区にあるたまり場やふれあいの場、サロンのMAP作りが終了し、「東区ふれあい・いきいきサロン情報」という紙面が出来上がりました。その情報を9月の「福祉のつどい」で発表し、活用してもらったり、見守りや居場所づくりのヒントにしてもらうための資料として提供します。

最後に、チーム支えあい・・・・
9月の「福祉のつどい」の発表するシナリオ「オレンジネット大作戦2011」を元に、読み合わせをしました。
チーム支えあいの今後の進め方としての確認とメンバー同士の共有を兼ねて、シナリオの中身を確認しました。
参加される方に、真意が伝わるかどうかが鍵です。

午後からの世話人会では、
各グループの話し合いの報告と意見交換をした後、
9月に開催する「福祉のつどい」についての調整を行いました。

次回のみんつく会議は、8月18日(木)10時からです。

0 Responses to “第22回みんつく会議”


  • No Comments

Leave a Reply