Monthly Archive for 9月, 2011

第24回みんつく会議

平成23年9月22日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第24回みんつく会議が開催されました。

以下報告です。

まず、全体会では、9月6日に行いました「福祉のつどい」からアンケート集計の報告。
来場者数は、私たちボランティアを含めて300名ありました。
そして、これからの社協のスケジュールの連絡です。
 ☆認知症サポーター養成講座:10月6日10時~ げんき館
    (どうぞ、受講しに来てください)
 ☆なごやかまつり:10月16日(日) 建中寺公園
    (ボランティア募集&当日遊びに来てください)
 ☆赤い羽根街頭募金:11月23日(水) イオンドーム前店
    (協力者募集)
 ☆やかおか福祉デー:12月18日(日) げんき館・福祉会館・児童館
    (ボランティア募集&当日遊びに来てください)

そして、グループに分れ、第6回目の話し合いに入りました。

以下、各グループの報告です。

まずはグループAi・・・・
福祉のつどいの反省会と世話人選出。

次に、チーム出会いde愛・・・・
「東区ふれあい・いきいきサロン情報」の配布先検討。
12月18日に開催される「たかおか福祉デー」についての意見交換を行いました。

最後に、チーム支えあい・・・・
まず、メンバーの職員さんが、大槌町のサポートセンターへ応援に行って来た報告を聞きました。
次に、「福祉のつどい」アンケート結果から、13名の方が認知症サポーター養成講座を受講してもいいという回答があり、10月6日10時から開催される認知症サポーター養成講座へお誘いをかけてみることになりました。
そして、「オレンジネット大作戦2011」今後の展開について、全国で自治体で取り組んでいる事例をまとめた資料を基に意見交換しました。「認知症サポーター養成講座」を受講してもらえる具体的な意見を紹介します。
①企業やお店、学校の授業の中に、組み込んでもらうために、首長に受けてもらいオレンジリングをPRしてもらうことで、広がるのでは。
②毎年、3月にげんき館で東区身体障がい者団体の交流会があるときに、認知症サポーター養成講座のコンパクト版を開いていただき、動機付けをしましょう。
③視覚障がいがあっても、他の障がいがあっても、「知る」ということは、「伝える」ことができるので、認知症サポータ養成講座を受講してもらい、理解者となり、伝い手となっていただきましょう。
④区役所と保健所、医師会などとの連携をつくり、医師会主催の認知症講座にオレンジネットの意向を伝えていってほしい。
→「認知症専門部会の充実活用」につながっていく。
⑤若い子を巻き込むために、中学校の職業体験の授業で売り込んでみよう。また、東海サタデープログラムへの参加や東区の高校のボランティアクラブへの声かけをしよう。
⑥生活する上で、地域の人の目を気にしているので、やはり、地域の人、民生委員、自治会長に受講してもらうよう働きかけよう。
男女共同参画の視点でも、今こそ男性も受講する流れにしていく仕掛けをつくりましょう。
いずれにしても、動機はどうであれ、受講すれば意識が変わるので、多くの人に受講してもらえる作戦を考えていくことになりました。

午後からの世話人会では、
12月に開催する「たかおか福祉デー」について、意見交換をした後、各グループの話し合いの報告をしました。

次回のみんつく会議は、10月27日(木)10時からです。

外は、すっかり秋空になりました。


夕焼けがきれいでした。(長久手から)

平成23年度第6回ひまわりサロン開催

平成23年9月8日(木)11時~14時まで、
高岳げんき館 1階研修室にて平成23年度第6回ひまわりサロンを開催しました。

今日の展示は、ふれあい広場4会場からの作品展です。

 

 

 

 

 

「うさぎが・・・ほら・・・・お花に。」

また、今日は、児童館から2歳の女の子とお母さんがランチを食べに来てくれました。
スタッフと一緒に絵本を読んだりして、ひと時をすごしました。

 

次回のひまわりサロンは、
10月13日木曜日11時~14時です。
どうぞ、お気軽に遊びに来てください。

「福祉のつどい2011」終了しました。

9月6日(火曜日)「福祉のつどい2011」が、無事終了しました。
お忙しい中、足を運んでくださった方々に、お礼申し上げます。

ありがとうございました。

今年の暑さは、昨年以上に尋常ではありませんでした。
また、大型台風12号が大きな爪あとを残し、新聞には、死者42名不明者55名となっており、多くの被災された方々がいらっしゃいました。
この場をお借りして、お見舞い申しあげます。

今年は、東日本大震災があり、人々の絆や支え合いが見直され、「福祉のつどい2011」にも力が入りました。来てくだ去った方々にもその関心は大だったと思います。

では、「福祉のつどい2011」の報告をします。

◆第1部 第2次地域地域福祉活動計画中間報告

はじめに、計画の大まかな概略を説明した後、みんつくの3つのグループから22年度の取り組みを報告しました。

①チーム出会いde愛
対応策「親しまれる高岳福祉会館等複合施設へ」
から
・「ひまわりサロン」開催中のご報告
・東区在宅サービスセンター愛称「高岳げんき館」に決定報告

②グループAi
対応策「『福祉まちづくり財源』作りへの参加」から 
・寄附を通じた地域福祉活動への参加
・赤い羽根共同募金等の使い道の「見える化」
対応策「ボランティアの養成と活動につながる環境づくり」から
・傾聴ボランティア養成講座の検討・企画

③チーム支えあい
対応策「地域の支え合いネットワークの推進」
から
・認知症高齢者等を支える「オレンジネット」の推進

各グループとも、パワーポイントをつかって、会場の皆さんに分かりやすく説明したつもりでしたが、いかがでしたでしょうか。

ラストの〆に、会場の皆さんと「ささえ愛の唄」を動作をつけながら歌いました。

◆第2部 栗田暢之さんの講演会報告
第2部は、レスキューストックヤードの栗田暢之氏の講演会でした。 「災害時における地域の支え合いと平常時の備え」というテーマで1時間のお話をしていただきました。

まず、東日本大震災の現地の状況や支援の報告をパワーポイントを使って報告してくださいました。言葉では表わせないほど、本当に悲惨な状況にあり、愛する人を亡くした方々、愛する家を失ってしまった方々は、もうそれはそれはたくさんいらっしゃって、レスキューさんが取り組んでいる支援「足湯」で、ポツリポツリと語られる言葉は、涙なしでは聞くことができないほどの内容ばかりです。
そこで、離れた場所に住んでいるわたしたちに出来ることは、被災地にお金を落とすことだといわれました。観光に行ってお金払う。お土産をたくさん買ってお金を払う。そんな支援もあるんですと伝えてくれました。

そして、東区の立地からいうと、津波の被害より揺れの被害を想定したほうがいいということで、改めて阪神大震災時の映像を映されました。

震度6の揺れをどのように受け止めるか、大震災では、「想定外」のことばかりが起こると思って防災を考えたほうがいいと提言されました。
「揺れ」の体験は、「スタート」と言ってから始めるし、炊き出し訓練も、調理器具が用意された時点での訓練です。実際は、段取りよく始まらないし、お膳立があるわけでなく、何も無いところからいきなり始まるんだと、防災訓練に一石を投じられました。

熱く語る栗田さんの話に、時には涙しながら、そして真剣に耳を傾けていました。

みんつくが行っている第2次地域福祉計画の取り組みは、地域福祉として、非常時における防災にもつながっているのだと確信しました。

年に1度の「福祉のつどい」ですが、いつもたくさんの方々に聞いていただけ感謝しています。
みんつくのメンバーは、「自分の住む町は自分の手で」という思いで活動しています。客席にいらっしゃる方々と立場は何も変わりません。東区に住む同じ住民として、手と手をとり、助け合いながら、皆さんで住みよい東区にしていきましょう。

最後に、今年度の記念品は、「三陸宮古」の鮭皮細工の栞」でした。
岩手県宮古市の精神障害者通所授産施設であります「社会福祉法人若竹会就労継続支援事業所ワークプラザみやこ」さんから取り寄せました。小さな支援ですが、被災地の早い復興を心からお祈りしています。