東区身体障害者福祉協会交流会で、認知症サポター養成講座

3月10日(土)11:00から13;00まで、高岳げんき館で、「東区身体障害者福祉協会・交流会」が行われました。

「東区身体障害者福祉協会」とは、東区に住んでいる身体障害(肢体不自由、視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害)の方が会員としてる団体です。

本日は、区役所の福祉課職員、東区障害者地域生活支援センター職員、いきいき支援センター職員、手話通訳さん2名、視覚障害者サポターさん2名を加えて、約20名の参加がありました。

また、今日の交流会では、第2次地域福祉活動計画のみんつく会議で、グループ「チーム支え合い」が取り組んでいる「オレンジネット大作戦」として、認知症サポター養成講座を行うことになっていましたので、社協職員担当者と、「チーム支え合い」から私が参加させてもらいました。

まずは、代表城内さんの挨拶、司会の福祉課の鈴木さんから事務連絡の後、いきいき支援センターの高木職員より、認知症サポーター養成講座が始まりました。

テキスト、DVDを視聴しながら、講座は進みます。こちらでは、手話通訳さんが、あちらでは、視覚障害の方へフォローしながら、高木さんの身内の事例を引き合いに出しながら、わかりやすく説明されたように思いました。


新しい内容のDVDもあり、それは、認知症になった方自身の心を表現したもので、認知症になった方の気持ちを知るには、とても効果的な内容でした。
お弁当を食べながらというのも、堅苦しくなかったようです。

その後、ひとりずつ近況をお話する中で、認知症について理解できたというコメントもあり、アンケートに記入された方には、オレンジリングが渡されました。

認知症は誰にでもおこる病気です。その認知症を理解することは誰にでも必要です。
今日、改めて、そのことを確信しました。

******************

「認知症サポーター養成講座」開催します。

とき  平成24年3月21日(水)13:30~15:00

ところ 高岳げんき館 1階研修室

参加費 無料 申込不要!!

尚、グループや集まりで受講を希望される方は、
東区社会福祉協議会まで連絡をください。

電話:932-8204

0 Responses to “東区身体障害者福祉協会交流会で、認知症サポター養成講座”


  • No Comments

Leave a Reply