みんつく一座初披露

8月17日(金)、午後から、高岳げんき館において、「認知症専門部会」が開催されました。
そこで、みんつく一座は、初披露することになりました。

その様子を。

午後12時30分。

一週間以上の間が空いていましたが、メンバーは準備稽古のため、遅刻することもなく集まりました。
事務局から挨拶。
「買い物編」の最後のページに、セリフが追加されました。
本番を前に、通し稽古です。
まずは、円陣を組み。
「みんみーーーん」
「みん」
「みん」
「みん」
「みん」
「みんつく一座ぁ」
「おおーーーー」

口上が始まります。

「ごはんまだかね編」の稽古。

続いて、「買い物編」の稽古。

約20分程度でしたが、稽古の成果あってか、大体の感じはつかめました。
それぞれ細かなチェックをしながら、本番までを待ちます。

午後2時。

認知症専門部会の皆さんが席に着きます。

さあ、本番です。
緊張の中、稽古以上の熱演が繰り広げられます。
専門部会の皆さんも真剣なまなざしで観ていてくださっています。

かんかんかん・・・・・・・・。
拍子木の音。
「これにて終了したします。」
口上の締めの言葉です。

全員は集まり礼。

無事に終了しました。感想を伺いながら、メンバーは、皆いい顔をしています。

と、
こんな感じで、本日の初披露が終えました。
次回は、みんつく会議で披露をし、意見などをもらいながら、修正などをして、9月25日の本番を迎えます。
本番は、「福祉のつどい2012」のステージです。東文化小劇場という舞台ですので、練習している会場の何倍もある舞台です。
リハーサルも、当日の通しだけ。

今から、楽しみです。

0 Responses to “みんつく一座初披露”


  • No Comments

Leave a Reply