Monthly Archive for 9月, 2012

第36回みんつく会議

平成24年9月27日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第36回みんつく会議が開催されました。

以下報告です。

まず全体会として報告・告知がありました。
①「福祉のつどい2012」の報告
372名の参加がありました。立ち見もあり、大盛況でした。

②東区ボラ応援助成の審査結果報告
4団体の応募で4団体に助成。
次回は、より多くの団体からの応募を期待する。

③「なごや映画祭」の案内

④10月1日から障害者虐待防止法の施行

⑤赤い羽根共同募金街頭募金11月17日午後に実施

⑥ボランティア募集
・「たかおか福祉デー」実行委員会メンバーの募集
平成24年12月16日(日)に開催される「たかおか福祉デー」の企画内容・運営方法について話合いを行う実行委員を募集します。
申し込み方法については、東区社会福祉協議会までお尋ねください。(TEL:935-8204)
締め切りは10月1日(月)まで。

・特別支援教育作品展会場ボラ(受付・見回り)
11月28日(水)~30日(金)のいずれか。区役所講堂

・「なごやかまつり・ひがし」ボランティア募集
10月21日建中寺で開催する「なごやかまつり・ひがし」のボランティア

⑦みんつくからの告知
みんつく一座が好評でした。

ということで、その後は、1部のみんつく進捗報告とみんつく一座の寸劇のDVDを視聴しました。
出演したメンバー、当日欠席したメンバー、共に楽しく視聴しました。「思ったよりよかった」というのが本当のところかもしれませんが、自画自賛です。

そして、2チームに分かれ話合いが行われました。

「チームえぇとも」・・・・・は、
前回が「情報発信」についての意見交換でしたので、今回は「情報収集」について話合いを行いました。
発信するための情報を「調査隊」を結成し、営業活動をしながら潜在的な需要を発掘できるのではないかということでしたが、どれだけの需要情報が集まるのか、需要にこたえるボランティをどう確保するのかが課題となりました。
現在東区のボランティア連絡会である「東ほっとネット」の情報通信が途切れているので、リニューアルすることで、この情報誌の代わりになるのではないかという提案もあり、次回は、具体的に実現できる形を模索して話し合いを行うことになりました。

「チーム支え愛」・・・・は、
「障害がある方を地域でつなげる」をテーマに話し合いをしています。
参考資料として、「身体障害者福祉大会」に提出される議題(案)の一覧を確認し、障害者の方の困りごとの参考にしました。
また、区役所の障害者支援の取り組みについて、福祉課長からレクチャーしていただきました。
現在、当事者団体を含め「障害者自立支援協議会」を設置して、その中で防災部会では、「自助・共助・公助」についての確認作業をしているそうです。
また、12月には、講演会を開催する予定とのことでした。

また、先回意見で出された具体的な取り組み
①「接客マニュアル」を活用して寸劇として理解を深めていく
②防災運動会を実施し、障がいのある方と地域の方のつながりをつくる。
③ひまわりサロンで、障がいがある方にも参加できるような気カウを立ててみる
④大人または親子の福祉教育の実施
があり、各メンバーから度の取り組みを行いたいか、有効かを聞きました。

やはり、障がいについて、またはつながりについて、わかりやすく楽しく理解してもらえるためには寸劇で伝えることが有効的で、みんつく一座のプロジェクトとして組み入れれてはという意見が多かったです。
大人の福祉教育も必要で、「福祉」について学ぶ機会を提供する必要があるのではという意見が出ました。
その他の意見として、児童館とタイアップして、子ども向け、親子向けの福祉教育プログラムを実施できるのではという意見。
また、障がいを知ってもらい理解してもらうためには、一緒に行動を共にすることが必要。まちあるきなどのイベントをしてみてはという意見も出されました。
次回、毎年岐阜県で行われている防災運動会のビデオを見て、実現できるかどうか確認し、どの取り組みがいいのかを再度意見交換したいと思います。

午後からの世話人会では、
まず「福祉のつどい2012」についての反省点と次回への要望などを話し合いました。

次に、各グループの報告と意見交換をして、2時に終了しました。

次回のみんつく会議は、
10月25日(木)10時からです。

福祉のつどい2012&みんつく一座

9月25日(火)1時30分から「福祉のつどい2012」が、始まりました。
みんつく一座晴れの舞台です。
当日午前中のリハーサルで、最終確認です。

無事稽古が終わり、本番まで2時間を切りました。
一座のメンバーは高揚している気持ちを気合に変えます。
円陣になって、若き職員Tさんの掛け声で、心一つにします。

ランチをとって、それぞれが本番を待ちました。

ホールでは、みんつくのメンバーが集まって準備の挨拶です。

今年は、講演の内容も興味深いものだったので、お客さんに入りが多い感じです。
いえ、満員御礼です。席が足りないくらいで、椅子を用意しました。

さあ、始まります。

ブーーーーーーーー

幕が開きました。

まずは、主催者来賓の挨拶。
そして、地域福祉活動計画の進捗状況の報告。

ドキドキ    ドキドキ    ドキドキ

「とざい とーざーい!」拍子木が鳴ります。



素人一座ですから、誰でもできるということを考えて、セリフを言う人と、演ずる人を分けてアテレコ風の演じ方ですが、「ごはんまだかね編」「お買い物編」が、稽古以上に進んでいきます。
一座のメンバーは本番に強い人ばかりなのでしょうか。
稽古以上の出来です。

拍手・・・・・

一座が舞台で並びます。
一同礼をして、「ささえ愛の唄」を客席の皆さんとともにふりをつけて歌いました。

無事終わりました。

もちろん、客席の皆さんに、届けたいメッセージが届いたかが問題なのですが。
いずれにしても、みんつく一座の演者は住民からの応募です。住民から住民へ発信しているものです。
ですから、住民の誰もがみんつく一座に入ってもらって、演ずることで、認知症の理解を深めることも1つのあり方だと思っています。
見ていた客席の中から、一人でもみんつく一座に入って仲間になったらとてもうれしいと思います。

次回は・・・
10月24日(水)に、げんき館で「認知症サポーター養成講座」にて出演します。
また、学区の認知症サポーター養成講座でも、出演が決まりました。

さて、
もう1つのメインイベントの講演会。

遺品整理業「キーパーズ」の吉田太一さんをお迎えし、約9,000件にも上る遺品整理の現場経験から、地域で最期まで孤立しない生き方についてご講演でした。
20分のDVDの内容は、本当なら知らないでいたい現実を突き付けられました。

吉田さんからのお話のキーワードを。
遺品整理は、その人の重要な情報を知ることと、生きざまを知ること。
孤立死する前に、社会に孤立しないこと。
遺品とは、生きている時は家財道具と呼ばれるが、使った人が死んだときに遺品となる。
「遺品」という言葉のイメージ・・・遺品を「気持ち悪い」というが、死んだ人が使っていたら気持ち悪い。
健康(肉体的・精神的・経済的・社会的)のバランスが崩れると動きが止まる。・・・「汚れたら拭く」「出したら片づける」ことができなくなる。
50代などの若い世代の孤立死が増えている。
女性より男性の生き方を変える。
など、

あっという間の1時間半のお話でした。

東区の地域活動計画を推進するために、住民ボランティア”みんつく”(みんなで創ろうわがまちひがし)の活動は10年になりました。暮らしの中での困りごと、生きずらさ、助け合い、支え合い、をキーワードに、計画を立て事業を打ち出し遂行し、地域福祉を進めていくグループです。
他人事でなく、自分事と考えて、活動しているグループです。
本来の理想は、そのグループに、東区住民すべての人が参画することです。

今回のお話は、自分自身が社会と「孤立しない」ためにどうするかという生き方の問題です。
そして、答えが、こうです。
*仲間がほしければ「みんつく」に参加して仲間になろう。
*趣味、楽しみを見つけたければ、「みんつく」に参加して活動しよう。
*「困ったこと」があれば、「みんつく」に参加して解決策を一緒に考えよう。
みなさんがどこかで誰かとつながっていれば、「孤立死」はなくなるんだと思います。

さて、明日、9月27日(木)10時から「みんつく会議」がありますので、どうぞご参加ください。
もしくは、「みんつく一座」に入ってもらって、楽しく活動しながら仲間を増やしていきましょう。
いずれも、東区社会福祉協議会へお電話を。
電話932-8204 FAX932-9311

お待ちしております!!!

「福祉のつどい2012」開催

東区社会福祉協議会主催「福祉のつどい2011」開催します!!

☆日 時:平成24年9月25日(火)13時30分~16時(開場13時)
☆場 所:東文化小劇場(東区大幸南一丁目1-10 カルポート東)
     入場無料 記念品進呈

第1部は、第2次地域福祉活動計画の取り組みを地域のみなさまにご報告いたします。
    「みんつく一座の寸劇」 こうご期待!!

第2部は、遺品整理業「キーパーズ」の吉田太一さんをお迎えし、約9,000件にも上る遺品整理の現場経験から、地域で最期まで孤立しない生き方についてご講演いただきます。

【お問合せ】東区社会福祉協議会
電話932-8204 FAX932-9311

みんつく一座稽古風景4

いよいよ、みんつく一座も仕上げの時期に入りました。

本番は、9月25日(火)午後1時半から、東文化小劇場にて行われる「福祉のつどい2011」での第1部です。
その前に、8月17日に、「認知症専門部会」で、等委員の皆さんの前で披露しました。
次いで、8月30日には、みんつく会議にて、みんつくメンバーにみなさんの前で披露しました。

それぞれのアドバイスをもらい修正しながら、本番までに最高のパフォーマンスができたらいいなと思っています。

そこで、
9月13日(木)ひまわりサロン終了後の午後2時から稽古を行いました。
もう少しバージョンアップ図るために、今日のみんつく一座は、手話通訳ボランティアさんにお越しいただいて、演技指導していただきました。
演技が手話の表現する意味と違って、聴覚障がい者の方が見ると混乱するのではとのご意見をいただき、部分的に手話を取り入れた演技指導となりました。
動きが少し良くなったように感じます。次回までに忘れてしまいそうですが・・・。
後もう1回稽古日を入れてありますので、本番のリハーサル含めて最終仕上げに入っていきます。
(ちなみに当日の寸劇中も手話通訳を入れてもらうことになりました。)

次回の稽古は、9月24日(月)10時から、高岳げんき館で行いますので、興味のある方、見学に来ていただいても大丈夫ですよ。

本番が待ち遠しですが、まずはお稽古。

どうぞ、ブログをご覧の皆さんも「福祉のつどい2011」にお越しただき、みんつく一座の認知症を理解してもらうための寸劇をご覧になってください。

平成24年第6回ひまわりサロン

平成24年9月13日(木)11時~14時まで、
高岳げんき館 1階研修室にて、平成24年度第6回ひまわりサロンを開催しました。

まだまだ暑い日が続きます。

暑さしのぎに、ふらっと寄っていただけるサロンとして、
待ち合わせの時間つぶしに活用していただけるサロンとして、
急いでランチを食べたい時のテーブルとして、
コーヒーブレイクタイムとして、
そして、
出会いの場のサロンとして、
「ひまわりサロン」がみなさんに利用していただけたら幸いです。

次回のひまわりサロンは、

平成24年10月11日木曜日11時~14時です。

お待ちしております!!!

東区ボランティア応援助成第2次審査会

9月7日(金)午後1時半より、高岳げんき館におきまして、
東区ボランティア応援助成第2次審査会(公開プレゼンテーション)が行われました。

第2次地域福祉活動計画の中で、事業の1つとして提案していたものです。
第2次地域福祉活動計画の第1目標である「誰もが参加できる福祉風土作り」の中から、
実施項目の2つ目「賛助会員の加入促進・共同募金運動の推進」に当たります。

共同募金を活用を有意義に、そして公開できる形にして、地域の福祉風土の活性化を目指すものとして、実現したものです。

今回の募集は、7月ごろ。
対象となる団体は、東区を主な活動拠点とし、原則1年以上活動実績がある非営利団体で、
①法人格をも体内任意団体 ②東区で特定の事業の実施のためにボランティア団体等や個人が結成した任意団体としました。
その中で、法人格を有する団体の事業や、会員相互扶助を目的としたり、地域福祉推進協議会はのぞくとしました。

助成応募の締め切りが、8月17日。
書面審査である第1次審査を通過した団体、
4団体が、本日第2次審査をプレゼンテーションを行いました。

各団体が申請書をもとに、質疑応答5分程度を含む15分の持ち時間で、
団体のPR 助成対象の中身と目的、を説明されました。

そして、審査員は、審査基準である、
①広域性
②発展性
③継続性
④協働性
⑤地域での必要性
⑥財政状況
⑦過去本会・他界からの助成・委託実績

の7項目の点数の合計で、助成の可否、金額を決定するのです。

結果については、
後日報告させていただきます。

今回は、初回ということもあり、応募数が4団体と少なかったのですが、
プレゼンテーションを行うことで、
団体の活動について、詳しく知ることができました。
また、今後の可能性として、地域に広げながら地域福祉が推進できる団体があることもわかりました。

傍聴に、東区区民からも何人かいらっしゃっていましたが、
自分たちが寄付する共同募金がどのように使われるかを知るための良い機会だと思います。

人は話してみないとわからないということがあります。
一生懸命活動している団体も、地域に話して知ってもらうことも大切なんだと思いました。

第2次地域福祉活動計画についての取り組みをしている”みんつく”(みんなで創ろうわがまちひがし)は、
地域福祉の推進と、計画を遂行するために、住民ボランティアとして活動しています。
大事な大事な寄付金や共同募金を、
地域福祉のために活用できるように、良いアイデアを考えて、毎月の会議へ参加しています。
気になる方、どうぞ、一緒に活動してみましょう。