Daily Archive for 9月 7th, 2012

東区ボランティア応援助成第2次審査会

9月7日(金)午後1時半より、高岳げんき館におきまして、
東区ボランティア応援助成第2次審査会(公開プレゼンテーション)が行われました。

第2次地域福祉活動計画の中で、事業の1つとして提案していたものです。
第2次地域福祉活動計画の第1目標である「誰もが参加できる福祉風土作り」の中から、
実施項目の2つ目「賛助会員の加入促進・共同募金運動の推進」に当たります。

共同募金を活用を有意義に、そして公開できる形にして、地域の福祉風土の活性化を目指すものとして、実現したものです。

今回の募集は、7月ごろ。
対象となる団体は、東区を主な活動拠点とし、原則1年以上活動実績がある非営利団体で、
①法人格をも体内任意団体 ②東区で特定の事業の実施のためにボランティア団体等や個人が結成した任意団体としました。
その中で、法人格を有する団体の事業や、会員相互扶助を目的としたり、地域福祉推進協議会はのぞくとしました。

助成応募の締め切りが、8月17日。
書面審査である第1次審査を通過した団体、
4団体が、本日第2次審査をプレゼンテーションを行いました。

各団体が申請書をもとに、質疑応答5分程度を含む15分の持ち時間で、
団体のPR 助成対象の中身と目的、を説明されました。

そして、審査員は、審査基準である、
①広域性
②発展性
③継続性
④協働性
⑤地域での必要性
⑥財政状況
⑦過去本会・他界からの助成・委託実績

の7項目の点数の合計で、助成の可否、金額を決定するのです。

結果については、
後日報告させていただきます。

今回は、初回ということもあり、応募数が4団体と少なかったのですが、
プレゼンテーションを行うことで、
団体の活動について、詳しく知ることができました。
また、今後の可能性として、地域に広げながら地域福祉が推進できる団体があることもわかりました。

傍聴に、東区区民からも何人かいらっしゃっていましたが、
自分たちが寄付する共同募金がどのように使われるかを知るための良い機会だと思います。

人は話してみないとわからないということがあります。
一生懸命活動している団体も、地域に話して知ってもらうことも大切なんだと思いました。

第2次地域福祉活動計画についての取り組みをしている”みんつく”(みんなで創ろうわがまちひがし)は、
地域福祉の推進と、計画を遂行するために、住民ボランティアとして活動しています。
大事な大事な寄付金や共同募金を、
地域福祉のために活用できるように、良いアイデアを考えて、毎月の会議へ参加しています。
気になる方、どうぞ、一緒に活動してみましょう。