Daily Archive for 10月 26th, 2012

第37回みんつく会議

平成24年10月25日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第37回みんつく会議が開催されました。

以下報告です。

まず全体会として報告・告知がありました。

告知が終わり、各チームに分かれて話合いが始まりました。
では、その内容を少し報告します。

「チームえぇとも」・・・・・は、
ボランティア活動の活性化を計るために、何をするか・・・。
前回のおさらいから、ボランティアをやりたいという方へ提供するボランティアの情報が少ないという課題に対して、情報を集めて発信するという作業が必要だということを確認しました。
では、どうやって情報を収集して発信していくのか。それは、「あるものを活用しよう」ということで、電子媒体で「ひがしネット」というポータルサイトがあり、そのサイトを見ながら、メンバー間で意見交換をしました。
その「ひがしネット」のサイトは、東区で活動するグループがブログを作成しリンクしています。
また、区役所や行政施設のイベント情報なども網羅されています。
メンバーも実際にスクリーンで確認して、整理されていったようです。
次回から、具体的に、取り組み方法や担い手についての検討をしていきます。

次に、
「チーム支え愛」・・・・は、
前回、メンバーから「そもそも福祉ってなあに?」という問いかけがあり、前半は、「福祉」についてのメンバー間の共有をを計りました。
日本福祉大学Hpの「福祉」の意味や全国社会福祉協議会HPの「地域福祉」の定義を引用した資料を基に、意見交換をしました。
そのキーワードをホワイトボードに書き込みました。

昔は「弱者救済」が福祉であったが、今は、生活しているすべての人が、生まれてから死ぬまで「しあわせ」であるための助け合い支え合いが福祉であるという共通認識ができました。

そして、そこを踏まえて後半は、「障がいがある方と交流できる福祉教育のアイデア」を出し合いました。

今までの取り組みも紹介しながら、いくつかのアイデアが出そろいましたので、次回は、その中の1つ「防災運動会」のビデオを観ながらイメージをふくらまし、24年度の仕掛けを考えたいと思います。

午後からの世話人会では、
各チームの報告と意見交換。
そして、12月16日のイベント「たかおか福祉デー」改め「高岳げんき館まつり」についての意見を出し合って終わりました。

来月の会議は、

11月22日(木)10時~です。

みんつく一座実演(20121024)

平成24年10月24日(水)13:30~高岳げんき館にて、「認知症サポーター養成講座」が行われました。
そして、みんつく一座の寸劇「ごはんまだかね編」と「お買い物編」を実演しました。

配役も少し変わり、東区社協の職員も一緒に演じました。

高岳福祉会館に遊びに来てくださった方も含め30名ほどの参加者を前に熱演しました。
参加者から、「わかりやすかった」という声を聞き、うれしく思います。

どうぞ、見る側から演じる側になってみませんか?
セリフが覚えられないという方。心配いりません。
セリフを言う人と演じる人は別になっていますから、台本見ながらセリフは言えます。
聞きながら、アクションします。
演じながら認知症についても学べます。

いつでも募集していますので、気軽に見学しに来てください。
東区社会福祉協議会までお尋ねください。

電話932-8204 FAX932-9311