みんつく一座活動日記(20121030)

10月30日(火)午後2時から、みんつく一座の稽古が、げんき館でありました。

まず、次回11月1日の葵学区での認知症講座と26日認知症サポーター養成講座の配役確認です。
メンバーも予定があればお休みです。
緩やかな活動ですから、無理なく、できる時に参加するということがモットーなので、参加できるメンバーで配役を決めました。
そして、稽古に入る前に、「福祉のつどい2012」での講演が終わって以来、メンバーの感想などを聞いていなかったので、今後に向けての気持ちを聞きました。
みなさん、「楽しく活動でき、今後も楽しく続けていきたい」と言われました。
中には、夫さんに「この一座に入れば女優になれるぞ」と言われ申し込んだという方や、口上にあこがれて参加されたという声を聞いて、”演じる”とか、”表現する”ことが、みんつく一座で実現できるということを再認識しました。

事務局からは、今後の活動方針として、緩やかではありますが、演目を変えたり、配役を変えたりしながら、講座に取り入れていきたいということでした。
たしかに、今は、息子が母親もしくは父親の介護をするという現実もありますので、「ごはんまだかね編」でも、嫁と姑という設定だけでなく、息子と母親とか、息子と父親、嫁と舅などの設定でも演じ、良い対応の提案ができる流れにしていきたいと思います。
また、地域でも認知症の理解や家族の方たちへの理解を伝えるために、「ゴミ出し編」や「はいかい編」など、実際に起こっている問題について、演目を提供していきたいと思います。

そして、認知症と言えば、「先が見えない」「気の毒」「つらい」「しんどい」というネガティブな印象です。まさしく、今、認知症の家族を抱えている人たちからは、「現実はそんなに甘くない!!」と言われるでしょう。
でも、この寸劇を通して、「認知症」がたくさんの方に理解され、明るい対応、「なんてことないポジティブにいこうよ、家族も、地域も、みんなよく知ってるから、大丈夫大丈夫。」となれば、見方が変化してくるのではないかと思うのです。
このみんつく一座で、そんな心の変化が、少しでも起これば…と、思っています。

そんな会話をした後、11月1日に向けて通し稽古をしました。
お休みの人の役は、別の人がカバーして、2回の通し稽古も無事に終わり、解散しました。

「楽しく、無理をしない。」
セリフも、言う人と、演じる人を分けていますから、セリフをすべて覚えることもなく、ただ、オーバーアクションをするだけです。
間違えたら、笑ってごまかす。ときどき、客席にお尻を見せちゃうから、そこん所は注意して。「誰もができるみんつく一座」として、東区で重宝されるといいなと思っています。いやー、目指すは、地方公演か!?なんていっちゃうと、メンバーに負担がいっちゃうので、今のところは、東区で巡回していきたいです。

さあ、
あなたの中に眠っている“表現をする”才能を呼び起こしてみませんか。
特に、男性の方、いつでもメンバー募集していますので、だまされたと思って、稽古を覗いてみませんか?はまりまっせぇ。。。。。

☆稽古日☆
11月16日(金)10:00~ げんき館
12月から、毎月第2木曜日14:00~定例会として稽古や打ち合わせを行います。
12月13日(木)14:00~ げんき館
1月10日(木)14:00~ げんき館
2月14日(木)14:00~ げんき館
3月14日(木)14:00~ げんき館

お待ちしています!!!

0 Responses to “みんつく一座活動日記(20121030)”


  • No Comments

Leave a Reply