第38回みんつく会議

>平成24年11月22日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第38回みんつく会議が開催されました。

以下報告です。

まず全体会として報告・告知がありました。

告知が終わり、各チームに分かれて話合いが始まりました。
では、その内容を少し報告します。

「チームえぇとも」・・・・・は、
≪ボランティア人づくり・活動の活性化≫がテーマです。
今回は、東区で活動しているボランティア団体・個人が所属している「東ほっとネット」に着目しました。
「東ほっとネット」は、平成14年3月に設立し、現在61団体及び個人が会員になっています。
その人財(財産です)を生かし、人を生み出し、循環することで、活性化するため源であり、また、「みんつく(地域福祉活動計画を進めている住民ボランティア)」が企画する事業に、東区ボランティアセンターが連携し、東ほっとネットから実働部隊として、人材を送り込む。それぞれの役割分担でそれぞれの力を発揮することができれば、効果的にボランティアの活性化が図れるのではないか!!という図入りのレジュメをもとに、話し合われました。
具体的にどう進めるかは、次回の会議です。

次に、
「チーム支え愛」・・・・は、
まず、障がいがある人を地域につなげるための仕掛けとして、毎年岐阜県で行われている「防災運動会」のDVDを視聴しました。
主催は、社会福祉法人アソシア。4年前の2008年10月12日に開催したDVDです。
災害時を視野にした受付で、5つのテントに分けていきます。
競技は5種目。
①毛布と物干しざおを活用した搬送リレー。安全、安心に運べたかを確認して順位を決めます。早ければ良いということではありません。
②昼食になる、非常食の配給も競技になりました。間違いなく、早くテントの人々に食料を分配できるか。
③消火競争ということで、目が見えない人も、車いすの人も参加して、水が入ったペットボトルを火のついた想定のゴミ袋にあてる競技です。
④車いす避難競争は、こちらも震災後の道を想定して、丸太を置き、S字に車いすを押していくのですが、これも早ければいいのでなく、安心安全化をチェックします。
⑤テントの仲間みんなでバケツリレーをします。
以上の協議を端折りながら、説明し、メンバーのみなさんにイメージをつけていただきました。

後半は、実際に、来年度「障がい者と楽しく出会い・知り合い・ふれあえる取り組みを仕掛ける」ために、皆さんから、障がい者の人が、自身が住む地域(近所、学区、仕事場など)で、出会う機会ってあるのだろうか。そこで、実際に出会っているのかどうかを尋ねてみました。
以下、障がいがあるというメンバーから、こんな意見がでました。
・障がいを持っている人でも、迷惑かけないようにと気を使って生活している。だからなのか、近所で顔見知りはいないし、学区の行事に行ったことはない。
・自身が障がいを持っているので、なるべく街に出ていこうと動いているし、他の方にも声掛けしている。実際、夜街に出ると、助けてくれる人はいるが、声をかけられないまま、急に手を持ったり、白杖をつかんだりされる怖くなるので、視覚障がい者には、まずは声をかけてもらいたいと伝えたい。
・障がい者も自立したいと思っている。そっと支援してくれることがうれしい。
・見た目ではわからない障がいの場合、震災があってもだれも気付いてくれないので、ピクトグラム(一目でわかる絵文字)のベストを着て、その人の障がいを認識してもらうといちいち聞かなくてすむ。
すると、他のメンバーから、「障がいのある方に、どうしても手助けしたいと思っている方がいる。そういう場合、どうしていますか?」と、障がいがある方に尋ねられた。
すると、「僕の場合は、せっかくの気持ちを断り続けてしまうと、やめたとなってしまうので、2回のうち1回は丁寧に断るが、1回は、手伝ってもらうようにしている。」と答えられると、逆ボランティアですねという笑いが起こった。
地縁組織にかかわっている人は、結構地域のことは知っているはずだから、何かあれば助けるので心配はいらないという楽天的意見もでました。
また、行政からは、個人情報保護という制約の中で、近所づきあいがあるのは非常に大事で、各地域で、サロンの輪が広がり、顔見知りになる機会が増えることは、大事だと思うという意見。同じように、もしもの時に「はじめまして」にならないように、サロン等で、障がいがある方も知り合える場があったほうがいいという意見もありました。

障がいがある方も、子どもを持つ親子でも、高齢者でも、遠慮しながら暮らしている人たちって、結構多いと思います。
支援・応援しようと思っている人たちも、手助けするよと言いながら、どう手助けするかは、その相手に教えてもらうしかありません。
その関係性の中で、教えられることがたくさんあります。
子育ても同じです。親は、子どもを育てていく中で、子どもから教えられることがたくさんあり、子どもとのかかわりの中で、親にさせてもらったり、大人にさせてもらうのです。

つまり、手助けしているほうは、反対に相手から、気づきをもらい手助けしてもらっているのです。
これが、「オタガイサマ」とか「モチツモタレツ」という関係ではないのかなと思います。

「障がいのことを理解すること」、「障がいがある人と関係を紡ぐということ」は、つながってはいますが、関係性を紡ぐということはどんな人とでも同じなのではいかと思います。
その意識を大切にして、いざ、事業を計画していこうと思います。

午後からの世話人会では、
各チームの報告と意見交換。

そして、第3次地域福祉活動計画のタイムスケジュールが提示されました。
早いもので、1次、2次と5年ずつやってきて、来年が、3次の計画を立てるための準備期間となります。
年明けの平成25年1月に、計画を立てるための住民委員を公募するそうです。
どうぞ、自分の住む地域のことは、自分たちで考えましょう。公募の応募お待ちしています!!

来月の会議は、

12月20日(木)10時~です。

****** 東区役所からの告知を紹介します *******

「障害者の視点で防災を考える講演会」 
12月12日(水) 13:30~
東区文化小劇場

</a

0 Responses to “第38回みんつく会議”


  • No Comments

Leave a Reply