Daily Archive for 3月 3rd, 2013

みんつく一座活動日記(20130301)

3月1日(金)10時。
今日も「みんつく一座」の稽古が始まります。
いよいよ、3月7日本番に向けて、今日は、最後の稽古になりますので、メンバーは真剣そのもの。
「徘徊編」は初お披露目であり、名古屋市が取り組んでいる「徘徊高齢者おかえり支援事業」のPRにとっても重要な役割でもあります。
前回のセリフを修正し、念入りに打ち合わせをして稽古に入ります。

1回通して、立ち位置の確認をしました。
それを頭に入れて、もう一度セリフと演者さんのアクションを合わせます。
何とか流れをつかみました。

では、
口上から、「ごはんまだかね編」に移り、設定を変えての「徘徊編」を通してラストの稽古となります。
合わせて、ビデオを撮ります。ビデオは、自分たちの立ち位置、ふり、セルフを客観的に見ることができますので、最終チェックとなります。

さあ、本番だと思い気合が入ります。

なんということでしょう。

さすがは、本番に強い俳優さんばかり。

通しの稽古が終わり、みなさんでビデオを見ます。

2度目の「なんということでしょう」です。

このビデオを見て自信がわきました。後は本番を待つのみ。

どうぞ、3月7日(木)1時半から、東区役所講堂におきまして、「東区認知症市民講演会」が開催されます。
そこで、みんつく一座も出演しますので、是非とも、応援しに見に来てください。

お待ちしています。

第41回みんつく会議

平成25年2月28日(木)10時~11時半まで、東区社会福祉協議会(高岳げんき館)におきまして、第41回みんつく会議が開催されました。

以下報告です。

全体会の前に、25年度新しく入社する新人の紹介がありました。
配属はまだ未定ですが、本日は、東区社協に研修に来て、挨拶されました。2チーム分かれて、みんつく会議に参加されます。

次に、全体会として報告・告知がありました。
①次期(3次)地域福祉活動計画策定に向けて
公募委員応募状況についての報告がありました。

②「徘徊高齢者おかえり支援事業」徘徊模擬訓練について
3月4日(月)13:30~ 区内東西2コースにて、模擬訓練を行うという告知がありました。
コースの各ポイントに時間が明記されており、徘徊厄の方がそこを通るので、出会ったら声をかけてくださいということでした。

③みんつくプロジェクトからの報告
・ひまわりサロンPJ・・・来年度の展示の活用の仕方を話し合っており、福祉会館の同好会、ほっとネットの協力企画、イベント告知などを考えています。
・みんつく一座PJ・・・3月7日(木)午後1時30分から開催の「東区認知症市民講演会」においての実演の練習をしているところです。

④東日本大震災被災者支援街頭募金
3月10日(日)12:20~14:30 名古屋駅西口前広場もしくは栄オアシス21にて、街頭募金を行うボランティアさんを募集中とのこと。

その後、各チームに分かれて話合いが始まりました。
では、その内容を少し報告します。

「チームえぇとも」・・・・・は、
≪ボランティア人づくり・活動の活性化≫を目的に、25年度に取り組む内容についての意見交換をしました。
今回は、ボードを活用し、メンバーが、出した意見を、縦軸に重要度と横軸を実現可能とした表に張り付けていきました。

「チーム支え愛」・・・・は、
「障がい者と楽しく出会い知り合いふれあえる取り組み・しかけ」について、前回まとめた意見において、①サロンの実現 ②防災を切り口としたイベント のどちらか、もしくは合わせ技で取り組んでいきましょうということで、意見交換をしました。実際抱えている課題や、ご自身がもっている問題点を話されたり、活発な意見交換ののち、サロンの実現をしていこうということになりました。次は、どのように進めるかの話合いになります。

午後からの世話人会では、
各チームの報告と意見交換をした後、3次地域福祉活動計画の策定員会の状況と、アドバイザーとしての学識経験者への要望の意見交換をしました。

来月の会議は、

平成25年3月21日(木)10時~です。
今年度最後の会議です。