みんつく一座活動日記(20130730)

7月30日(火)14時から、「認知症サポート養成講座」が高岳げんき館であり、みんつく一座は、寸劇で「買い物編」「徘徊編」を演じてきました。
本日は、高齢者はつらつ長寿推進事業の「さくらクラブ」に参加している方々を対象に養成講座を行いました。

担当者さんからのアイスブレーク。
「グーパー」体操です。
後ろで、みんつく一座のメンバーもやっていましたが、なかなかうまくできないメンバーもいて大笑い。
楽しい雰囲気の中始まりました。

最初は、いきいき支援センターの職員さんによる、「認知症」についての講義になります。
認知症の症状は、記憶障害を中心とした中核症状と、そこに本人の性格や環境の変化などが加わって起こる周辺症状戸があり、それぞれの詳しい説明をされました。
…これ以上は…、是非「認知症サポーター養成講座」を受講してください(^_-)-☆

そして、いよいよ、みんつく一座の登場です。
12時半に集合してリハーサルを行いましたので、少し余裕の表情のメンバーです。

拍子木が鳴り、口上です。

そして、「買い物編」「徘徊編」続きます。
少しのミスはご愛嬌。参加者の皆さんからの笑いもとれ、まずますの出来・・・・・かな。

無事に終わり、解散。

次回は、8月27日(火)中高生向きの「認知症サポーター養成講座」がありますので、中高生向きの寸劇を行います。
そのため、稽古はきちんと行います。

♪稽古不足を幕は待たない。  ”みんつく”はいつでも初舞台♪ (by夢芝居)

0 Responses to “みんつく一座活動日記(20130730)”


  • No Comments

Leave a Reply