Monthly Archive for 11月, 2013

第2次計画・取組報告を更新しました

第2次計画も5年目。残すところ4か月です。
計画を果たすための事業や取り組みを紹介するページが、「第2次計画・取り組み報告」というページです。
ブログの上部に、インデックスがあります。

その取り組みの紹介をまとめて更新しましたので、ご確認ください。

http://higashinet.net/blog/mintuku/%e7%ac%ac%ef%bc%92%e6%ac%a1%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%83%bb%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%a0%b1%e5%91%8a/

あっという間の5年でした。
まだまだやり残したこともあります。計画や目標に達成していないところもあります。
それは、現在策定中の第3次地域福祉活動計画につなげていくつもりです。

そして、その計画を達成するためにも、東区に住み住民の皆さん、仕事していらっしゃる皆さんが、参画してくださることです。
「自分のまちを暮らしやすいまちにする」ために自分たちで考え、実行していきましょうというのが、この計画の趣旨であり、住民ボランティア「みんなで創ろうわがまちひがし(みんつく)」なのです。

第3次地域福祉活動計画 第6回ワーキンググループ検討会

11月28日(木)、10時から、高岳げんき館(東区在宅サービスセンター)研修室におきまして、「第3次地域福祉活動計画 第6回ワーキンググループ検討会」を開催しました。

 まずは全体会です。レジュメに基づくと・・・

①計画全体のスケジュールの確認をしました
・今月(11月)まで、課題解決に向けた取り組みのアイデア出し。
・次回(12月)は、取り組みのまとめ・計画の骨子の確認。

②社協からの告知&メンバーからの告知の確認です
・赤い羽根共同募金の街頭募金大作戦の中間報告と、本日は、12時から15分程度、41号の交差点で、赤い羽根共同募金の街頭募金を行うので、検討会のメンバーに参加の要請がありました。
・みんつくメンバーから、「12月のひまわりサロン」の案内
・名古屋市社協さんから、「地域福祉実践者のつどい」の案内
・区役所福祉課から、「災害時ヘルプカード」の紹介
がありました。

次に、3つのワーキンググループに分かれての検討会に移りました。
本日は、課題解決に向けた取り組み(対応策)についての検討(アイデアだし)の最後の会になります。

各グループの報告は以下の通りです。

①個別支援グループ
前回の振り返りのお後、2つに分かれて、以下のテーマで意見交換をしました。

・Aチーム「マンション内住民同士のつながりの希薄化」

・Bチーム「マンション住民とマンション以外の住民とのかかわりが薄い」

東区は、ここ数年でマンションや集合住宅が増え、近々の課題として検討されました。

②地域支援
「地域住民主体、主役のはざまを埋めるための事業、10年20年先の事業」についての話し合いをおこないました。
地縁組織とテーマ型の組織の融合しきれない現実に、学識経験者の西村先生からの助言もありました。
メンバーからも、テーマ型のボランティア経験者やNPOで経験を積んできた人が、地縁の自治会長や民生委員になっていくことで、融合の兆しも見えてくるのではないかという意見もあり、社協が紹介する仲介役としての役割があるのではないかという意見もありました。

③住民参加
メンバーから、この検討会の進め方に、もっと深める作業が必要だという意見があり、少しこの計画を進めるに当たり、振り返りの議論したのち、「高齢者・子ども・子育て世代」に対しての課題解決法について検討しました。


その後、策定パートナーの有志と職員で、赤い羽根共同募金お街頭募金を行しました。
41号交差点で、たすき、旗を掲げ、「赤い羽根共同募金、よろしくお願いします!!」と元気よく声をだして折りましたが、今年一番の寒さでした。
口がまわらず、震えながら立っておりましたが、コンビニから出てきた人が、おつりをそのまま、募金箱に入れてくださったり、地下鉄から上がってきた人が、お財布からお金を出して入れてくれた時には、本当に有難いと思ったのでした。

そして、世話人は、ランチをとり、1時半ごろから世話人会を行いました。
各グループの検討内容の報告と意見交換が行われました。
さあ、計画も骨子から体系図づくりに向かいます。
事務局の作業ではありますが、12月19日の策定委員会に間に合うように、西村先生の助言をいただきながら、立いけずにまとめることになります。

第1次第2次の計画の継続性ややり残したことを念頭に置きながら、東区らしい計画ができますように。

次回の検討会は・・・・
12月19日(木)10時から

そして、第2回策定委員会は・・・
12月19日(木)13:30から

です!!!

みんつく一座活動日記(20131114)

11月14日(木)は、第2木曜日ということで、みんつく一座の定例会の日です。
午後2時に高岳げんき館にて開催しました。

本日も先月に引き続き、3月1日(土)認知症フェアにて公演する新作シナリオについて、レジュメに沿って話合いをしました。

まず、新作の台本の中身を確認しました。
順番にセリフの読み合わせをします。そして、内容についての意見交換です。いきいき支援センターの職員さんが書かれた台本でしたので、内容は、とてもわかりやすく、ストーリの展開も、先月の意見がきちんと入っていて、わかりやすい台本でした。
が、メンバーの皆さん、体験していらっしゃる人がいますので、よりよくしていこう、聞いてくださる人にインパクトを与えるために、この部分を伝えるためには・・・などなど、意見交換が活発です。
最後は、修正個所を確認して、再度台本の練り直しになりますが、次回は、修正済みの台本でたち稽古となります。
とても楽しみです。

そして、台本のテーマ決め。

今までの台本が3本。
①「ごはんまだかね編」 ②「お買い物編」 ③「徘徊編」ときました。
その流れをくみながら、4シリーズ目の台本となります。

4シリーズ目となるこの台本は・・・・、
家族の様子が最近おかしい、気になる、どうしたものかと思って、近所の方に尋ねると、気軽に、「いきいき支援センターに相談するといい」ということを教えてもらい、すぐ相談したら、病院の受診、診断で、「認知症」と早期発見に至った。そして、認知症を理解するためにいきいき支援センターが実施している「認知症家族講座」の紹介もしてもらった。という内容なので・・・・。
いろいろ意見が出ました。

そして……、じゃじゃじゃじゃーーーん。

決定したテーマは・・・・「つなぐ編」となりました。

次回は、12月の定例会です。
12月12日(木)14:00~
いつでもメンバーは募集していますので、関心のある方は、是非見学に来てください。

・・・・PS・・・・ご案内
社協の入り口のポスター見ましたか?

11月24日(日)午後9時から NHK総合で。
お見逃しなく!!!

この番組のHPはこちら→http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/1124/

平成25年度第8回ひまわりサロン

平成25年11月14日(木)11時~14時まで、
高岳げんき館 1階研修室にて、平成25年度第8回ひまわりサロンを開催しました。

本日は、福祉会館で、フラダンス同好会として活動している「カフラピコ」の皆さんによる、フラダンスショーを行いました。
メンバーの皆さんの踊りの後、参加者の皆さんと一緒に「カメハメハ」という曲でフラダンスを踊りました。

本日の楽し様子を写真に収めましたので、掲載して報告といたします。

「カウラピコ」の先生の進行で進められていきました。先生を観ているだけで、気持ちは“HAWAI”です。

メンバーさんのステキな踊りが、はじまりました。



サポーターさんも交えてのフラダンス…ひとり、「あやしげなお兄さん?」も交じってます(^_^;)が、ご愛嬌で。


会場の皆さんは、始終にこやかに、そして大きな拍手で応援してくれていました。

ラストは、会場の皆さんと「カメハメハ大王」を一緒に踊りました。

楽しいひと時を過ごしました。
急に寒くなってきましたが、今日のひまわりサロンは、南国の雰囲気。ポカポカしていましたよ。

さて、来月12月のひまわりサロンは、第2次地域福祉活動計画の「チーム支え愛」の企画事業、「障がいのある方が楽しめるサロン」を開催します。

とき:12月12日11時から14時です。お待ちしています。

みんつく一座取材受けました!!

平成25年11月13日(水)、認知症を寸劇で伝える「みんつく一座」が、名古屋市社会福祉協議会広報誌「ふれあい名古屋」の取材を受けました。

毎月交代で、区社協の取り組みを紹介する「社協活動最前線」に、みんつく一座の取り組みが紹介されます。

2時半。

東区社会福祉協議会、高岳げんき館1階の集会室において、メンバー2名、職員担当者が、市社協広報担当3名の方の取材を受けました。

Q)みんつく一座が結成された経緯は?
A)そうですね。第2次地域福祉活動計画の1つのである「地域の支えあいネットワークの推進」から「認知症の高齢者等を支える≪オレンジネット≫の推進」を実現する目玉として、2012年6月に旗揚げをしました。

Q)名前は?
A)顔合わせの時に、一座の名称「みんつく一座」をメンバーで決め開始したのです。

Q)台本はどなたが作られましたか?
A)当初台本は3本。認知症の専門部門、いきいき支援センター職員さんたちが作ってくれました。読み合わせ、たち稽古の時に、セリフを言う人と、演じる人を分けてやってみたら…。非常におもしろい。楽しい。ということで、表現方法に特徴があります。

…てな感じで、担当者さんの質問に、メンバーが答えていきました。

取材終了後、みんつくブログに掲載したいということで、笑顔での記念撮影です。

さて、どのように掲載されるのか楽しみです。
年明けの新年号に掲載されます予定です。