Monthly Archive for 1月, 2014

第3次地域福祉活動計画 第8回ワーキンググループ検討会

平成26年1月23日(木)、10時から、高岳げんき館(東区在宅サービスセンター)研修室におきまして、「第3次地域福祉活動計画 第8回ワーキンググループ検討会」を開催しました。

まずは、全体会。
レジメに基づきながら、計画全体の今後のスケジュール確認と社協からの告知ご案内がありました。
メンバーからの告知と続き、新しいグループに分かれての検討会となりました。

新しいグループとは、計画の体系図の素案に沿って、以下の3つのグループができました。
◆新しい近所づきあいで地域力アップ(共助の地縁づくりへの試み)
◆インフォーマルな助け合い・相談の仕組みづくり「個人情報の問題を考えて」
◆地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり

そして、全体的な体系図案(計画骨子)はこちらです。

それでは、各グループの話し合いの内容を報告します。

≪新しい近所づきあいで地域力アップ(共助の地縁づくりへの試み)≫グループ
レジュメから、2つの実施項目
「①ご近所同士が知り合うきっかけを創ろう」
「②集合住宅住民と戸建て住宅住民とのつながりを創ろう」
についての具体的な実施事業を出し合いました。

話し合いを付せんに記入しはりだしました。

残りの2項目については、宿題として次回の検討会にて詰めていきます。

≪インフォーマルな助け合い・相談の仕組みづくり「個人情報の問題を考えて」≫グループ
取り組む実施項目は以下の通りです。

事務局から説明を受ける際に、メンバーが、ご自身の取り組みから「助け合いの受け皿」の仕組みを創る時の姿勢についてポイントが語られました。
「福祉は同情ではない」
「障がいが困らないサービスがあるのは当然」

「孤立する人は社会的弊害によるもので、社会が責任をとり、責任が取れる社会にするのがボランティアの役割」
「一方的なく、誰もが助け合う仕組みを創り、機能させること」

以上のポイントは、活動するうえで、根底になければならない姿勢として、メンバー間で共有することができました。

結局、助け合いの事例を紹介して時間切れになってしまったので、宿題として次回までに具体的な取り組みを提出し、意見交換をすることとなりました。

≪地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり≫グループ
このグループの対応策、実施項目は以下の通りです。

このグループは、取り組みを含めて資料が出来上がっていたので、その資料を確認する作業となりました。
そのやり取りをボードに記入したので、写真でアップいたします。

次回は、もう少し詰めた中身にしていきます。

以上がグループの検討会の内容です。

昼食をとり、午後から世話人会が行われ、各グループの報告と意見交換。そして、次回の進め方の確認をしました。
3月の検討会までには、計画の冊子がおおよそ出来上がり、午後の策定員会に提示できることを目標としてしました。

今後のスケジュールとしては、

2月27日に第9回検討会開催、
3月11日に「福祉のつどい」を開催し、第3次地域福祉活動計画の進捗状況の報告と講演会(講談)を開催
3月20日に第10回検討委員会開催
当日の午後、第3回目の策定委員会を開催

という感じです。

ボランティア応援助成金イベント案内

今年で2回目の「東区ボランティア応援助成金」で事業部門でエントリーしました2団体のイベントを紹介します。

◆「化学物質過敏症 あいちReの会」主催「化学物質から身を守るには?

◆「名古屋ひがし防災ボランティアネットワーク」主催「南海トラフ巨大地震への対策は??」

みんつく一座打ち合わせの件

 
「みんつく一座」に、オファーが入ります。
本日も、2件のオファーに対しての打ち合わせを行いました。

まず、1件目は名古屋市社会福祉協議会からのオファーです。
「名古屋市高齢者見守り支援事業」の一環で、市(区)社協が運営している「いきいきコール」という電話訪問活動をするボランティアさん向けのフォローアップ講座にて、認知症を理解してもらうプログラムの1つとして、「みんつく一座」の公演の依頼がありました。

認知症について解説するのは、名古屋市認知症相談支援センター(千種区西部いきいき支援センター)のSさんです。
そのSさんと市社協地域福祉推進部のNさん、東区いきいきセンターのTさん、そして、みんつく一座のAさん、4人での打ち合わせとなりました。
全体の流れをイメージしながら、みんつく一座の演目を決めていきます。
検討を重ねた結果、演目は「ごはんまだかね編」と「買い物編」に決まりました。演じた後、Sさんの解説とお話、質疑応答に。
そしてもう一度、みんつく一座が登場し、取り組みについての感想や思いを一言ずつ語り、「ささえ愛の唄」を披露して終了。
次の情報交換へ移ります。
と、いう段取りになりました。

公演は、2月21日です。

3月1日の稽古と平行に進めていきましょうということで、打ち合わせも終了しました。

そして、2件目は、瑞穂区のNPO法人すけっとファミリーさんからのオファーです。
”みずほたすけ愛ネット”という瑞穂区のネットワーク団体が、毎年、高校生を対象に認知症理解講座というものを開催し、わかりやすく伝えるために、みんつく一座に出演してほしいというオファーでした。

みんつく一座が公演した動画をみてもらいながら、高校生対象のプログラムのイメージを話し合いました。

「みんつく一座」は、子どもから大人まで、わかりやすく認知症を理解してもらうために産まれた寸劇一座なので、是非お役にたちたいという気持ちをお伝えしました。
日程の調整もありますので、この続きは、また次回ということになりました。
お話をしながら、ちょいっと脱線してしまいますが、東区と瑞穂区では少しずつ取り組みの仕方が違っていて、聞いていてお互いに参考になることばかりです。ついつい、話が妄想し、区をまたいで手を取り合うことや情報交換することの大切さを確認した次第です。
約1時間半の打ち合わせでしたが、次回へつなげるためにアドレス交換をしてお別れしました。

このご縁ができたのも、名古屋市社協の広報し「ふれあい名古屋」に、「みんつく一座」が掲載され目に留まったということでした。

まさしく、「みんつく一座」が、続けていって、続けることで誰かの目に留まり光を当てていただいて、またその光を見つけた人が光を当ててくれる。こういうご縁と出会いがあってのことだと感謝しないといけませんね。

「みんつく一座」の結成は、平成24年6月。
こういうご縁があって、2年目にして東区から少し飛び立とうとしています。
認知症にやさしいまちが拡がることにつながるのであれば、まねしたっていい。まねされたっていい。
そんな思いで、「みんつく一座」が飛びたとうとしています。

みんつく一座活動日記(20140109)

1月9日(木)は、第2木曜日ということで、みんつく一座の定例会の日です。
午後2時に高岳げんき館にて開催しました。

先月12月12日(木)の定例会において、3月1日(土)認知症フェアの新シナリオの配役が決定しましたので、本日は通し稽古なのですが、その前に、年明けということなので、いきいき支援センターの次長から挨拶がありました。

そして、担当職員から新たな公演のお知らせがありました。
それは・・・・・2月21日(金)です。名古屋市社会福祉協議会からの依頼ということでしたので、急きょではありますが決定しました。
みんつく一座のメンバーは、責任重大でもありますが、気合十分です。

一通りの説明が終わり、新シナリオ「つなぐ編」の通し稽古が始まりました。

これは、認知症の早期発見が大事なことと、少しでもおかしいなと思ったら、いきいき支援センタ―へまずは相談することを情報として届けようという啓発的なシナリオです。そして、重要なことは、認知症について理解することは、妻や嫁だけでなく、夫も息子も含め、暮らしをともにするすべての家族が必要だということもメッセージとして伝えています。

さて、通し稽古の後、気づいたことや修正個所を話し合い、再度の通し稽古をします。もう一度、動き、立ち位置を確認し、次回の稽古につなげます。
みなさん力が入ります。

最後に、稽古日の日程を調整し開催しました。
みなさん、お疲れ様でした!!!!

◆今後の稽古日の公演日の日程です◆
稽古日:1月24日(金)14:00~ 高岳げんき館
稽古日:2月4日(火)10;00~ 高岳げんき館
定例会(稽古日):2月13日(木)14:00~ 高岳げんき館
公演(講座関係):2月21日(金)10:00~ 名古屋市社会福祉協議会
稽古日:2月25日(火)10:00~ 高岳げんき館 
公演(認知症フェア):3月1日(土)13:20~ 東区役所講堂

平成25年度第10回ひまわりサロン

平成26年1月9日(木)11時~14時まで、
高岳げんき館 1階研修室にて、平成25年度第10回ひまわりサロンを開催しました。
年が明けました。そして、新年もよろしくお願いします。

ということで、プチイベントも、高岳げんき館の協力の元「お正月遊び」をテーマに、手作り羽子板の展示に加え、紙パックのおもちゃ作り、福笑い、お手玉、けん玉、などの遊びをご用意いたしました。

今日は、とても寒い日となりましたので、参加者が少なく感じましたが、午後、コマの師匠から、皿回しを教えてもらっている方や、お手玉の上手な女性、ひそかにけん玉をしている女性もいました。


一度遊びだすと夢中になります。
遊びは子どもだけのものではありません。
昔を思い出しながら、また、昔やってはいないけれどちょっとやってみたいと思ったら、触ってみましょう。
皿回しも、けん玉も、とてもよい運動になります。
お手玉も、姿勢や、腰の使い方、姿勢など、侮るなかれ。
という感じでした。

さて、来月は・・・・・

2月13日(木)11時から14時
「編み物カフェ」の企画をご用意しております。