Monthly Archive for 2月, 2014

第3次地域福祉活動計画 第9回ワーキンググループ検討会

平成26年2月27日(木)、10時から、高岳げんき館(東区在宅サービスセンター)研修室におきまして、「第3次地域福祉活動計画 第9回ワーキンググループ検討会」を開催しました。

まずは、全体会。
本日は、少し様子が違います。

若い方がスーツを着て2人待機しています。4月から社協の仲間入りする新人さんで、紹介と挨拶がありました。

次に、社協からの告知が終わったところで、第2次地域福祉活動計画のプロジェクトである「みんつく一座」のCBC放映の映像を観ました。

第3次も、楽しく生きがいを持って続けられる取り組みを考えていけたらと言う思いです。

そして、計画策定検討会も3月で終了しますので、足跡を残すために全員で集合写真を撮りました。

さあ、3つのグループに分かれて、検討会を報告をいたします。

≪新しい近所づきあいで地域力アップ(共助の地縁づくりへの試み)≫グループ
レジュメの基づき、①「孤立しない、させない環境作り(ストップ ザ・孤立)」②「防災で、私たちが発信する《自助・共助》」について、付せんで話し合いを行いました。その意見を計画の冊子に反映していきます。

≪インフォーマルな助け合い・相談の仕組みづくり「個人情報の問題を考えて」≫グループ
宿題として出していた提案を参考に、事務局が冊子掲載のフォーマットで内容を作成したものをメンバーで確認し意見交換を行いました。

メンバー間のイメージを共通するために、困りごと支援で活動している「港区大手学区のシルバーパワー事業」のPVを鑑賞しました。また、メンバーである野村さんから、「清水なかまの家」が誕生したいきさつや事業が拡がった要因について話していただき、困りごとの受け皿がストーリー性を持って活性化されていくことを確認し合いました。
また、個人的に抱えている課題を出し合ったり、それを計画にどう反映していくか、まずは、今ある受け皿や相談窓口などを洗い出すところから始めること。課題にぶち当たったときには、やれることやれないことを見極め、行政に、フィードバックや政策提案しながら進めていく計画であることを確かめました。

≪地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり≫グループ
事務局が冊子掲載のフォーマットで内容を作成したものをみながら意見交換となりました。
それぞれの項目で出された意見が、白板に丁寧に書かれていきました。

このグループで、参考にした取り組みは、東京の足立区が実施した「団塊世代の地域回帰推進事業」でした。
以上がグループの検討会の内容です。

昼食をとり、午後から世話人会が行われました。

各グループの報告と意見交換。
そして、3月11日に行われる「福祉のつどい」についての説明と世話人の役割分担を決めました。

第3次地域福祉活動計画の策定も終盤を迎えました。
「福祉のつどい」で、方向性を学識経験者愛知大学の西村先生から説明していただき、策定検討会グループがアピールポイントの提案を行います。

策定検討会も残すところ3月20日の1回となりました。
午後には、策定委員会において計画案を提出し意見をもらいながら、最終版となります。

策定検討会のメンバーは、一応3月で終了となりますが、4月は、反省会や今後についての説明があり、5月から始まるであろう第3次みんつく会議で、一緒にまた取り組みを検討していけたらいいなと思います。

みんつく一座×CBCイッポウ

2月26日(水)。午後6時15分過ぎ、「みんつく一座」が、CBCテレビ番組「イッポウ」に出演しました!!!!!

その様子を、ダイジェスト版で写真にてお届けします。

いきなり、「みんつく一座」から始まりました。

稽古風景時の取材です。

メンバーへのインタビュー。

そして、認知症高齢者の推移です。

「まつかげホスピタル」の取材。



大府にある「国立長寿医療研究センター」の取材です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、「みんつく一座」の2月21日の「見守り電話フォローアップ研修」の公演模様になりました。

参加者の皆さんの熱いまなざしとコメントです。

「知らなければいけないことだと思った」と結ばれました。

司会者さんからねぎらいの言葉「協力してくださった皆さま、ありがとうございました」で終了でーす。

ここから、大切なことを書きます。

まず、CBCが、「みんつく一座」に取材を申し込んできた訳は・・・・・・。

今回の特集「認知症最前線」は、認知症高齢者の推移でもわかるように、今後認知症になる高齢者は増え続け、また、アルツハイマーに効果的な薬が、いまだない現状で、病院は、研究所は、そして住民は、どんな取り組みをしているのかを伝えたいということで、住民の立場での「みんつく一座」を取り上げてくださったのです。

病院(まつかげホスピタル)は、認知症かどうかの相談や検診が受けやすくなるように、そして、多くの人が入院できるように設備を整えているということ伝えていました。

研究所(国立長寿医療研究センター)は、アルツハイマーに効く薬の開発に努めています。5年で臨床実験ができるよう研究を重ねているという報告を伝えていました。

そして、住民の立場であるみんつく一座は、誰にでも起こりうる認知症として関心を持ってもらい、理解してもらえるように、寸劇を通して啓発しているという現場の動きとして紹介していただけました。

この立場の違う三者が、今、認知症の最前線で、それぞれの動きをしているという構成で視聴者の皆さんに情報提供したということです。

いかがでしたでしょうか。
今、一度、「みんつく一座」は、そういう使命を持ちながら、メンバーが楽しみながら生きがいを持って活動している場になっています。
誰でも参加できます。
楽しみながら認知症のことを理解し、そして、伝えるという「みんつく一座」に、是非、あなたもメンバーになってみませんか。

みんつく一座活動日記(20140225)

2月25日(火)、10時から12時まで、3月1日の公演に向けての稽古を行いました。

2月21日(金)、市社協で行われた研修会のゲスト出演が無事終わり、ほっとしたのもつかの間、3月1日への稽古となります。
今回の演目は、「ごはんまだかね編」と新作「つなぐ編」です。

10時、メンバーが揃い、いつものように点呼します。
事務局から、「つなぐ編」のシナリオの1部を修正した報告があり、皆さんで新しいシナリオをみながら確認を行いました。

10時15分。
稽古に入ります。

通し稽古が終わり、チェックが入ります。
本日は、声優さんの様子と合わせて写真をアップします。

≪ごはんまだかね編≫

≪つなぐ編≫

声優さんの真剣なまなざしを見てください。
気持ちを声であらわすのですから、みなさん考えて表現をしています。

そして、つなぐ編では、パワーポイントの写真にも工夫を入れてみました。

さあ、いよいよ本番です!!

3月1日は11時半に集合。
一度、リハーサルをやってからの本番になりますが、メンバーは楽しみで仕方ありません。
お天気になりますように。

私たち「みんつく一座」のメンバーは、東区の住民の皆さんが、一人でも多く認知症について理解をしていただけるよう気持ちを込めて演じます。

みんつく一座×見守り電話ボラフォローアップ研修

2月21日(金)。本日は、名古屋市社協主催の「平成25年度見守り電話フォローアップ研修」のプログラムで、みんつく一座の公演を行ってきました。
演目は、「ごはんまだかね編」と「お買い物編」です。

一通り稽古をして本番にということで、9時集合。メンバー一同遅刻もなく時間通りに集合。研修が行われる会場へ移動します。
はじめの打ち合わせでは、参加者は20数名と言うことでしたが、なんと、なんと、80名近い参加者になり、会場設営が変更となり、設定していたステージが変わります。

準備のお手伝いをしながら、演じる場所の確認、セリフを言う机の設置、小道具の位置、パワーポイントの位置を確認していきました。

急いで、通し稽古に移ります。

後半には、参加者さんもいらっしゃって・・・・・・・。
まあいいか(^_^;)と、最後まで稽古をつけて、いざ、待機。
呼ばれるまで、外の廊下で打ち合わせ。事務局から、本日の流れを聞きます。

さあー、よばれましたよ~。

カン、カン、カン、カン、・・・・・・・拍子木が鳴りだします。


お気づきになりました?
そうなんです。本日も、CBCさんが取材に来ています。

無事に公演が終わり、控室に戻ります。
メンバーは、本当に本番に強いです。無事に終えてほっとしながらも、やり遂げた自信に満ち溢れた笑顔になっていていい感じです。
控室では、職員さんが取材を受けています。

メンバーは、もう一度よばれて挨拶をしますので、最後に参加者の皆さんと一緒に歌う「ささえ愛の唄」を練習します。

中では、認知症相談支援センターの染野さんが解説中です。

そうこうしているうちに、再度会場に呼ばれ、選出した4名が感想を話します。
そして、「ささえ愛の唄」参加者の皆さんも笑顔で、一緒に歌ってくれました。

本当に終わりました。無事に終了でーす\(^o^)/

控室に戻り、お弁当をいただきました。

本日のみんつく一座メンバー14名、本当においしそうにお弁当をほおばりました。
本日のフォローアップの参加された方も住民のボランティアさんでした。活動する内容はそれぞれ違いますが、人と人をつなぐ役目として、地域の力になる人財として同じ仲間であることを確認し、共にエールを交換したような気がして、とてもうれしい日となりました。

さて、CBCの放映、そして3月1日の「認知症フェア」に続くよ続く・・・・・・、おあとがよろしいようで♪

車道郵便局で「ふぉとクラブ」写真展開催中

車道郵便局は、町の郵便局です。

その車道郵便局が、東区障害者生活支援センターの「ふぉとクラブ」さんの展示を行っています。
2月いっぱいの開催です。

車道郵便局は、毎月ごとに地域の方々の手作り品の展示を行っています。
今回、初めて、地域にある東区障害者生活支援センターさんの「ふぉとクラブ」さんの写真展を行うことになりました。
この展示を通して、センターさんの存在を知っていただく機会になればと思います。

局長さんの許可をいただき、写真を撮ってきました。
車道郵便局の素敵な局長さんです。

こういう機会をいただけたのは、地域福祉活動計画の検討会やみんつく会議に、「東区障害者生活支援センター」の職員さんが参加されているからです。そこで、利用者さんたちが「ふぉとクラブ」で写真を撮っているというお話を聴き、東区社協の高岳げんき館で毎月行っている「ひまわりサロン」の企画で写真展を開催したことがありました。

今度は、メンバーが、車道郵便局が、毎月、地域の方の手作り品や写真、絵画などの展示会を行っていることを知っていて、「ふぉとクラブ」さんを紹介しました。
同じ東区で、拠点も近いということでつながったのです。
もちろん、センターの母体でもある「山吹ワーキングセンター」の施設長にも足を運んでもらい、局長さんと打ち合わせをしてもらったことで開催の運びとなりました。

地域福祉を進めていくうえで、「つなぐ」「つながる」ということもキーポイントですね。

東区障害者生活支援センター「ふぉとクラブ」写真展の開催は、2月28日まで。

3月の展示は、愛知県立大学院生さんの陶磁展です。

みんつく一座動画×高校生向け講座

本日2月14日(金)、名古屋市にある私立O高校の授業「認知症について学んで一緒に地域を支えよう」を見学してきました。

実は、先日、瑞穂区を中心に活動している「みずほたすけ愛ネット」さんから、みんつく一座について問いあわせをいただき、検討した結果、みんつく一座の公演動画を活用して、高校生向けの「認知症講座」を行うことになったというお知らせをいただき、見学に行った来た次第です。

1時限目、2時限目の2枠でプログラムを構成し、1時限目は、いきいき支援センターさんによる講義として「認知症サポーター養成講座」を行いました。そして、休憩をはさんで、2時限目、みんつく一座の動画を使ってワークショップとなります。

1グループ6人程度で6グループ。
模造紙と付せん、マジックを配ります。

まずは、「ごはんまだかね編」の悪い対応まで動画を流します。

見終わると、講師の方から、「どういう対応が悪かったと思うか、1人3枚付せんに書いてください」と、指示がでます。
生徒の皆さんは、首をかしげながらマジックで書き始めます。
そして、模造紙の左半分のところに貼っていきます。同じ内容のものはまとめて。

次に、右半分に、「自分ならこういう対応をする」という良い対応を1人1個書き出します。

そして、動画の続きに移ります。動画は、良い対応の場面です。

生徒の皆さんは、自分が書きだしたものと同じなのかを考えながら観ています。

「なるほど」。講師の方からコメントが入りますが、続けて「徘徊編」の動画を映します。こちらも悪い対応を流したところでストップをします。

もう1枚、模造紙が配られ右半分にどこが悪い対応だったのかを付せんに書き出し張り付けていきます。
そして、同じように、「よい対応はどんな対応か」を1人1個、模造紙の右側に書き出します。
この書き出したものは発表してくださいと講師から言い渡され、生徒の皆さんはじゃんけんをして発表者を選びました。
ドキドキしているようですが、順番に発表した中身は、なかなかどうして、とても良い対応が発表されました。

そして、続きの動画、良い対応の内容が流されます。

もちろん動画で流される良い対応が「正解」ということでなく、理解や相手の気持ちを想うものだと思います。

あっという間に終わりの時間です。振り返りの記入の後、講師の方から「フレディの遺言」が紹介されました。そして、「認知症サポーター宣言」。

生徒さんたちは、オレンジリングを受け取り次の授業へ移動していきました。

「みんつく一座」の動画が、高校生さんのワークショップという形で活用されたということは、とても意義のあることであり、「みずほたすけ愛ネット」さんには感謝するばかりです。

ちなみに、この「みずほたすけ愛ネット」さんにかかわって、今回、みんつく一座に問い合わせをしてくださったのは、瑞穂区にある特定非営利活動法人(NPO法人)すけっとファミリーさんで、介護保険サービス、障害者支援サービス、名古屋市委託サービスなどを通し地域に根差した活動を行ってる団体さんです。

「みずほたすけ愛ネット」さんのブログはこちらです→http://blog.canpan.info/marutomo/

東区で活動して2年が経とうとしているところで、他の区と繋がりことができました。少しずつ、こうしてつながり、多くの人たちに認知症について関心をもっていただけるといいなと思います。「小さなことからコツコツと」と言うことではないですが、こつこつやっていくことって、とっても大事ですね。ありがとうございました。

平成25年度第11回ひまわりサロン

平成26年2月13日(木)11時~14時まで、
高岳げんき館 1階研修室にて、平成25年度第11回ひまわりサロンを開催しました。

本日のプチイベントは、編み物講座。診あさん、おしゃべりをしながら帽子を編みました。



色とりどりの毛糸を使って、出来上がるのを楽しみにしながら時間を過ごしていらっしゃいました。

午後、いつもいらっしゃる独楽の師匠は、中国独楽を持ってきてくれて伝授。



御年……わかりませんが、いつも午後にいらっしゃって、楽しいおもちゃやコマを紹介してくれます。
感謝でいっぱいです。

「サロンをより良くしていく会プロジェクト」では、ひまわりサロンの目的や趣旨を念頭に、毎月のプチ企画や展示を考えています。
そんな中、利用者である方々が、もちこんでくださったり、遊びがてら自分の趣味や特技を披露してくれるのは、サロン本来の在り方だと思っています。
そういう方々を増やしながら、いらっしゃった方々も肩ひじ凝らずに楽しんでくださる雰囲気を創りながら、ひまわりサロンを開催していけたらと思います。

ちょこっとの時間でも、のぞいてくださるだけでもOK。
「百聞は一見にしかじ」…一度足を運んでください。

みんつく一座活動日記(20140213)

2月13日(木)、今日は、みんつく一座の定例会です。
午前中、ひまわりサロンを開催していましたので、素早く片付け、14時から16時まで公演に向けての稽古を行いました。

本日は、 CBCテレビ局からの取材も入っています。


少し緊張気味かな・・・。
いえいえ、2月21日の公演が迫っていますので、そんなことは言ってられません。

まずはつなぐ編の稽古から始めます。
これは、3月1日の公演に向けての新作です。

ざっと流して、2月21日の公演稽古に移ります。

「ごはんまだかね編」と「お買い物編」

カメラを前にしても堂々たる演技をするメンバーです。
まず1回目・・・通しで行った後、メンバー同士で確認作業が始まります。
その間、取材を受けるメンバー。

みなさんの温度も上がり、気合が入ります。
ここの良さは、みなさんが言いたい放題であること。
でも、楽しく、うきうきした気分で演じることができるように事務局(東区社協の職員)さんが、フォローしてくれます。
だって、みんな素人なんですもの。
上手に出来上がらなくてもいいのです。
気持ちが伝わればいいのです。

さあ、もう1回、通し稽古をします。

約2時間。

やはり、1回目より2回目。だんだん良くなっていきます。
失敗やできないことは、早めの稽古でやっておけばいいのです。
それがあるから次の稽古がうまくいくのです。

さて、2月21日は早めの集合して、通し稽古をしての本番になりますが、
「大丈夫。大丈夫。」楽しんでいきましょう\(^o^)/

そして、2月21日にもCBCの取材が入ります。
もちろん、編集もあって、みんつく一座がどのくらいの尺で映るかわかりませんが、地域住民自らが認知症についての理解を深めつつ、住民の皆さんに認知症について理解していただくよう「寸劇」で広めていく。という取り組みを、CBCさんがキャッチして取材に来てくれたことに感謝なのです。

ち・な・み・に。。。。。

いつ放映されるかというと。。。。。。。

2月26日(水)、「イッポウ」という番組です。

時間は、6時過ぎです(^_-)-☆

是非ご覧ください。

おっと、認知症についてのコーナーになりますので、お医者さんの話や解説も入ります。その中の1つの要素としての「みんつく一座」ですからあしからず。

みんつく一座に取材が入ります!!

2月6日(木)午後2時、みんつく一座に取材の申し込みがあり、その打ち合わせがありました。

CBCTV 「イッポウ」という番組です。

さて、放映日は・・・・・2月26日。

取材の様子など、またブログ報告させていただきます。

お楽しみください(^_-)-☆

みんつく一座活動日記(20140204)

2月4日(火)、10時から12時まで、公演に向けての稽古を行いました。

3月1日の認知症フェア公演に先駆けて、2月21日(金)に、「名古屋市社協主催の見守り電話ボランティアフォローアップ」講座で寸劇を公演することが決まり、「ごはんまだかね編」と「買い物編」の稽古を中心に行いました。
当日、解説をされる認知症相談支援センターのSさんが稽古を観に来られ、挨拶から始まりました。

事務局から、2月21日の配役の確認があり稽古に移ります。

まずは、口上から「ごはんまだかね編」に。

そして、「買い物編」。

一通り演じたのち、メンバーからチェックが入ります。自分のセリフや演じ方の確認。ここはこういう風がいいとか、あそこはこうしたらいいとか、とても熱心です。
落ち着いたところで、再度通して演じます。
とりあえず、もう1回稽古がありますので、課題はそれぞれの宿題として持ち帰ることになりました。

そして、3月1日の認知症フェスタで初披露することになる「つなぐ編」を稽古します。
お休みのところは、代役でカバーしながら進めていきます。

時計の針が11時50分をさしました。ちょうどいい時間となりました。

次回の稽古日は、2月13日(木)14;00~の定例会になります。

本番は、2月21日(金)9時に名古屋市社協に集合ということを確認して解散しました。