車道郵便局で「ふぉとクラブ」写真展開催中

車道郵便局は、町の郵便局です。

その車道郵便局が、東区障害者生活支援センターの「ふぉとクラブ」さんの展示を行っています。
2月いっぱいの開催です。

車道郵便局は、毎月ごとに地域の方々の手作り品の展示を行っています。
今回、初めて、地域にある東区障害者生活支援センターさんの「ふぉとクラブ」さんの写真展を行うことになりました。
この展示を通して、センターさんの存在を知っていただく機会になればと思います。

局長さんの許可をいただき、写真を撮ってきました。
車道郵便局の素敵な局長さんです。

こういう機会をいただけたのは、地域福祉活動計画の検討会やみんつく会議に、「東区障害者生活支援センター」の職員さんが参加されているからです。そこで、利用者さんたちが「ふぉとクラブ」で写真を撮っているというお話を聴き、東区社協の高岳げんき館で毎月行っている「ひまわりサロン」の企画で写真展を開催したことがありました。

今度は、メンバーが、車道郵便局が、毎月、地域の方の手作り品や写真、絵画などの展示会を行っていることを知っていて、「ふぉとクラブ」さんを紹介しました。
同じ東区で、拠点も近いということでつながったのです。
もちろん、センターの母体でもある「山吹ワーキングセンター」の施設長にも足を運んでもらい、局長さんと打ち合わせをしてもらったことで開催の運びとなりました。

地域福祉を進めていくうえで、「つなぐ」「つながる」ということもキーポイントですね。

東区障害者生活支援センター「ふぉとクラブ」写真展の開催は、2月28日まで。

3月の展示は、愛知県立大学院生さんの陶磁展です。

0 Responses to “車道郵便局で「ふぉとクラブ」写真展開催中”


  • No Comments

Leave a Reply