Monthly Archive for 4月, 2014

第3次地域福祉活動計画 最終回

平成26年4月24日(木)、10時半から、高岳げんき館(東区在宅サービスセンター)研修室におきまして、「第3次地域福祉活動計画 最終回」ということで、第1部は「作業部会の全体会」を。そして第2部を「みんつく会議」として開催しました。

レジュメをもとに、まずは、第1部「作業部会の全体会」の報告をします。

事務局次長から、計画全体の冊子について、3月20日に開催した策定委員会より、専門的用語やカタカナ言葉をわかりやすい言葉に変更し、完成に向けて作業をしているところであり、6月2日の策定委員会にて最終版を提示し承認を得て完成というスケジュールの説明がありました。
そして、告知の後、広く区民の方々に周知するための「概要版」について、見本を見ながら内容の説明が、各担当者からありました。

概要版は、できあがり次第、またこのブログにアップしていきます。

そして、この説明の後、みなさんから承認の拍手を得、この作業部会は解散となりました。
昨年の平成25年4月25日に第1回の会議と顔合わせがあり、丸っと1年がたち、計画が形としてできあがったわけです。
この1年かけた思いが、短い言葉に集約され冊子となり、概要版となります。
が、しかし、計画を立てるだけで終わるのではありません。これから5年かけて、この計画を進めていくということが大事であり、時代の流れに沿いながら、時には見直しをしながら、時には全くの逆発想になるかもしれませんが、目的である「誰もが住みよいまちづくり」になるために、丁寧に進めていかなければならないのです。
つまり、
この計画を進めていく東区住民ボラティアグループ「みんなで作ろうわがまちひがし」通称「みんつく」の出番となります!!
「NEOみんつく」です。

と、いうことで、

第2部「みんつく会議」の開催となりました。

引き続き、事務局次長から、みんつくメンバーの募集の説明と次回のみんつく会議の日程の告知がありました。

作業部会のメンバーはもちろん、東区に住む方で「自分のまちで、誰もが幸せに暮らせるために、何かしたい」と思っている方がいらっしゃいましたら、一緒に活動していきたいです。

最初の挨拶で、事務局長の挨拶がありました。
「世界に目を向けることも大事。足元の暮らしを見ることも大事。」 と。

暮らしを見つめることは、社会を見ること、政治を考えること、であり、それは世界を知ること、変えることへとリンクしていきます。
私たちの問題は、私たちで考え、解決策を導き、提案していく。
そして、未来の子どもたちも含め、誰もが安心して暮らせる世界を目指していきましょう!!

次回のみんつく会議は。。。。。。

6月26日(木)10時からです。

飛び入り参加大いに歓迎します!!

東区生活情報マッププロジェクト会議

4月15日(火)10時から、高岳げんき館1階集会室にて、第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の会議が行いました。

第1回の会議は、3月14日(金)の行われ、名古屋大学情報科の学生さん、講師の先生、大学の先生を交えて意見交換を行いました。
本日は、企業のデンソーさんにも参加いただき、住民(民生委員)3名のヒアリングを中心に進めていきました。

3学区の民生委員と主任児童委員が現場の声をとどけました。

しばらく、民生委員さんの具体的な事例の話を進めてきましたが、より具体的な深い話になってきましたので、もう少し絞り込んだ情報提供を再考するということで、学生の方々が、先回の会議での情報を2つの切り口でまとめてくださった資料を見せていただきました。

今後、社協が情報を収集、学生さんが発信方法、企業のデンソーさんからは他の自治体が行っている事例を提示していただきながらアドバイスをもらい、活用するであろう支援者の民生委員が使い勝手を確認しながら進めていきたいと思います。

ゴールは12月!!

次回の会議は・・・・・5月15日(木)10時~です。

みんつく一座活動日記(20140410)

4月10日(木)、今日は、みんつく一座の定例会です。

2時に、全員集合!!車座に座って、新職員さんの紹介と挨拶がありました。
そして、メンバーの出欠をとりました。
新メンバーも加わり、新たな気持ちでのスタートになります。

今回は、みんつく一座の公演依頼をされた東区にある介護老人保健施設「康陽」から職員さんに参加いただき、どのようなシナリオで公演をしていくかの意見交換をいたしました。

事前に、台本をみていただき、シチュエーションや台本のアレンジの意見をいただく予定ではありましたが、「ごはんまだかね編」「買い物編」で進めていくということになりました。
しかし、やはり施設の利用者さんの中には、「認知症」という言葉や説明に敏感になってしまう方もいるということで、「施設バージョン」というアレンジをした内容に変えていくことの方がいいということで、「康陽」さんに、添削をいただくこととなりました。

みんつく一座が、3年目(6月で)を迎えるに当たり、家や地域ではない、施設という場での「認知症」についての対応を考える良い機会となりました。

今回は、これにて終了でしたが、「定例会」でもありますので、公演がない場合でも、寸劇の稽古をしていくことは大切なことではないかという意見もいただき、次回5月8日の定例会では、本日の話を続きと稽古を予定しています。

みんつく一座は、いつでもメンバーを受け付けています。
認知症のことを学習する機会もあり、是非、多くの方々にご参加いただけると嬉しいなと思っています。
一度、見学にきてくださいな(^_-)-☆

次回の定例会は・・・・・・

5月8日(木)午後2時から4時まで

平成26年度第1回ひまわりサロン

4月10日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成26年度第1回ひまわりサロンを開催しました。

4月です。新年度です。
そして、ひまわりサロンも4年目となりました。

今回のプチ企画は、11時半~12時まで、「高岳ハーモニカ」さんによるハーモニカ演奏でした。



「高岳ハーモニカ」さんは、福祉会館で練習を重ねられているグループです。
今回は、「春」をテーマに、10曲ほど演奏され、参加者の皆さんが口ずさみながら楽しんでおられました。

そして、1時なるとコマの師匠も来てくださり、皿回し、中国独楽を楽しみました。

もちろん、ひまわりべーカリーさんの飲み物とパンの販売、サンワークさんのほうじ茶の販売もあり、たくさんの方に買っていただきました。

新しい年度です。
社協の職員はじめ、どのグループにも新しいメンバーが入って心うきうきする季節ですね。
今年度も、楽しい企画を考えながら、「ひまわりサロン」開催いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

次回の「ひまわりサロン」は・・・・・・

5月8日(木)11時から14時まで