Monthly Archive for 6月, 2014

東区生活情報マッププロジェクト会議20140619

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の第4回目の会議です。

IMG_8473

名古屋大学の学生さんからの提案、社協からの提案、民生委員からの意見、企業さんからのアドバイス、また、実際にタブレットを触りながら、イメージを確認してからの意見交換。2時間があっという間でした。

4

3

その意見を白板に羅列したものがこちら。

2

1

東区社協では、社協、学生、企業、会議事業所、住民、が介して、地域福祉を進めるうえでの想いを形にしていこうとしています。
それが、タブレットを活用した「生活情報マップ」です。
それぞれの立場で意見効果なしながら、少しずつではありますが、形になっていく過程を感じています。

これも、モノづくり。おもしろいです。

みんつく一座活動日記(20140612)

6月12日(木)、午後2時からみんつく一座の定例会が行われました。

介護老人保健施設「康陽」さんでの公演の稽古に入りました。
出席をとり、お休みのところは代役を選んで、さあ稽古です。

7

「ごはんまだかね編」「買い物篇」と通し稽古です。

久しぶりの稽古なので、舞台展開や準備ができていなくてあたふた・・・。
そこが、稽古初日の良いところです。

2回目は、そこのところを注意して、やはりうまく出来上がってきます。

そして、位置関係を確認するために、何回かやり直しをして終了しました。

今回は、配役も変更し、声優さんも演者さんもフレッシュな感覚で稽古ができたようです。

3

ちなみに、買い物篇におじいちゃんが登場します!!

1

本日は見学の方もいらっしゃいました。
そして、参加決定!!メンバーが増えるって楽しみでうれしいことです。
どうぞ、恥ずかしがらず、ちょっとした部活だと思って参加してみませんか?

次回の稽古は、7月8日(火)午後2時からです。
そして、本番は7月10日(木)午後からです。

平成26年度第3回ひまわりサロン

6月12日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成26年度第3回ひまわりサロンを開催しました。

今回のプチ企画は、キルティング同好会さんによる作品の展示でした。

2

1

開催中も作品作り。皆さん、熱心に針を動かしていました。

7

講師の方にも話を伺いました。
作品は、3種類くらい同時に創っていくそうです。既製品とは違い、こだわりを持って丁寧に縫っていくので、出来上がった作品は、とても丈夫できれいな出来上がりになっています。

5

そんな作品を横目に、いつもおいしいお茶やコーヒーパンを販売している、サンワークの皆さんもスタンバイOKです。

3

4

あちらこちらで、おしゃべりの声。
「最近、あの人来ていらっしゃらないわね。」
「先月はお休みでした?」
「2階の福祉会館寄ってからまた来るわ。」
そんな会話がいきかいながら、リサイクル本だけを見に来る人もいますし、パンだけ買っていく人もいます。
「ちょっと寄ったらよかったんで、来月また来るわね。」と言ってくださる方もいらっしゃいます。

午後になると、コマの師匠が現れて、子どものようにコマ回しや皿回しに興じる参加者も。
でも、暑い。ちょっと体動かしただけで汗が出る(>_<)

8

次回の「ひまわりサロン」は・・・・・・

7月10日(木)11時から14時まで

第3次地域福祉活動計画 第4回策定委員会

平成26年6月2日(木)11時~ 高岳げんき館研修室において、「第3次地域福祉活動計画 第4回策定委員会」が開催されました。
最後の策定委員会です。

鬼頭会長からの挨拶。
山本東区長からの挨拶。
そして、議題にうつり、事務局長から第3次地域福祉活動計画の承認と概要版の承認に説明がありました。

各委員の前には、50ページに及ぶピンクの冊子と概要版が置いてあります。
前回(3回)、会長から、難しい言葉をわかりやすい言葉に直してほしいという意見があり、修正をした最終版です。

学識経験者である西村先生からも以下の補足がありました。

①50ページに及ぶ冊子となりましたが、計画に書かれてある背景やビジョンをイメージしながら、やさしく読んで学ぶ機会をつくってから進めていきましょう。
②ここに書かれてある計画の目標と対応策、そして、その下に具体的な取組計画を考えて、行き当たりばったりでなく、目標を決めて、みんなで進めていきましょう。
③行った取り組みは、「どこで、だれが、何をやった」かわからないというのではなく、お互いに見える工夫「見える化」をしましょう。活動の種類によって色を変えて、地図に落とし込んでいくことが大事です。

と。

そして、野球に例えて、みんなで協力しながら、個々の力を発揮する、全員野球で取り組んでいきましょうと結ばれました。

ピンクの表紙。
かわいらしい冊子となりましたが、概要版は、色鮮やかに目に飛び込んでインパクトの強い印象です。

ここにほやほやの概要版を掲載します。

策定委員、皆さんからの拍手で承認をいただき、この後の理事会に諮り承認されて、始動となります。
まずは、これにて、策定委員会は終了となり、各策定委員は解散となりました。

お疲れ様でした。

PS)そのあとの理事会にて無事承認されました。

なので、

この計画に基づき第3次計画が始動します。
西村先生の全員野球とは、東区に住む働く人々全員のことだと思っています。
是非、このブログをご覧の皆さんは、この計画を進めていく住民ボランティア「みんなで創ろうわがまちひがし」こと「みんつく」のメンバーになって、進めていきませんか。

第1回のみんつく会議は、6月26日(木)10時から、高岳げんき館1階集会室にて行います。
ご参加お待ちしています。