Monthly Archive for 7月, 2014

第3次地域福祉活動計画第2回みんつく会議(20140724)報告

第2回みんつく会議が、7月24日(木) 10時から12時まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

レジメの順に進めていきます。

レジメ

まずは、インフォメーションです。
9月12日に開催します「福祉のつどい」の説明を受け、みんつくのメンバーも当日のお手伝いと顔見世としての出演があります。

そして、各グループに分かれて、前回の続きを行いました。
①グループの愛称決め
②世話人(2人)の選任
③計画の内容のおさらい

最後に、各グループで話し合った内容を共有するために代表から発表。
告知の確認をして、解散となりました。

昼食を食べての世話人会は、まだ世話人が決定ではないので、決まり次第別日を設けて、「福祉のつどい」での「みんつくNEO」としての演出を打ち合わせします。

次回の開催は、
8月28日(木)10時から
高岳げんき館1階集会室にて。
見学大歓迎!!
途中からでの参加も大歓迎!!

東区生活情報マッププロジェクト会議20140717

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の第5回目の会議です。

名古屋大学の学生さんが、東区社協から提供された情報を整理し、「情報マップ」としてタブレットで観られるようにしてくれました。
参加した民生委員3名が、実際に、タブレットを使って検索して素直な感想を述べました。

以下が、意見交換した内容のまとめです。

第5回

他にも、企業として参加してくださっているデンソーさんが、退職前の方々にアンケートをまとめられたものを紹介してくださいました。
退職後、地域参加をするかどうかというテーマのアンケートでした。このアンケートも、退職後の男性の地域参加を促すための参考資料となります。
つまり、社協が、地域福祉を進めるうえで、情報を提供するに当たり、やはり、目的を持って情報を提供する必要があります。
それは、地域参加を促すことだったり、暮らしに生きがいを持っていただくようなしかけだっり、「つながり」を持つしかけだったり、と、
そういう視点を忘れずに取り組まなくてはいけません。

で、どうする?ということです。が、やってみましょう!!

さあ、次回の打ち合わせの日程を決め、開催となりました。

みんつく一座活動日記(20140710)

7月10日(木)、午後2時からみんつく一座の定例会は、台風8号接近のため中止にいたしました。

9

平成26年度第4回ひまわりサロン

7月10 日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成26年度第4回ひまわりサロンを開催しました。

4

本日は、大型台風8号の接近。

5

それでも、ひまわりベーカリーさんは、いくつかのパンをご用意してスタンバイ。

パン

サンワークさんもお茶を準備。

お茶

そして、本日の展示である「生きがいクラブ旭丘」の皆さんの作品が並びました。

1

おすすめの作品は、アクリルの毛糸で編んだお掃除用キットです。

3

2

本のリサイクルコーナーも、ボランティアスタッフのTさんが、きれいに整頓してくださいました。
スッキリして、本たちも喜んでいるような感じがします。
そうそう、リサイクル本は、1冊50円からの寄付でお分けしておりますが、読み終えた文庫本や単行本などの寄付もお持ちしています。

本

さすがに台風が迫ってきています。
いつもの賑わいはありませんでしたが、ひまわりベーカリーさんも、サンワークさんも、いつものように準備してくださいました。
ありがとうございました。

生きがいクラブ旭丘さんも、作品を持ってきてくださいました。
ありがとうございました。

そして、
遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。

台風の季節です。
こんな日もありますが、ひまわりサロン、毎月第2木曜日11時から14時まで開催しています。
ただし、8月は第1木曜日になりますのでご注意くださいね。

6

ついでにほかの宣伝も。

7

8

9

第3次地域福祉活動計画第1回みんつく会議(20140626)報告

平成26年6月に、東区第3次地域福祉活動計画が策定され承認されました。
いよいよ、第3次計画を遂行していくことになります。
そして、その第1回みんつく会議が、6月26日(木) 10時から12時まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

「みんつくNEO」始動となります。

その報告を。。。するところですが、報告者欠席のため、ここでは「地域福祉活動計画」のおさらいをお伝えいたします。

名古屋市において、各区の第1次地域福祉活動計画の策定が始まったのが平成14年。
約1年半かけて計画が策定し、開始したのが平成16年でした。

以下、年表を以下のようにまとめました。

地域福祉とは3

名古屋市は「地域福祉計画」として、名古屋市社会福祉協議会は「地域福祉推進計画」として、始動していました。
その履歴と関係性が以下のようになります。

地域福祉とは2

平成26年度は、各区では第3次地域福祉活動計画の1年目。そして、名古屋市と市社協は、協働で、平成27年からの新たな計画「名古屋市地域福祉計画・地域福祉推進計画策定委員会」開始するべく計画を策定しています。

さて、
東区は、第1次→第2次→第3次と、計画をバトンタッチしてきました。その主な成果としての特徴は。。。。

◆第1次地域福祉活動計画(平成16年~20年)・・・・・
人と人が出会いつながる場やしかけをテーマに。。。
①出会いの場「サロン」の開設(3か所から4か所)
②「お父さんと遊ぼう」イベント企画による父親参加のしかけ
③障がいを持った方への対応マニュアルやお出かけトイレマップ、避難所マニュアルの作成

◆第2次地域福祉活動計画(平成21年~25年)
①東区社会福祉協議会を広く知ってもらうために、月1ひまわりサロンを高岳げんき館にて開催
②認知症を理解し認知症の方やその家族の方にやさしい東区をめざして寸劇グループ「みんつく一座」の旗揚げと公演
③出会いつながる場の情報提供と交流

それを踏まえながらの第3次地域福祉活動計画としてこれから5年(平成26年~30年)3つのグループに分かれて計画を進めていきます。

6

この計画を毎月1回「みんつく会議」として住民ボランティアや行政職員、福祉関係者、社協の職員が参画して進めていきます。

住民ボランティア「みんなで創ろうわがまちひがし」は、東区に住み、働く、学ぶみなさんすべての人々だと思っています。
是非、いつでも、自由にご参加できますので、みんつく会議に遊びに来てください。

毎月第4木曜日10時から高岳げんき館にて開催します。
で・す・か・ら・・・・
次回は・・・7月24日(木)です。

お問い合わせは→ 名古屋市東区社会福祉協議会HP
名古屋市東区泉二丁目28-5
TEL:052-932-8204 FAX:052-932-9311
メール:higashiVC@nagoya-shakyo.or.jp