Daily Archive for 8月 22nd, 2014

東区ボランティア応援助成事業2014

8月22日(金)、午後1時半から、「平成26年度東区ボランティア応援助成事業」の第2次審査会(公開プレゼンテーション)が行われました。

1

これは、赤い羽根共同募金を有効に活用していただくとともに、ボランティアの活性化を図るために、第2次地域福祉活動計画の【Ⅰ―①「福祉まちづくり財源」づくりへの参加】において、平成24年度から実施しています。
今回は、3年目の3回目となり、6団体7事業においてのプレゼンテーションが行われました。

2

4

今年の特徴は、学生のボランティアグループ3団体から応募がありました。
名古屋高校のJRC部は、東区においてもボランティア活動が活発な高校であり、先輩から後輩へ途切れることなく受け継がれていくクラブとしての応募。

菊武ビジネス専門学校は、ボランティア活動で高齢者施設訪問をこれまでも行っており、紙芝居などの備品を申請し継続して活動していこうということでの応募。

また、名古屋文化短期大学学生会のボランティアグループは、今回初めての男性高齢者向けの料理教室を開催することで、東区に地域貢献をしていこうという試みでの応募。

こういった若い世代が、ボランティア活動を通じて、地域と交流し、「やさしさの輪」が拡がることを期待するものです。

さて、

プレゼンテーションも無事に終了し審査ですが、審査員一同頭をひねりっぱなしです。
審査基準とにらめっこしながら点数を加算していきます。

3

何はともあれ、新たな交流、新たなつながり、そして新たな世代へ受け渡していく、継続していくことが地域福祉を進めていくうえでとても大切なことです。

この事業は、赤い羽根という大事な大事な募金が、有効に(友好に)使われ、ボランティアグループが志と発展と活性と継続に結びつけるものとしての起爆剤となれば幸いです。

どうぞ、獲得した助成金は、無駄遣いせず、大切に使っていただくことを望みます。

ちなみに、
東区の赤い羽根共同募金の使い道はこちらのHPへ → http://www.higashi-fukushi.com/akaihane.html