Monthly Archive for 9月, 2014

第3次地域福祉活動計画第4回みんつく会議(20140925)報告

第4回みんつく会議が、9月25日(木) 10時から12時まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

全体会のレジュメの通り進めます。

れじゅめ1

まずは、次長から福祉のつどいでのアンケート報告がありました。

アンケート

で、福祉のつどいのDVDを流し、各グループのパフオーマンスを確認いたしました。

2

4

3

自分たちのパフォーマンスを観て笑う。いいですね。わざと間違えていないので、笑いを誘います。この手作り感がいいのです。
と、自己満足しながら、席に戻り、児童館、東区役所福祉課からイベントの紹介がありました。
そして、グループに分かれての話し合いに移りました。

福祉のつどいで、各グループの意気込み、取り組む目玉事業などを宣言しましたので、本日の会議から本格的な議論にうつります。
各事務局からの議題をもとに、メンバー間で話合いを行いました。

12時に流れ解散となり、午後1時から「世話人会」を開催しました。

れじゅめ2

各グループでの検討会の報告を簡単にご紹介します。

れじゅめ3

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「平成となり組」
情報源とする回覧板の理想図を話し合いました。理想ですから、叶えることができなくとも、実現しなくとも、理想としてこんな回覧板がいいなということで、意見交換を行いました。今後の展開に期待です。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会
先回、先先回の意見を基に、「担い手」「受けて」の問題点を提示し、2つのグループで、その要因、原因、なぜなのか深めていく議論、どうすると解消されるのかということを、付せんに書き出し意見交換をしました。

2-1

2-2

今後の展開に期待です。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」
まずは何より、福祉のつどいのアンケートに、「町人ボラコ」になってもいいという質問に14名の方が、そのうち住所まで記入してくださった方が6名もいました!!この喜びをかみしめました。

3-1

今後のスケジュールを確認しながら、無理のない、こうあるべきだという社協の押し付けでない「町人ボラコ」を増やしていくための意見交換でした。あなたの街の町人ボラコ」を口コミで集めていこうと、宿題を出しました。今後の展開に期待です。

以上の報告とともに情報共有・意見交換を図りました。

次回の開催は、
10月23日(木)10時から
高岳げんき館1階集会室にて。
見学大歓迎!!
途中からでの参加も大歓迎!!

東区生活情報マッププロジェクト会議20140918

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の第7回目の会議です。

レジュメに基づきながら進行。

5

更新者からのヒアリングや相談会では、実際に、触ってみて興味を持ったという方がいたり、なかなか使いこなせないという方もいらっしゃたようです。
また、見出しの頭に学区のフォルダーがあるといいという意見もあり、「フォルダー階層」の見直し案が提出されました。

4

3

他にも出された意見がホワイトボードに書き出されました。

1

2

確かに、やってみないとわからない部分もありますが、どんな風に活用したらいいのかわからないという方のために、「運用仕様書」を作成し提示するといいという提案がデンソーさんからありましたので、事務局サイドにて作成するということで、終了いたしました。

以下、「更新者+閲覧者」へのヒアリングを開催します。

6

福祉のつどい2014の報告です

平成26年9月12日(金)、今日は、秋晴れ。とても涼しく良い天気でした。
東区文化小劇場では、「福祉のつどい2014」が開催されましたので、少しご報告をいたします。

asa

今回の「福祉のつどいでは、第1部を「東区第3次地域福祉計画の展開について」。
第2部を「山本纊子氏の講演会-高齢者の健康と認知症の理解-」を行いました。

福祉のつどい2014チラシ

「みんつく」のメンバーは新たに「みんつくneo」として、「福祉のつどい」の発表者として、またお手伝いとしてかかわりました。
12時に集合し局長からの挨拶をいただいたのちリハーサルを行いました。

kyokutyou

リハーサルの様子です。

keiko

無事にリハーサルを終え、本番前には、受付、会場案内のお役目を果たし、舞台袖で待機をします。

はじまりました!!

hajime

puroguramu

来賓の挨拶が終了し、第1部の始まりです。

前半は学識経験者の西村先生(愛知大学教授)のお話。
後半をみんつくNEOのグループ名発表と取り組みの紹介を行いました。

その3つのグループをご紹介します。

第1グループは、「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループで、
グループ名を「平成となり組」といいます。

第2グループは、「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループで、
グループ名を「あいさんの会」といいます。

第3グループは、「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループで、
グループ名を「ボラコラボ」といいます。

リハーサルは1回でしたが、そこはみんつくメンバー。ラストの拍子木で幕を下ろすことができました。

1

そして、第2部の講演会です。

yousu

sennsei2

sennsei

3時半、無事に終了しました。
アンケートを集め、お土産のほうじ茶(サンワークさん)をお渡しし、声をかけられ、話しかけられ、メンバー一同ほっとしました。

26年3月末で、「東区第2次地域福祉活動計画」に一区切りをつけ、平成26年度から新たに「東区第3次地域福祉活動計画」としてバトンタッチをして、引き継ぐものは引き継ぎ、新たに進めるものを進め、できなかった取り組みを再度形を変えながら取り組んでいきます。
その計画を進める住民ボランティアを公募し新たなメンバーも加わりました「みんなで創ろうわがまちひがしNEO」つまり「みんつくNEO」として、31年3月末までの5年間、計画を遂行していきます。

「みんつくNEO」は、ご紹介した通り、3つのグループに分かれて、3次計画を取組んでいきます。
毎月第4木曜日の10時から、高岳げんき館で「みんつく会議」と称して、地域福祉活動計画についての話し合いが行われています。

メンバーは、それぞれに役割(区政協力員さんや民生委員さん、各ボランティアに所属している)を持ってはいますが、住民の皆さんです。また、福祉施設の職員さんもいます。

社会福祉協議会の職員さんが事務局になって、社協の中のいきいき支援センター、介護事業所の職員さんも、児童館、福祉会館の職員さんも一緒に参画しています。

そして、行政からは、東区役所の総務課、福祉課、民生こども課、まちづくり推進室、保健所の職員さんも加わって、情報交換をしたり、意見交換をしながら、課題解決に向けて話し合いを行っています。

是非、「みんつくNEO」のメンバーになって、「みんつく会議」参加されませんか?
毎月第4木曜日の10時から、高岳げんき館1階の集会室で行われています。
9月は25日の木曜日10時からです。

minntuku

みんつく一座活動日記(20140911)

9月11日(木)、午後2時からみんつく一座の定例会が行われました。

7月は台風でお休み。8月はお盆でお休み。ということで、2か月ぶりの定例会となりました。
先日ショッパーで、みんつく一座が紹介されたこともあり、本日は、4名の方の見学がありました。
嬉しいことです(^_^)/~

IMG

さて、

メンバーの出欠をとり、見学にいらした方のご紹介をしました。
引き続き、事務局から、レジュメに沿って進めていきます。

1

9月7日に、大幸会館で行われた「笑活」の報告。
そして、みんつく一座の公演のお知らせです。
次回の公演依頼は、11月25日(火)認知症サポーター養成講座と、来年2月25日(水)男性向け認知症サポーター養成講座です。

他にも、認知症介護サロンへのお誘い(自由参加)がありました。

2

ひとまず、11月25日の演目「ごはんまだかね編」と「買い物編」の配役を決め、本日の見学に来てくださった方に稽古風景を観ていただくことになりました。

久しぶりの稽古ということで、みなさん「うまくできないわ」なんて言っていましたが、久しぶりの稽古をすごく楽しんでいたということは、間違いありませんでした。

3

旗揚げして3年目のみんつく一座は、本日、エンジンがかかりました(^_-)-☆

明日は、福祉のつどいです。

福祉のつどい2014チラシ

平成26年度第6回ひまわりサロン

9月11日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成26年度第6回ひまわりサロンを開催しました。

3

今月は、筒井学区生きがいクラブの皆さんの「作品展示」です。

1

2

次回、10月は。。。。。9日(木)です!!

4

是非!!

お待ちしています。

東区生活情報マッププロジェクト20140908

本日は、「東区生活情報マッププロジェクト」の閲覧者向けの研修会を行いました。

更新者と閲覧者ですが、ここで少し説明を。
更新者は、タブレットに情報を入れる人。
閲覧者は、タブレットを活用して、情報を見、必要な人に情報を提供をする人。つまり、民生委員さんや地域支援者さんなどです。

生活情報マップイメージ

講師は名古屋大学の学生Tさん。

閲覧者として参加してkれたのは、各学区の民生委員さん、地域支援者さん。
タブレットを触るのも初めてという方が多く、興味津々。でも、楽しそうに2時間過ごされました。

3

目的は、タブレットで情報提供を支援するのですが、こういうプロセスの中に、目的以上の目的があるような気がしました。
試行的段階ですので、今後の改善も含めてまだまだ続きます。

4

みんつく一座@ショッパーに掲載!

本日9月4日、中日ショッパーの2面に、「みんつく一座」の記事が掲載されました!!\(^o^)/

ご紹介します!
※写真をクリックすると、大きくなります(>_<)

IMG

是非!!みなさんも参加されませんか?
お待ちしています!!

東区生活情報マッププロジェクト20140901

本日は、「東区生活情報マッププロジェクト」の更新者向けの相談会を行いました。

前回、更新の研修を行いましたが、実際やってみて不都合やわからないことを相談するということで、名古屋大学の学生さんが対応してくれました。

さわりながら、確認しながら、「こうしたらいいのかな」「ああしたほうがいいのかな」「フォルダーの見出しはこれでいいのかな」などの意見が交わされ、ホワイトボードにまとめたものを報告としますね。

20190901-1burogu

20140901-2 burogu

次回は、
閲覧者の方へのレクチャーです。