東区生活情報マッププロジェクト20140908

本日は、「東区生活情報マッププロジェクト」の閲覧者向けの研修会を行いました。

更新者と閲覧者ですが、ここで少し説明を。
更新者は、タブレットに情報を入れる人。
閲覧者は、タブレットを活用して、情報を見、必要な人に情報を提供をする人。つまり、民生委員さんや地域支援者さんなどです。

生活情報マップイメージ

講師は名古屋大学の学生Tさん。

閲覧者として参加してkれたのは、各学区の民生委員さん、地域支援者さん。
タブレットを触るのも初めてという方が多く、興味津々。でも、楽しそうに2時間過ごされました。

3

目的は、タブレットで情報提供を支援するのですが、こういうプロセスの中に、目的以上の目的があるような気がしました。
試行的段階ですので、今後の改善も含めてまだまだ続きます。

4

0 Responses to “東区生活情報マッププロジェクト20140908”


  • No Comments

Leave a Reply