Daily Archive for 10月 21st, 2014

東区生活情報マッププロジェクト会議20141016

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の第8回目の会議です。

名大の学生さんから、10月7,8,9日に開催した更新者・閲覧者の第1回聞き取り会の報告がありました。
また、聞き取りを踏まえて、「フォルダー階層」の見直しをしていただき、メンバーで確認をいたしました。

次に、事務局から、この事業の目的の確認があり、
①支援者の知識・経験の差を埋まるための情報提供
②支援者同士の情報共有による地域福祉活動サポート
この2つの目的を再確認し、メンバーで共有しました。
特に、写真での学区間の情報交換は有効で、実際に他の学区の様子を観て参考になるという声が聞かれたようです。

そして、事務局で、更新者の方々に活用いただけるよう「タブレットハンドブック(案)」を作成し説明を受けましたが、
◎どんな時に使うのか?
◎どこに相談したらいいのかな?
◎出かける時の電車バスの乗り換え方法
◎地図
など、具体的な活用事例などを提示する内容で、そこからより具体的な活用場面をイメージすることができますので、意見をいただきながら修正を加えていきます。

最後に、写真をアップする方法を伝授していただき、情報の質を上げていくことが更新者の課題となりました。
社協の学区担当者の協力を得ながら、学区の情報をよりアップできる体制づくりも課題の1つとなりました。

次回は、11月20日(木)10時からが第9回目の会議になりますが、その前に、10月13日(木)に、葵学区のふれあい給食会に出向き、民生委員さんや高齢者の方にタブレットを触っていただきどんな感想をいただけるか現場実験をしてきます。