第3次地域福祉活動計画第5回みんつく会議(20141023)報告

第5回みんつく会議が、10月23日(木) 10時から12時まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。 全体会でインフォメーションを行った後、各グループに分かれて意見交換をしました。 各グループの報告です。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」
前回の流れから、「回覧板」について具体的な検討を行いました。 その前に社協から、モデルケースとして地域活性化の観点から予算的支援が可能であると説明があり、具体的な提案が実現するという前提で、検討が行われました。 いくつかの提案があり、次回も引き続き提案をまとめていくこととなりした。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会
前回のワークショップのまとめを参考にしながら、チームの目標をめざして話を深めました。

まとめ1

もう少し議論の余地が必要ということで、次回は「できること」について話し合いを行う予定です。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」
現在進めている取り組みの確認を行いました。
①「高岳ハンサムダンディーズ」の養成講座開催中。
これは、地域で活動するボランティアグループ養成の止めの福祉会館の講座です。
②「ボラセンターと福祉会館児童館の連携として、企業、そして児童館を活用する中学3年生数名が、児童館にて、ボランティアを行いました。

そして、メイン課題である「町人ボラコ」の具体的なイメージを提示するために、事例としての人の紹介をがあり、そこから、3つの特徴が浮き上がりました。
①人を支援する!(個人で個人をお手伝いする)
②場をつくる!(サロン活動)
③環境をつくる!(ラジオ体操でのご近所関係づくり)

次回は、もっと固めていきたいと思います。

次回の開催は、 11月27日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。 見学大歓迎!! 途中からでの参加も大歓迎!!

0 Responses to “第3次地域福祉活動計画第5回みんつく会議(20141023)報告”


  • No Comments

Leave a Reply