みんつく一座活動日記(20141125)

11月25日(火)午後1時半から、 高岳げんき館1階の集会室にて、 「認知症サポーター養成講座」にて、みんつく一座の公演がありました。
公演といっても、養成講座の中の1部のレクチャーとして、位置づけられており、具体的に認知症を理解してもらうための寸劇になってます。

さて、開始時間1時間前の12時半に集合。リハーサルとして、通し稽古を行い、本番は、後ろで待機します。

4

約1時間半のプログラム。
最初に、キャラバンメイトさんから、認知症の症状についての説明があり、30分後、さあ出番です!!

「とざい、とうざーーーーーい」口上が始まりました。

「演じます演目は・・・『ごはんまだかね編』と『買い物編』です」

7

今回の参加者は、20名程度。
地道ですが、少しずつ、認知症についての理解者が増えていくことを大切にして行きます。

もし、もし、もう少し、認知症について理解を深めたい方がいましたら、是非、是非、「みんつく一座」のメンバーになってください。
演ずることにより、より理解が深まること間違いなし。
また、演ずることで、仲間と楽しく過ごす時間が増えます。やりがいもできます。自分の違う発見もできます!!!

0 Responses to “みんつく一座活動日記(20141125)”


  • No Comments

Leave a Reply