Monthly Archive for 3月, 2015

第3次地域福祉活動計画第10回みんつく会議報告 (20150326)

第10回みんつく会議が3月26日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

まず、全体会です。
今年度を振り返り、次長から実施項目進捗状況の説明がありました。
5月の理事会に報告し地域福祉活動の説明を行うとの報告がありました。
そして、9月に「福祉のつどい」を開催し、東区の住民の皆さんに報告をするので、各グループの検討会においては、そのことを視野に入れながら進めていくこととします。
また、「障がい者ライフサポート山吹」4月1日オープンの告知がありました。

次に、社協から職員の異動のお知らせです。
4人の職員の異動がありました。うち1人は、所館内での異動です。
また区役所の職員の異動もあり、みんつく会議に参加される職員から報告がありました。
それぞれの職員の挨拶を会議終了後に行いました。

異動の職員3人、Tさん、局長、Kさん。

takagi

kobyasi

kumatyan

所館内異動のNさん。

narita

4月から、新しい局長のMさん。

miurakyokutyou

3月は出会いと別れの月と言いますが、本当に寂しくもあり、新たな期待もある月です。
異動になられた職員の方々には、感謝の気持ちと次の現場での活躍をお祈りいたします。

そして、各グループに分かれての会議に移ります。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

宿題で出されたサロンに関する質問事項4項目の回答から、話し合いを進めました。
ここでは、「人」「場所」「金」という課題の中で、「場所」はなんとかなる、「金」も助成金などで賄える。しかし「人」担い手を探すのが非常に大変であるという意見が共感されました。
名古屋市からの委託事業になる「サロン倍増計画」とかね合いながら、話し合いを進めていくこととなります。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」

今回は、イラストを活用した、7つの項目の紙面を見ていただきながら話合を進めていきました。
「めだかの学校」「ザビエルプロジェクト」「人づくりのプログラム」など、メンバーの意見を集約しながら、形にしていきたいと思います。

あいさんの会取組7項目

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

「町人ボラコ便り」の案ができ、それをもとに話しあいを進めていきました。
メンバーである、Sさん、Mさんを事例紹介をし、より具体的な町人ボラコのイメージづくりと拡大を狙います。
この便りは、組回覧をする予定ということなので、まだまだ完成度が引くため、話しあいを続け、7月の社協だよりとともに配布することを目標にします。

その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いました。

また、27年度の会議の予定で、5月1月をお休みとしました。
そこで、予定だった5月28日はお休みになるので、その日に、港区でオープンした共生型サロン「陽(日)周り」の見学をすることになりました。事務局で見学の打診をしていただき、4月の見学希望者を募りことを確認し、終了しました。

次回の開催は、 4月23日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からでの参加も大歓迎!!

第3次地域福祉活動計画第9回みんつく会議報告 (20150226)

第9回みんつく会議が2月26日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

まず、全体会です。
本日は、MHK「ハートネットTV」にて放送された「戦後70年高齢者をどう支えてきたか」の録画をみなさんで視聴しました。
戦後、そして高度成長期にかけて、高齢者の医療費を無料化したものの、なぜ続かなかったのか、そして今、高齢社会を迎えた日本はどう高齢者を支えるのかを振り返り、地域福祉の参考にしていただきました。

次に、
・3月1日に実施される、「ふれあい回想法まつり」の告知
・東区役所からは、「27年度のときめきプラン2015」の概要説明とパブリックコメントご案内
・障害者ライフサポートやまぶきのオープンと内覧会(3月8日9日)の紹介
がありました。

そして、各グループに分かれての会議に移ります。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

今回からサロンについて考えることとなりました。
名古屋市では市内500か所あるサロンの倍増計画があること。
サロン立ち上げには、「人」「場所」「金」が課題であること。
サロンにかかわっている人にアンケートを取り宿題がでました。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会

前回までの話し合いの経緯をまとめ提示し、今後の進め方を検討しました。
大事なことは「人づくり」前回学習したボランティアを生かした人づくりを目標に、どう進めていくかまだまだ検討していくこととします。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

町人ボラコを区民にどう浸透させるか、「まち人ボラコ便り」を作成しながら考えていくこととします。
まずはイメージ図です。東社協だより64号に掲載のイメージです。

町人ボラコ

その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いました。

次回の開催は、 3月26日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からでの参加も大歓迎!!

平成26年度第12回ひまわりサロン

3月12日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成26年度第12回ひまわりサロンを開催しました。

今月の展示は、「生きがいクラブ東白壁」のお雛様特集です。

higasisirakabe

いろいろな手作りお雛様がとてもかわいらしく愛らしく並んでいました。

さて、おととい昨日と、とても寒い日が続いていますが、3月ですね。春が間近です。
なので、たくさんの方がサロンに訪れてくれました。

yousu

お陰さまで、ひまわりベーカリーのパンは完売でした(^o^)丿

26年度のひまわりサロンは、今月で12回目の最終月となりました。
そして、27年度も趣向を凝らして第2木曜日に行います。

予定としては、第2木曜日ですが、8月・2月は、お盆と祝日ということで第1木曜日になります。

4月9日(木)、5月14日(木)、6月11日(木)、7月9日(木)、
※8月6日(木)、9月10日(木)、10月8日(木)、11月12日(木)、
12月10日(木)、1月14日(木)、※2月4日(木)、3月10日(木)

先日も、27年度の展示や企画を決める「ひまわりサロンを良くしていく会PJ」が行われました。
いつもお願いしている展示に加え、新たなプチイベントなども取り混ぜながら、27年の「ひまサロ」が始まります。
こうご期待で!!

次回は、
4月9日(木)11時からです!!
お待ちしています。

みんつく一座活動日記(20150301)

平成27年3月1日(日)。
本日は、名古屋市総合社会福祉会館7階において、「ふれあい回想法まつり」に参加してきました。

12時~みんつく一座の公演。そして、12時15分から、人気ラジオ番組『かにタク言ったもん勝ち』のパーソナリティとして活躍しています蟹江篤子さんのトークショー『笑いは百薬の長』です。
他の会場でも、相談や、昔の遊びをするコーナー、歌声喫茶など、いくつもの催し物がありました。

さて、
午前中にリハーサルを終え、控室で昼食をとりまして、12時からの本番を待つばかりです。

会場は、多くの方々で満席です。

6

いよいよ、本番。
いつもの口上からから始まります。本日の演目は、「ごはんまだかね編」と「つなぐ編」です。

1

最初のつかみ・・・。「花子さん、ごはんまだきゃ」のセリフで、笑いが起こります。この笑いが演者のハートに火をつけます。
乗ってくるんですね。アクションが大きくなります。笑いが起こります。演者とお客さんの相乗効果が起こります。

第2幕。
3

そして、ラスト。

4

演者の顔から笑みがこぼれます。
だから、やめられない。
表現することのおもしろさを知ってしまいました(^o^)丿

さあ、次は蟹江さんのお話です。
「笑う」ことは、①がんを殺し、②脳を活性化させ、③痛みを和らげる効果もあり、④不眠を解消し、⑤m粘液機能を上げる。問、5つの効果があるという話を、笑いとともにしてくれました。

本日、みんつくの公演を見て、蟹江さんの話を聞いた100名の方たちは、5年寿命がのびたと太鼓判を押します!!!