東区生活情報マッププロジェクト会議20150520・0527

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

(第10回は1月19日(月)、第11回は2月19日(木)、そして、第12回を4月16日(木)に会議を持ちました。)

第13回目を迎える前に、
5月20日(水)に番外編として、民生委員3名(うち、主任児童委員1名)から課題を確認する時間をもちました。
民生委員が思う「東区の課題」と「理想像」についての意見交換です。

その意見を題材に、第13回のプロジェクト会議を5月27日(水)に行いました。参加者は、名古屋大学、デンソー、社協、住民のメンバーです。
5月20日の意見の内容を報告しました。
その結果、東区社協では、地域支えあい事業のキーマンとなる”ご近所ボランティアコーディネーター”だけでなく、サポート対象を民生委員を含めた地域支援者として進めていきたと、提案されました。
そこで、東区の課題について、再度、民生委員への質問形式で深める作業を行いました。

民生委員の役割は本当に多岐にわたり、そこに学区推進協議会という組織の構成メンバーでもあるために、役割がボランティアとしても関わっているため、整理する必要があるということがわかりました。

デンソーさんからも、いったんタブレットというツールを考えないで、東区の課題に対して掘り下げる作業を行うことが必要であるというアドバイスをもらい、次の会議へつなぐこととしました。

次回、14回目は、6月18日(木)10時からです。

0 Responses to “東区生活情報マッププロジェクト会議20150520・0527”


  • No Comments

Leave a Reply