Monthly Archive for 7月, 2015

第3次地域福祉活動計画第13回みんつく会議報告 (20150723)

第13回みんつく会議が7月23日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

本日は、第3次地域福祉活動計画の学識経験者西村先生が来てくださいました。
「第3次計画も2年目に入り、いろいろ見聞きする中で、とん挫してくる自治体もあるそうです。東区は、「みんつく」のみなさんがしっかりと計画を進めてくださっているので、大変、頼もしい。しかし、まずは楽しんで取り組んでください。」という挨拶をいただきました。
その後、各グループの意見交換に順番に参加してくださいました。

では、各グループの報告をします。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

取り組んでいる事業についての進捗状況の確認と福祉のつどいの発表について意見交換をしました。
・回覧板の進捗状況
現在14冊の見積もりをしているところです。
・みんなの掲示板(町内の情報交換用で町内住民が自由に掲出できる)について
筒井学区の町内にて、設置場所決定!!
学区運動会でがんばった写真や孫が生まれた写真、趣味の仲間募集などに活用し、町内の連帯につながるような掲示板になります。こうご期待!!
・「サロン倍増計画」について
今までの確認をしました。
・福祉のつどいの発表方法について
PPを活用して発表。そして、掲示板に見立てたボードで演出し、より分かりやすく楽しく発表することを決めました。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」

福祉のつどいのシナリオ修正案について、再度、確認検討しました。
まず、当日の役とは別に、役を割り振りして、読み合わせをしながら言葉や言い回しの修正を検討しました。
セリフを少し修正するだけで、伝わりやすくなったりと、みなさんの意見でよりよいシナリオになりました。
また、台本を確認する作業が、それぞれの課題に対しての計画への想いや次への展開のヒントなどが確認でき、メンバーで共有できたことも収穫でした。
また、午後の世話人会でも、意見をいただき、その意見を反映した台本に修正していきます。
次回は、配役決めをし、修正した台本を確認する作業にします。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

「町人ボラコ便り」の確認作業と 「福祉のつどい」での発表について意見交換を行いました。
・「町人ボラコ便り」
見本をもとに、意見交換をし、「おせっかい」⇒「世話焼き」の修正。イラストの修正。ボラコさんの1日の見せ方の再検討などした後、福祉のつどいまでに完成させ、配布できることを目標にしました。
・「福祉のつどい」の発表について
寸劇にし、台本を作成。配役を決めて読み合わせをしました。修正をかけながら次回もよりよい内容にして当日を迎えます。

以上

その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いました。

次回の開催は、
8月27日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎!!

東区生活情報マッププロジェクト会議20150716

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

14回目は、6月18日(木)10時から。そして、15回目は、7月16日(木)10時から開催しました。

活用するのは民生委員と設定し、どんな情報をどのように提供していくか。
ベテランと新人の情報格差を減らすことができるか。などなど、話し合いが進みました。

デンソーさんが
「タブレットですべてが解決できるのではなく、タブレット情報があることで心強い。無いと心細い。そんな情報提供になるといいでしょう。」と言われた言葉が印象的でした。

時代が変わることで、民生委員さんの活動も変化していきます。
最後は人であり、つながりをどう作っていくかですが、その強い味方としてITが活用できればいいなと思ってます。
産みの苦しみがありますが。。。

1

1

次回は、15回。8月20日(木)10時からです。

みんつく一座活動日記(20150709)

7月9日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会が行われました。

本日も7月12日(日)の筒井学区ふれあい食事会での公演の稽古ですが、本日は、守山区東部いきいき支援センターと名古屋市社協ボランティアセンターからの見学がありました。
このところ見学も多く、各区に広がるといいなと思っています。

まずは、見学者の方々と一緒に、5日に講演したビデオを観ました。
このビデオで、どんな風に演じるかを知ってもらうことができました。

そして、稽古に入ります。

1

1回目の稽古の後、見学の方に感想をいただき、2回目の稽古を行いました。
そして、守山区東部いきいき支援センターさんからの質問に答えました。

シナリオは?セリフは?配役はどうしていますか?などなど。
どうぞ、シナリオも上映した動画もどんどん使ってください。
特にシナリオは、なかなか作るのが難しいと思います。最初のたたき台として活用してください。演者さんが、稽古していく中で変更してオリジナルにしてくれます。みんつく一座もそうでした。
真似っ子から始めればいいんだと思います。
それよりも、こういう形で、認知症について理解してくださる人が拡がることの方が大切です。

そんなことを意見交換しながら、解散となりました。

解散後、名古屋市社協ボランティアセンターの担当者の方からも取材を受けました。

続けられるコツは?
完ぺきじゃなくていいんです。
一人一人の得意なことをすればいいのです。
楽しければ、みんなやめないで続けるものなのです。

ということで、
みんつく一座の公演は、11月にも2か所入りました!!

8月の定例会はお休みです。
9月の定例会は9月9日(木)14時からです。

平成27年度第4回ひまわりサロン

7月9日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成27年度第4回ひまわりサロンを開催しました。

本日の企画は、「子育てサロン紹介」の展示。

4

子どもたちの様子をスライドショーで上映しておりました。

2

そして13時から「歌とバイオリンの音楽会」を開催しました。

3

ひまわりサロンの雰囲気が、ガラッと変わりました。
バイオリンの音色。透き通るような歌声。夢のような時間を送りました。

さて、8月のひまサロは・・・8月6日(木)11時から14時です。
第1木曜日になりますのでご注意ください。
名古屋大学の学生さんと一緒にタブレットを楽しみます。
どうぞお楽しみに(^o^)丿

みんつく一座活動日記(20150705)

7月5日(日)、本日は、筒井学区ふれあい給食会の公演でした。
ふれあい給食会とは、65歳以上の独り暮らしを対象にした食事会のことです。
今回、余興として、みんつく一座の公演の依頼がありました。
今回と、次回の12日(日)と2回公演になります。
そして、演目は「買い物編」。
パワーポイントは使わず、また、難しいナレーションも止めて、寸劇としてみていただきました。

10時半に集合。
リハーサルをして、控室に戻ります。

本番は11時半。
かーん、かんかんかん。
「とざいとぉーーざぁーーい」。拍子木と口上の声が響き渡ります。
演者は、身が引き締まり、演技に熱が入ります。
みなさんからも笑い声が聞こえたり、楽しんでいただけたようです。

1

今回は、初出演の座員(職員)もおり、内心ドキドキのようでしたがあっという間に演技が終わりました。
その後、控室で、おいしくお弁当をいただきました。

参加者の皆さんは、時にはうなずき、見てくださいました。
ありがとうございました。

2

次回の稽古は、7月9日(木)2時からの定例会。
そして、7月12日(日)、筒井学区2回目公演です。