Monthly Archive for 9月, 2015

第3次地域福祉活動計画第15回みんつく会議報告 (20150924)

第15回みんつく会議が9月24日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

社協からの告知です。

まずは、いきいき支援センターから。

いきいきフェア1

いきいきフェア2

そして、「ひまわりサロン」のご案内

ひまサロ10月

で、ひき続き、9月15日に「福祉のつどい」のビデオ視聴です!!
みなさん、自分の出番が一生懸命でしたので、全体を通して見ていないので、とても興味津々です。

1IMG_3522

思わず拍手です。3つのグループが、3つのグループらしい報告でした。そして、全体像がメンバーと共有できたのが何よりでした。
その想いを抱きながらグループに分かれての討議です。今回は、時間があまりありませんが、新たなスタートとしての気持ちを話し合う機会となりました。

では、各グループの報告をします。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

「福祉のつどい」の感想と現在進行中の取り組みの意見交換をしました。
・回覧板の進捗状況
「評価版」が出来上がりました。その説明と回覧板名称を一考しました。
昔は、回覧板といえばお隣とのコミュケーションツールでした。現在は、直接お渡しすることがほとんどなくなり、玄関先やポストに入れておきます。これを機に、回覧板というものが情報提供の役割だけでなく、見直されるといいなと思います。
そのため、付加価値をどうするか?そんなことを今後の課題になりそうです。
そして、サロンについても、引き続き検討テーマに話し合っていきます。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」

「福祉のつどい」のビデオを見て、新たに課題の内容が整理できたこと。そして、「みんなでみんなを支えあう」というキャッチが、我がチームのスローガンになること。その意味でも、今回の報告で、会場の住民のみなさとの距離感が縮んだ感じがするという感想でした。

さて、今後「大人の学校」をめざしていくことになるのですが、とりあえず、今したいことをメンバーで出し合いました。妄想会議です。その内容をまとめつつ、「大人の学校」を立ち上げることを目標にしながら、そのプロセスを含め東区の住民をどう巻き込んでいくか。どう地域福祉を進めていくかを考えていこうということになりました。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

福祉のつどいでは、寸劇に加え「ボラコラボ」の整理をしたPPを活用できる工夫を考えること。また、町人ボラコを今後も紹介するにあたり、そのデーターベースを作成し活用できるという次なるステップができるよねという意見がありました。

また、助ける側からのシナリオに対して、上手に助けてもらいという側の視点でのシナリオ作成も是非して、発信していくことも必要だという意見がありました。そこで、町人ボラコさんが、お世話焼き。ですが、昔流のおせっかいではなく、新しいおせっかい。「新おせっかい」を提示できると参考になるのではという意見もありました。

最後に、新たなテーマに取り掛かることで「ボランティア」の活動きっかけづくりを考えますが、さて、ボランティアのハードルが高いという意見もあり、「ボランティア」と「地域福祉」とどう結びつけるかが、カギとなりますが、地域福祉は、人と関わる。人に関心を持つところから始まるという世話人の意見もありました。

以上
その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いましたが、上記の報告は、世話人会で話された内容も含まれています。

次回の開催は、
10月22日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎!!

第3次地域福祉活動計画第14回みんつく会議報告 (20150827)

第14回みんつく会議が8月27日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

そして、昼食後、世話人と職員で「世話人会」を開催しました。

報告は、報告書で。

14回報告

さあ、9月15日、「福祉のつどい」に向けて!!!

そして、次回の開催は、
9月24日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎!!

東区生活情報マッププロジェクト会議20150917

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

17回目は、9月17日(木)10時から開催しました。

新システムの紹介、他都市である佐賀県での事例を報告していただきました。

福祉のつどい2015の報告です

平成26年9月15日(火)、今日は、秋晴れ。
東区文化小劇場で、「福祉のつどい2015」を開催しました。少しご報告をいたします。

今回の「福祉のつどい」では、第1部を「東区第3次地域福祉計画」の進捗状況の報告。そして、第2部を「犬山寂光院松平實胤氏の講演会-人にやさしく 豊かな心をはぐくみには-」を行いました。

来賓の挨拶が終了し、第1部の始まりです。

2

3つのグループの取り組みの紹介を行いました。パワーポイントあり、寸劇ありのたのしい発表です。
その3つのグループをご紹介します。

第1グループは、「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループで、
グループ名を「平成となり組」といいます。

第2グループは、「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループで、
グループ名を「あいさんの会」といいます。

第3グループは、「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループで、
グループ名を「ボラコラボ」といいます。

無事に発表が終わり、恒例の♪ささえ愛♪の歌を会場の皆さんと一緒に歌いました。

1

毎年、福祉のつどいの東区地域福祉活動計画を報告しています。東区の皆さんとともに、進めていく計画です。まさしく「みんなで創ろうわがまちひがし」の計画です。
是非、「みんつくNEO」のメンバーになって、「みんつく会議」参加されませんか?

毎月第4木曜日の10時から、高岳げんき館1階の集会室で行われています。
9月は24日の木曜日10時からです。

福祉のつどい2015

今年も9月15日(火)「福祉のつどい」を開催します。

前半は、「みんつく」計画の取り組みをパワーポイントを使ったり、寸劇で演じて報告をします!!
お楽しみに!!!!!

無題

みんつく一座活動日記(20150910)

8月のみんつく一座の定例会はお休みしました

そして、9月10日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。
久しぶりの定例会。
事務局から、「みんつく一座」は注目の的だそうで、見学はもちろん、他区からの出演依頼もあります。という話から始まりました。

公演のお話が4つをご紹介します。
①11月11日(水)東区矢田学区ふれあい給食会「買い物」編
②11月24日(火)認知症サポーター養成講座(高岳げんき館)「つなぐ」編と「徘徊」改め「ひとり歩き」編
③12月2日(水)認知症サポーターフォローアップ講座(高岳げんき館)「つなぐ」編と「ひとり歩き」編
④平成28年2月29日(日)西区福祉課からの依頼 出し物はまだ未定

です。

本日は、その嬉しいお知らせと「みんつく一座」の稽古を録画してイベントで紹介できるようにしたいという気合の入る告知でした。

で、
3公演の出演の確認と、配役決めをしました。
次回定例会(第2木曜日)から、本格稽古に入ります。

10月の定例会は10月8日(木)午後2時からです。

座員募集中です!!見学歓迎です!!
東区社協へ問い合わせてくださいね。
【お問合せ】東区社会福祉協議会
電話932-8204 FAX932-9311

平成27年度第6回ひまわりサロン

9月10日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成27年度第6回ひまわりサロンを開催しました。

展示とプチ企画は「平和を考える」です!!
企画は「みんつく」です。
戦後70年、みんつくメンバーに戦争を体験をした方もいらっしゃるので、”みんなでトーク”も行いました。

9月平和を考える

展示はこんな感じです。

新聞の切り抜きから「平和の句」を中心に拡大コピーをして作成・展示しました。
隣のモニターからは、「昭和の名古屋」の映像が流れてきます。

3

4

そして、「平和の木」には、みなさんから言葉いただきました。

5

まだまだ、「平和」の果実を増やすために、社協の北玄関に貼りだしますので、「あ!この木か。」と思ってくださった方は、どうぞ、自分にとっての平和を書いて貼ってくださね。

午後1時。
みんつくメンバーの楠さんにお願いし、「平和」について考えるきっかけをいただきました。

6

楠さんは言いました。
「国(日本)のために”たたかう”ことは、とても大切なことです。だが、しかし、武器を使わずに”たたかう”ことを考えてほしい。」
そして、「戦争中の悲惨さには「ハデ」と「ジミ」があり、「ハデ」とは、「空襲や爆撃で死と隣わせになる恐怖」をいい、「ジミ」とは、暮らしでのたとえば食べ物が、少しずつ無くなっていくみじめさです。」と、淡々とお話になっています。

自由に、みなさんの意見なども交わしながら、こう続けます。

「あのころの教育は、戦争に向かっていく、国のために戦うことであり、誰も疑うことがなかった。そして、その教育は、洗脳として、徐々に、徐々に、浸透していったのです」と。

”平和ボケ”についても、「平和ボケで大いに結構。自分の意見を否定されず、言えることが大切です。」と。

「平和」「戦争」「教育」「洗脳」「選挙」「政治」「情報」「歴史」「命」「人権」・・・・。たくさんのキーワードが出てきました。

ここではうまくまとめることはできません。ただ、こういう対話できる場、みんなで考えていく場を作っていくことが必要なんだということを確認することができました。
戦後70年。遅すぎたかもしれませんが、ここから、始めて行きたいと思いました。
来年も、開催したいと思います。また、どこかで時間をとって、月1でもやりたいなと思っています。

さて、
次回ですが・・・・
そして、第7回になります10月のひまわりサロンは、「防災の豆知識」です。
展示も考えていますが、10月8日(木)午後1時から、みなさんと「防災」について考える時間を持ちたいと思います。