第3次地域福祉活動計画第17回みんつく会議報告 (20151126)

第17回みんつく会議が11月26日(木)10時から12時までみんつく会議が高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

社協からの告知です。
・11月9日に、東区生活支援連絡会議(協議体)を開催しました。(資料あり)
・東区特別支援教育作品展 11月25日(水)~29日(日)会場:市民ギャラリー矢田
・シルバー書身に作品展 12月2日(水)~4日(金)会場:東区役所講堂
・行き来支援センターから、「認知症サポーター徘徊模擬訓練」のご案内
→ 12月2日(水)2時40分~4時 みんつく一座の公演もあります

次に、各グループの討議が始まりました。

12時に終了後、午後1時から世話人会。
各グループの報告と情報共有を図ります。

では、各グループの報告です。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

今回は、コーヒーブレーク。
ということで、サロンを考えていく際に、実際にサロン仕立てを体験しました。
職員が挽いたコーヒーをいただきながら、お話を進めます。
そこで気づいたことは・・・・、
・主宰者、参加者、分け隔手が無くなることを意識したアイデア
・誰にも負担をかけない
・お茶を通して滑らかな話ができ、自分を開示する

ko-hi-

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」

宿題として、「大人の学校」で何をするかを報告。いくつかの提案の中で、今年度の3月に具体的にプレ「大人の学校」を実施を決定。
世話人会でのすり合わせでは、「ボラコラボ」チームの事業とも重なるところがあり、調整しながら事務局にて詰めていくことになりました。
「大人の学校」を進めるにあたり、誰をターゲットにし、何を伝えていくか・・・・。そこを絞りながら、プログラムを設定していきます。
次回の12月の定例会で提案していきます。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

1.福祉会館で生まれたボランティアグループ「高岳ハンサムダンディーズ」が地域活動を始めました。
2.町人ボラコの秘訣を伝える手段について
→ このブログでも「町人ボラコ便り」のページを創りました → 「町人ボラコ便りページ」
3.地域活動やボランティア活動のきっかけづくりについて考えました。
→ 「東ほっとネット」交流会において、一般参加者の方へプレゼンを行う交流会を提案

以上
その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いましたが、上記の報告は、世話人会で話された内容も含まれています。

次回の開催は、
12月24日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎!!

0 Responses to “第3次地域福祉活動計画第17回みんつく会議報告 (20151126)”


  • No Comments

Leave a Reply