Monthly Archive for 7月, 2016

第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告 (20160728)

平成28年7月の定例会≪みんつく会議≫が7月28日(木)10時から12時まで高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

社協からの連絡事項、先月の各グループの報告があった後、各グループの討議が始まりました。
12時に終了後、午後1時から世話人会。各グループの報告と情報共有を図ります。

では、各グループの報告です。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」
「美味しいコーヒー淹れ方講座(仮)」について、秋ごろ開催の予定で、チラシの確認をしました。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」
・7月24日実施の事業「映画を観て地域を語ろう!」についての振り返りを行いました。
その後、それを受けて、8月2日に開催する「おとなの学校1」の意見交換。
とりあえず、実験的な会になるので、焦らず、失敗を恐れず、楽しくやりましょうということになりました。
8月2日(火)午後1時半から3時まで。高岳げんき館1階です。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

・町人ボラコのボラコ便り第2・3号が出来上がりました。

町人ボラコ2

町人ボラコ3

後は、配架場所として喫茶店にお願いすることにします。
さて、町人ボラコの宣伝、広報についての意見交換をしました。

以上

その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いましたが、上記の報告は、世話人会で話された内容も含まれています。

世話人会では、各グループの報告以外に、
今後の世話人の選出として現在は一定の人になっています。
そこで、メンバーの方々に輪番で回り、1人の人に負担がないように各グループに提案してほしいという意見がでました。

次回の開催は、
8月25日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎!!

「映画を観て地域を語ろう会」開催

7月24日(日)、映画「みんなの学校」を観て地域を語ろう会を開催しました。
午前の部が36名。午後が39名。そして、「語ろう会」には20名の参加がありました。

午前の部は、9時半開場、10時開演にもかかわらず、会場前から5名ほどの方に並んでいただき、本当にありがとうございました。また、」午前の部は、東区以外の区や名古屋市以外の市からも来ていただきました、岐阜からの方もいらっしゃいました。まず、この映画「みんなの学校」の人気ぶりがうかがえました。また、ご自身の地域でも上映したいという形でいらっしゃった方もみえました。
そういう意味では、午前の部の開催は意義がったと思います。

そして、午後の部は、東区内から多くの参加があり、その後の語ろう会に引き続き20名の方が参加してくださいました。
ファシリテーターに、地域問題研究所の池田先生をお迎えし、1人ひとり語っていただく時間を取りながら、参加者のみなさんにとっての「みんなのまち」を考えました。
大切なキーワードとして以下の6つの言葉でまとめていただきました。
①「ごちゃまぜ」→ 共生・多様性を受け入れ違いを認め合うまち(みんなちがってみんないい」
②「「個」をつなぎみんなで」→ 点から線から面へ
③「自分事」→ みんなでつくる 大事にしよう当事者意識
④「居場所」→ 役割があり、地域で必要とされる 役割感
⑤「育ちあう」→ 学びあう 育ちあう 助けられ上手
⑥「丁寧に向き合う」→ 同じ方向をみて寄り添う(伴走型支援)

さあ、
次回は、8月2日(火)1時半から3時までの「おとなの学校」を開催します。
会場は、高岳げんき館1階
テーマは、「ふくしってだれのも」をおおくりします。
大人の学校は・・・。
①どの人も、どんな立場の人も「ごちゃまぜ」で参加できる場
②「個」をつなぐ場。
③1人ひとりが、自分事としてとらえる場
④それぞれに役割を感じる場
⑤みんなで学びあい育ちあう場
⑥そして、丁寧に傾聴し、対話し、寄り添う場
として、種を飛ばして、拡げて、面になって行けたらなと思います。

もちろん、どなたでも参加できます。

最後に、みなさんの映画の感想を抜粋します。
・感動しました! 
・勇気をもらった
・良い映画に出遭えて感謝!
・名古屋にも「みんなの学校」がほしい
・真の教育を感じます
・1人ひとりを認めて安心していられるところ=地域がつながるところが「ふくし」かな
・周りを巻き込むことが大切
・ノーマライぜーションの実現の原点はここにある
・地域で子どもを育てる
・子ども同士が支えあっている姿に感動!
・周りの大人も辛抱強く見守るしせいが素晴らしい
・自分にできることを考えたい
・自分は変われる!!
・もどかしさを感じるだけでなく動けるようになりたい
・困った子、人と思ったとき、思い出したい
・一瞬は本物。点と点をつないでいく視点を持てる大人に。
・これが現実 現実はもっともっとスサンでいます 格差社会
・「安心していらせる場所」どれほどあるだろうか?

映画をみたいなと思った方は、
上映会の仁手のHPがありますのでこちらを見てくださいね。
→ http://minna-movie.com/jyouei.php#chubu

東区生活情報マッププロジェクト20160721

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

27回目は、7月21日(木)10時~開催しました。

7月8日の民協会議の後で行われたタブレットの内容を確認しました。
・パネットあいちがメールで届く機能をつけ、チャット機能のハングアウトについての活用を説明しました
・事例対応を提示することで、民生委員さんへの情報提供をおこなう
・便利情報の蓄積について
・他、
について意見交換しました。

次回の例会は、
8月29日(月)10時~です。

映画を観て地域を語ろう会のお知らせ

さて、第3次地域福祉活動計画も3年目です。
そこで、「映画を観て地域を語ろう会」を開催する運びとなりました。

みんなの学校チラシ

見づらい方はこちらをクリック→http://www.higashi-fukushi.com/pdf/eigawomitechiiki_2016.pdf

そして、この映画で語り合いをしたことを機に、毎月語り合う時間を持ちたいと思います。
その名も、「おとなの学校」です。
観る映画の名前は、「みんなの学校」です。
みんなの学校」公式HPはこちら→http://minna-movie.com/
是非、観に来てください。
お待ちしています。

そして・・・・・・・・・・・・

おとなの学校」の第1回目は、
8月2日(火)の13時半から東区社会福祉協議会があります高岳げんき館1階にて始まります。

”福祉”は、身近かな問題です。
「今は関係ないや」なんて思っているかもしれませんが、実は、オギャーと生まれて、なんやかんやと、福祉と関係しているんですね。
地域で、お互いさまに助け合っているのも、地域福祉と言って、福祉の心があるからなんです。
身近な問題や課題は福祉と繋がっています。いずれ高齢者になり、1人暮らしなんてことも他人事ではありません。
事故にあって、障害者になることだってあります。
そんな時に、地域に理解があって、人生の至る様々な困りごとを共有していていれば、
「大丈夫、何とかなるよ。お互いに助け合おうよ。」という雰囲気になるはずです。

そんな”東区の未来”について語り合いましょう。
もちろん、映画を見られていない方も大丈夫です。

どんな東区で暮らしたいか。働きたいか。
それは、どんな街で暮らしたいか。働きたいか。と同じこと。
そして、どんな風に人生を送りたいか、その人生を送るために、何をしたらいいのか。
何をしたらいいのかを考える時に、何を知ったらいいのか。どんなことを知るといいのか。
あーだの、こーだの、みなさんと語り合い、自分にとっても、他の人にとっても、暮らしやすい、働きやすい、まちについて考えましょう。

みんつく一座活動日記(20160714)

7月14日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。

まず、今後の予定として、8月7日(日)開催の東区版認知症ケアパス啓発イベントの公演の稽古をしました。
こちらのチラシを見てくださいね。

当日は、若年認知症の本人の方のお話も聞くことができます。
是非、おいでください(^_-)-☆

東区認知症ケアパスイベント

次回は、
8月4日(木)14時から定例会です。

平成28年度第4回ひまわりサロン

7月14日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成28年度第4回ひまわりサロンを開催しました。

本日の展示は、筒井学区生きがいクラブの作品展です。
ネクタイで作った作品など。

1

そして、今日の午前中は、席が埋まるほどにぎわっていました。。

2

次回は、8月4日(木)11時から14時。
いつもでしたら、第2木曜日なんですが、
第1木曜日になります。
ご注意くださいね\(^o^)/