Monthly Archive for 8月, 2016

東区生活情報マッププロジェクト20160829

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

28回目は、8月29日(木)10時~開催しました。
・「プロジェクト目的の確認と今後」についての意見交換
葵学区の民生委員さん に納得してもらえる今後の展開、使っい理由 は?このプロジェクトが目指していると 、具体的な今後の展開などについて、確認しました。
今後の展開に関しても、アンケート案や新旧交代時にタブレットを活用していただけるように民協会議でのスケジュールどりについて確認しました。
民協会議は9月2日です。

そして、
次回の例会は、
9月26日(月)10時~です。

第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告 (20160825)

平成28年8月の定例会≪みんつく会議≫が8月25日(木)10時から12時まで高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

社協からの連絡事項、告知、先月の各グループの報告があった後、各グループの討議が始まりました。
連絡事項の中で、前回の世話人会で出された検討事項である世話人の輪番についての説明があり、各グループでの討議の中で最初に検討してほしいとの依頼がありました。
12時に終了後、午後1時から世話人会。各グループの報告と情報共有を図ります。

では、各グループの報告です。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」
「男性限定 美味しいコーヒー淹れ方講座」について、詳細決め。
10月から4回講座で開催します。チラシの確認をしましたので、もうすぐ、もうすぐ、ご案内できると思います。
今回は、定員男性に限り6名として、サロン活動につなげていこうと思います。

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」
・8月2日に開催の「おとなの学校1-ふくしはだれのもの」の振り返りから、「あいさんの会」のメンバーの役割を確認しました。
そして、第2回、以降のスケジュール確認をしました。
日程について決定(時間は各日とも13時半~15時)
第2回目9月6日(火)「新聞記事からみるふくし」をテーマにGWをしていきます。
第3回10月5日(水)
第4回11月2日(水)
第5回12月6日(火)
となり、
第6回目をオプションとして次回へつなげる交流会を開催することを決めました。
メンバーの「焦らず、継続は力なり」でやっていきましょう。で締めくくりました。

残りの時間で、高岳げんき館で気になる「点字ブロック」の上に自転車への案内を工夫しましょうという提案が事務局から出ました。
次回、この件も意見交換することになりました。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

・まず、計画の進捗状況を確認しました。
・そして、町人ボラコのボラコ便りの掲示依頼についての確認。
・テーマソングの調整をしました。
今後は、「町人ボラコ」がたくさん拡がるしかけを考えていきたいと思います。

以上

その後、いったん解散したのち、1時から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いましたが、上記の報告は、世話人会で話された内容も含まれています。

世話人会では、
まず、懸案事項であった「世話人会」の見直しについての意見集約が行われ、各グループとも、輪番OK 時間についても検討事項でOKとの報告があり、次々回から、実施していくことになりました。
そして、各グループの報告と意見交換。
最後は、毎年開催される「福祉のつどい」についての状況報告がありました。
開催は、1月か2月ごろを予定しています。詳細が決まりましたら、また、ご案内します。

次回の開催は、
9月29日(木)10時から 高岳げんき館1階集会室にて。

見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎です!!

みんつく一座活動日記(20160804)

8月4日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。

さっそく、8月7日(日)開催の東区版認知症ケアパス啓発イベントの公演の稽古をしました。
演目は「ひとり歩き編」と「つなぐ編」です。

こちらのチラシを見てくださいね。

東区認知症ケアパスイベント

当日は、若年認知症の本人の方のお話も聞くことができます。
是非、おいでください(^_-)-☆

平成28年度第5回ひまわりサロン

8月4日(木)11時~14時まで、高岳げんき館 1階研修室にて、平成28年度第⑤回ひまわりサロンを開催しました。

本日は、プチイベント「平和を考える」と題しまして、12時45分から約1時間ほど開催しました。

2

東区に在住の楠さんを迎え、終戦時は18歳。「戦争は決して華やかではない」というお話から入られました。

3

戦争はみじめです。2つの「みじめ」があります。1つは華やかなみじめさ。もう1つは失っていくみじめさ。
華やかなみじめさは、戦争で爆弾が落ちる。焼夷弾が落ちる。遠くから見れば、花火のような華やかさがある。しかし、その下では、悲鳴を上げ、泣き叫び、逃げ惑う人々、命を、身体を奪われ、家までも奪われていく。
もう1つの失うみじめさは、1歩1歩物はなくなる。1歩1歩食べ物が無くなる。1歩1歩物を云う自由が無くなる。

戦中と戦後の人々の暮らしを比べると、戦中は、1日ごとにひどくなり、防空壕で人が死に、次の日にはもっとひどくなっていった。戦後は、戦中より食べ物が不足し苦しかった。しかし、次の日にはもう少しよくなっていき、希望があった。
戦争中の食べ物を再現するが、本当はまずいものだった。

「戦争をしないのが平和」と言われるが、「平和のための戦争」という考えをする方もいる。
「平和を勝ち取るための戦争」「平和を守るための戦争」。はたして正しいのだろうか?答えはわからない。
と結ばれた。

参加者の中にも、「戦争がなければ平和か?」と考えた時に、今の日本では、戦争は行われていはいないが、子どもの貧困、虐待、いじめ、DV、など、暴力による息苦しさを感じている人たちが多いのは、なぜだろうか?という問いがあり、ある参加者は、「暴力では、解決しない」ということを学ばなければいけないと答えていた。

展示の中では、「トランクの中の日本」と題し、死んだ弟を焼き場に負ぶって連れてきた兄の食率不動の姿が目に焼き付きます。

この「平和を考える」は、まだまだ、考えることがたくさんあります。

また来年も、再来年も、毎年、8月のひまわりサロンでプチイベントとして開催していきたいと思います。

別ブースでは、「占い」をしていました。

1

次回は、9月8日(木)11時から14時。
午後12時45分ごろから、「防災」についてのプチイベントを開催します。

第1回おとなの学校20160802

8月2日(火)午後1時半から3時まで、高岳げんき館にて、第1回「おとなの学校」を開催しました。
テーマは、「ふくしってだれのも」。

参加者は、18名。2つのグループに分かれてすわりました。

まず、事務局から挨拶があり、「おとなの学校」での参加におけるルールの説明がありました。
1人ずつ自己紹介をしました。
そしてアイスブレーキングは、後出しじゃんけん。
視覚障害のある方が参加しており、最初の合言葉「後出しじゃん・けんじぇんけん・ぽい」の「ぽい」の掛け声では何を抱いたかわからにというご指摘をいただき、「後出しじゃんけん・じぇんけん・ぱー」と言って、次に出すものも声をだして「ちょき」という感じで、最初は、勝つもの。次に負けるものを出して、みなさんの笑いを誘いました。

さあ、
2つに分かれてのGWに入ります。
今回のテーマは、「ふくしはだれもの」ということで、
それぞれが「ふくしのイメージ」として、書き出し、B紙にまとめ、発表しました。

1

次回の第2回「おとなの学校」は、
9月6日(火)午後1時半から3時まで 高岳げんき館1階です。