第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告 (20170928)

平成29年9月の定例会≪みんつく会議≫が9月28日(木)10時から12時半まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

各グループ会議を11時15分までとし、11時半から12時半までは、世話人会で、各グループから当番で2名ずつ参加し、各グループの会議報告と意見交換を行いました。

まずは、社協からの告知。
・「おとなの学校2第3回」開催の告知
第3回小

・赤い羽根共同募金におけるドーム前での街頭募金は、11月26日(日)10時30分から

・車いす対応車貸出事業チラシ PRのご案内

・メンバーからの告知
「なごやご覧ティア楽集会」12月9日(土)10時30分~ の案内
こちらのHPに詳細が記載されています。どうぞ、ご覧ください。
http://www.nagoya-shakyo.jp/cms_data/common/news/info_img/03vgakusyukai.pdf

その後、各グループの報告がありました。

次に、各グループの報告から今後の進め方、世話人会での意見交換も含めて記します。

①「目標Ⅰ:新しい近所づきあいで地域力アップ」を担当するグループ「新しいご近所づきあいで地域力アップ」

2月に開催される福祉のつどいでの発表の中身を検討しました。
防災を切り口にして、ショートコントからのクイズ形式で客席に伝え、そしてスローガンでまとめる。という流れを決めました。
ショートコントのテーマは5つあって、①真夜中の防災 ②備蓄品 ③台所の危険性 ④独り暮らしの避難 5障害者の避難 を考えています。また、スローガンを標語にして、自分事として受け取られる工夫をしていきます。
世話人会では、標語の一部を白抜きにしてクイズにし、その言葉を考えてもらうというアイデアをいただきました。

6

②「目標Ⅱ:お互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」担当するグループ「あいさんの会」

まず、メンバーから、サロンカフェの案内がありました。
・北区大曽根で、来年4月からオープンする「わっぱの会」の大型店舗から、オープン記念イベントのお知らせがありました。
2017年10月7日(土)10時から15時まで。
・東区山口町にあります「おばた・わっぱーれやまぐち」で、Onedayカフェがのお知らせです。
2017年10月6日(金)13:00~16:00
・砂田橋大幸団地にてコミュニティーの実証実験が行われており、そのイベントの紹介です。
企業や大学が支援する、団地型コニュにティーの構築において、介護や障害者支援でもあるコロボックルが入ってイベントが10月9日に開催します。政策としても結びつく取り組みでもあり、注目です。

その後、「おとなの学校2」についてのふりかえりと今後の進め方について検討しました。
第2回目のまとめは写真の通りで、まとめをしたメンバーから説明がありました。

1

3

2

その中から、根底に共通する課題や問題点を探しだし、深めていくことができたらという意見が出ました。

第3回は、会場を市政資料館とし、テーマは第2回目と同じ「持ち寄りの新聞の切り抜き」での話し合いをします。

第3回小
そこで、第3回目もまとめをしたうえで、4回目は、共通する課題やテーマを提示して行きたいと思っています。

さて、参加者への周知ですが、そのことも課題として、どういう工夫で広げていけるか今後も話し合っていきたいと思っています。

残りの15分は、「助けて」と声に出せない現実を、事例の中から紹介し、どんなアプローチがあるか、「おとなの学校2」ともリンクしながら探っていく時間を創ることにしました。

③「目標Ⅲ:地域福祉を進めるうえでの担い手づくりと有効な仕掛けづくり」を担当するグループ「ボラコラボ」

ツイッタ―での「地域福祉活動」の宣伝や報告、周知などを具体的に写真で提示し、中身の検証をしました。

5

世話人会でも、まずは楽しく、多くの人に知ってもらう機会・ツールとして実施し、その後、「地域福祉」を進めるうえで、メッセージ性のある中身を考えて発信し、その先にある「東区に住む・学ぶ・働く人々が共生し、一人一人が幸せに暮らせる町」になっていくために、どう表現していくかを忘れないでほしいという意見がでました。

以上

その後、いったん解散したのち、11時半から「世話人会」を開催しました。
各グループの報告と意見交換を行いました。
報告は、上記の各グループの報告にプラスしてあります。

次回の開催は、
10月26日(木)9時半から 高岳げんき館1階集会室にて。
見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎です!!

0 Responses to “第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告 (20170928)”


  • No Comments

Leave a Reply