「福祉のつどい」開催報告

2018年2月1日(木)、東区文化小劇場にて、「福祉のつどい2017」を開催しました。

第1部は、東区における第3次地域福祉活動計画の進捗状況を3つのグループから報告です。

6

クイズ形式で参加型プレゼンをしたグループもありました。

3

そして、第2部は、元NHKアナウンサーの内多勝康氏を講師に迎え、「子どもたちが幸せに暮らせる地域を目指して」をテーマに約1時間お話していただきました。

5

4

NHK時代に社会福祉士の資格を取り、もみじの家のハウスマネージャーに。医療的ケアの必要な子どもたちのお話のお話でした。
もみじの家のリーフレットには、「重い病気の子どもと家族が、その人らしく生きられる社会を目指します」と明記されています。
「”その人らしく生きる”を支える」ことは、どんな立場の人にも大事なメッセージであり、そうである社会を創っていかなくてはいけないのだと、地域福祉を進めるうえで、再確認したお話でした。

第3次計画は、2018年に5年目を迎え最終年となります。
合わせて、第4次地域福祉活動計画を策定する年にもなります。

東区が「誰もが住みよいまち」になるように、東区民として、また、東区で働く立場として、みなと一緒に考え、行動していきませんか?
計画の策定をする作業委員を募集します!!!

0 Responses to “「福祉のつどい」開催報告”


  • No Comments

Leave a Reply