Monthly Archive for 3月, 2019

第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告(20190328)

平成30年度3月の定例会≪みんつく会議≫が3月28日(木)10時から12時半まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

実は、本日をもって、3次計画は終了を迎えましたので、今日の定例会は、お疲れ様会となりました。
岡田次長からあいさつがありまして、各グループのメンバーのそれぞれの振り返りをしていただきました。

1

2

3

そして、

第1グループが作成した防災啓発DVDを視聴しました。
とてもコンパクトに、わかりやすく、GOODな出来栄えです。

視聴の後は、皆さんでお弁当をほおばります。
各グループでねぎらいながら、自由なお話に花が咲きました。
泣いても笑っても最後の会合です。
皆さん、お疲れさまでした。

そして、

3次計画はいったん終了ではありますが、次の4次計画へバトンをつなげますので、このDVDも、何かしらの形で拡げるための策を練らねばいけません。
また、第2,3グループが行ってきた事業に関しても、方法は違っても、意思や意義は引き続きつなげていくこともしていってほしいとも思います。

メンバーの中にも、社協職員さんや行政職員の皆さん含めて、3次計画からかかわった方、1次計画策定からかかわった方、など、その都度の時期にかかわり、今こうして最後の日を迎えることができました。

地域福祉には終わりがありません!!
地域福祉は住民自治です。
そして、みんつくは、東区に住む人働く人すべてがメンバーだということを目指して前を進んでいきましょう!!

5年間、ありがとうございました!!

みんつく一座活動日記(20190314)

2012年9月に旗揚げしましたみんつく一座も6年半がたちました。
来年度の活動をどう進めるかを話し合いしました。

6年が長いかどうかはわかりませんが、「住民の皆さんに認知症を理解してもらおう」そして「認知症にやさしいまちー東区をめざそう」を目的に進めてきました。
①『ごはんはまだかね?」編 
②『買い物』編
③『徘徊』編
④『つなぐ』編
この4つの編を創作し演じてきました。

現在は、当事者の方のお話を聞いたり、認知症カフェができたりと、認知症に関しての理解を進める方法も多様になってきました。
そこで、今一度、みんつく一座としてどうしていくかも含め、定例会の持ち方なども考えました。

卒業される方、また、入会を希望される方がおられる中で、参加される方が楽しく実のある活動になるように2019年は見直しの期間となります。
そこで、定例会を年4回とし、みんつく一座の出演依頼があるときに声掛けをしてもらいけいこを積んで本番を迎える。。。みたいな恰好で行きます。

社協の職員さんと住民がウインウインの関係で、どちらにも力となるやり方を見つけるべく、1年を過ごしていけたらいいですね。

なので、とりあえず、2019年は4月の第2木曜日11日の午後2時からを定例会とし、職員の異動もあることから、集まったメンバーで話し合う予定です。

平成30年度第12回ひまわりサロン

平成30年度第12回ひまわりサロンが、3月14日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

展示企画として、生きがいクラブ東白壁の作品展です。

1

今日は、とても寒かったですね。けれど、近くの桜が満開なのと、やはり春になったので、人の出入が多くたくさんのパンが売れました。
よかった。よかった。

30年度のサロンは今日が最後です。そして、2019年度としましょう。5月で元号が変わるので平成31年度はやめておきます。
2019年度も、引き続き「ひまわりサロン」を開催します。

来年の日程表は、チラシで告知しました。

3

また、
展示企画なども募集することになりましたので、
東区社協までご連絡ください。

2

4

と、言うことで、
来月のひまわりサロンは・・・

2019年4月11日(木)11時~14時

です。