Archive for the '大人の学校' Category

第5回おとなの学校2(20171205)

昨年に開催しました「おとなの学校」に引き続き、今年も開催しました。
「おとなの学校2」の5回目=最終回です。

href=”http://higashinet.net/blog/mintuku/files/2017/11/第5回.jpg”>第5回

参加者は13名+市社協職員、東区職員です。
今回は最終回ということもあり、参加者全員が車座になり、WSを進めていきました。

3

まずは、アイスブレーキング。
司会者の職員が、考えてきたアイスブレーキングは、2006年2007年、2008年の流行語大賞の穴埋めでした。

4

その後、初参加者の方もいたので、「おとなの学校」の開校について話しました。
そして、参加者の方に、参加された動機について少し伺いました。

全員からは、「おとなの学校」に参加して思ったことを述べてもらいました。
その言葉を簡単にまとめてご紹介します。
・仕事を定年し、これからの生き方のモットーを「借りない、稼がない」とした。みんつく(東区地域福祉活動計画を進める住民ボランティア「みんなで創ろうわがまちひがし」の愛称)に入って、「福祉」について考え中。その中で、自分の考えられるテーマを「車いす」にした。生き方の指針として、骨惜しみないこととし、場に来られることが元気な源としている。
・みんなの中にいたい。社会の中で生きていたい。「ふくしは普通の生活だよ」ということに気づいてもらいたい。町内の中でいると違和感を感じたりする。
・35年住んでいても、自治会から声がかからない。いろいろなボランティアを通して福祉に関わっていることで、社会に役立っていると思う。
・「みんつく会議」は、自分の意見が出やすい。交通指導員から民生委員になり、色々な人と交流できている。
・自分のテーマが2つあり、①「ふくしって誰のもの」について知りたい。②仕事としても障害者についての意見を聞きたい。そして、地域包括ケア担当者として、どう連携し拡げて行けるか、考えていきたい。
・映画上映後に起こった相模原事件にショックを受けた。
・映画をきっかけに「おとなの学校」も面白そうと思い参加。自分一人だけだといらぬ心配をしてしまう。できるだけ人と交流することが大事。実際「障害」ってなんだろうと思う。人により稼ぐ人もいる。
・普通の中に防災があり福祉があると思う。いろいろな人がいることが当たり前。高度成長期から、障害者が分けられた。分けることがいいのだろうか?外国人問題も分けているから進まない。日本のはじでは?分けても解決しない。
・「認知症」って言葉が嫌い。「認知症カフェ」でなく単に「カフェ」でいいじゃないか。で、カフェにした。認知症でも当たり前に暮らせる!!そうしたい。
・認知症の人をどう応援したらいいかわからない。ここで知ることができて参加してよかった。(拍手)
・「認知症」について知ることが大事
・両親の認知症、身近に福祉を考えることがあり、そこから学んで、暮らしに生かすことができる。傾聴活動も。モチベーションがあると人は変わる。きょういく(今日、行くところ)ときょうよう(今日、用事があること)が大事。
・地域福祉活動計画も3次、15年目。しかし、会議の場では、「かわいそう」「大変」「お世話になりたくない」などの言葉を聞くと、対等な関係で支え合っていることができているか疑問と思い、人のマインド啓発をしなくてはと思い「おとなの学校」を企画。そして、「福祉を自分ごと」「私の問題は社会の問題」に気づくことであり、今日のような対話(ダイアログ)が大切であることが実感できた。対話をすることで生きるヒントがたくさんあり、自分が変わることができるのでは。
・父親の介護をしていた時に、「過去の父と今を比べるな!!」と肝に銘じた。母は、最期のコミュニケーションがうまくいかなかったことを今でも気にしている。周りの人が、いかに苦しまないように、と、考える中にヒントが。笑いながら伝え、相手を責めない、元気を出してもらうために、勇気と安心感を与えること。

最後に、今後、どんなことがしたいですか?という問いには、以下の意見が出されました。
・したいこと① 「障害者差別解消法」について知りたい。共有したい。広げたい。
・したいこと② 「認知症」になっても、ひとり歩きが当たり前になり、地域で当たり前に暮らせるために深めていきたい。
・したいこと③ 大人の車いす体験のほか、様々な障害のことを知る機会が欲しい。

そして、来年度も開催するとしたらみなさん参加してくださいますか?と質問したところ、全員が「参加します!!」と手を挙げてくれました。

2

自分のことを自分の言葉を探して話す。
そして、人の話に耳を傾け聴くことに集中する。
まさしくダイアログ=対話を体現した感覚を持ちました。
他人の言葉に自分の気持ちが動かされ変化する。
そんな時間を持ったような気がします。
来年が楽しみです。

「おとなの学校」に参加した下さった方々へ、今一度感謝いたします。<a

第4回おとなの学校2(20171107)

昨年に開催しました「おとなの学校」に引き続き、今年も開催しました。
「おとなの学校2」の4回目です。

3

11月7日(火)午後1時半から3時半まで、「気になる新聞記事持ち寄り座談会」を行いました。
会場は、3回目と同様、社協高岳げんき館から外へ出て、今回は、東区にある橦木館です。

1

2

参加者は、10名。
前回同様、今の気持ちの「顔」を選び、持ってきた新聞に見出しを伝えての自己紹介からはじめました。
その後、2つのグループに分け、自分の持ち寄った話題の場所に座り、GWを行いました。
それぞれのグループで、1人5分のプレゼンと時間までの対話を楽しみました。そして、全体のまとめをした後、代表が発表し、参加者全員で共有しました。
話題になったテーマは、
①第三の居場所「子ども食堂」(朝日)
②変えたい性別・戻したいのに(戸籍の再変更 高いハードル)(朝日)
③お墓、行く末どうすれば(朝日)
④少年と罪 ネットの魔力「安直な動機 高い代償」(中日)
⑤「不屈」の民主主義愛敬浩二(名大教授)(中日)
⑥病院がなくなっても幸せに暮らせる!夕張市のドクターが説く「医療崩壊のすすめ」
⑦「在学中の妊娠はもってのほか」ツイッタ―
⑧障害者の大量解雇 制度に不備救済急げ/福祉の理念欠く”素人経営“(中日)
⑨障害者と健常者の境目なくすのは私たちの意識(朝日)
⑩映画「まなぶ」
です。

5回目は、会場を名城大学ナゴヤドームキャンパス 地域連携ゾーンSHAKE です。
日時は、12月5日(火)午後1時半から行います。
第5回yake

第3回おとなの学校2(20171003)

昨年に開催しました「おとなの学校」に引き続き、今年も開催しました。
「おとなの学校2」の3回目です。

10月3日(火)午後1時半から3時半まで、「気になる新聞記事持ち寄り座談会」を行いました。
会場は、社協高岳げんき館から外へ出て、東区にある市政資料館の集会室です。

第3回小

参加者は、10名。
前回同様、自己紹介は、ボードの書かれている「顔」を選び、持ってきた新聞や話題提供を伝えました。

上がった話題を「高齢・障がい」「子ども・生き方」の2つのグループに分け、自分の持ち寄った話題の場所に座り、GWを行いました。
それぞれのグループで、1人5分のプレゼンと時間までの対話を楽しみました。そして、全体をまとめをした後、代表が発表し、参加者全員で共有しました。

それぞれの新聞記事のテーマは、
・杉浦直之さん、シンガーソングライター。「命はやわじゃない」がんサバイバーホノルルマラソンツアー2017開催
・子育て
・ひきこもりの居るお家の話
・中日新聞発言から「1命を尊く思う心育もう」「2安楽死で最期安らかに」「3雨の日学校休みにして」「4ITで人間今後も進化」
・子どもの育つみちすじ
・マンション高齢化時代 認知症 住民みんなで見守る
・免許返納者介護保険で送迎
・衆院解散 安倍政治を問う
・認知症関わり広げたい
・車イスについて(記事は前回と同じ)
・どうします?終の棲家「寂しさにむしばまれる」

残った時間で、第4回の進め方の提案をいただきました。

4回目は、会場を撞木館に移し、11月7日(火)午後1時半から行います。

第2回おとなの学校2(201700905)

昨年に開催しました「おとなの学校」に引き続き、今年も開催しました。
「おとなの学校2」の2回目です。

9月5日(火)午後1時半から3時半まで、高岳げんき館にて、「気になる新聞記事持ち寄り座談会」を行いました。

4

参加者は、17名。

1

まずは、自己紹介。ボードの書かれている「顔」を選び、持ってきた新聞や話題提供を伝えました。

3

次に、上がった話題を「高齢」「障がい」「子ども地域」と3つのグループに分け、自分の持ち寄った話題の場所に座り、GWを行いました。
それぞれのグループで、1人2分のプレゼン、3分の対話を行い、全体をまとめをした後、代表が5分程度で発表し、参加者全員で共有しました。
テーマは以下の内容です。
・高齢者詐欺の悪質な手口について
・認知症の啓発チラシ
・あの人に迫る
・ひきこもりのいるお家の話
・地域包括ケアプログラム  システム
・障害者配慮の社会道半ば 車イス男性、バニラエアに自力で搭乗
・車イスで快適乗車新型タクシー
・就労障害者69人解雇へ A型パドス
・多様な共生の相乗り 支え合い温かな社会を
・障害者に先入観
・「国際子ども学校」のニュースレター《クムスタ・カ》
・伝える気持ち育む絵日記
・「学校へ行かない」逃げじゃない
・家族「母ではなくて親になる」山崎ナオコーラさん 映画「ギフト」チラシ
・日本村100人の仲間たち

5

次回は、今回のGWをまとめ、それを元に進めていきたいと思います。
3回目は、会場を市政資料館に移し、10月3日(火)午後1時半から行います。

第3回小

第1回おとなの学校2(20170801)

昨年に開催しました「おとなの学校」に引き続き、今年も開催しました。
「おとなの学校2」です。

8月1日(火)午後1時半から3時半まで、高岳げんき館にて、「ふくしってだれのも」をテーマに開講です。

参加者は、17名。3つのグループに分かれてすわりました。

2

最初は、1人ずつ自己紹介。「今日の気分を顔で表すと」と言うことで、「顔シートが配られ」自分の今の心境を示します。
うきうき♪の人、汗だくの人、おすまし顔の人、怒りがおからのウキウキ顔、ハート目の人、17人が17通りの気持ちを発表しました。

1

その後、3つのグループで、本題の「ふくしと自分」について、語り合いました。
その後、自分シートに、語り合いの中から気づいた言葉や印象に残った言葉を記入し、グループの語り合いの発表を行い共有する時間を持ちました。
次回は、新聞を持ち寄り座談会を行います。

4

また、3回目からは会場を移します。
3回目は市政資料館。4回目は橦木館。5回目は名城大学ナゴヤドーム前キャンパス社会連携ゾーンshake。
何が飛びだしてくるか楽しみでもあります。

最後に、なぜ「おとなの学校」を開催するのか?「おとなの学校」って何をするところなのか?
これは、みんつくのメンバーでもありました野村文枝さんが、先月ご逝去されました。その野村さんのレポートの中に、こんな言葉を見つけました。
『社協が第一にすべきことは、住民ひとり一人が「ふくしは自分の生活問題に繋がっている」意識を啓発することではないでしょか。そうした働きかけを通して住民団体・事業所と社協の間に信頼関係が醸成され、それぞれが持つ特色や能力が発揮しつつ協働できるようになることを期待します』と。
この「おとなの学校」が、メンバーでもあった野村文枝さんの言葉をつないでいくプロジェクトになるように本気モードで行きます!!!

「ふくしは自分の生活問題」に繋がっているからこそ、みんなで考え、みんなが安心して暮らせる住民の関係性や地域の在り方を考え、最後は、みんなで形にしていくものを表現していきませんか。

5

第6回おとなの学校交流会

東区地域福祉活動計画第3次の事業として、「おとなの学校」が無事終了し、参加された方に連絡をして、12月22日(木)13時半~15時まで交流会を行いました。

一人の参加者の方の提案で、「好きな曲・本」を「心に残った曲・本」を紹介しながらお話を進めていきました。
一人ずつ、みなさんに思い出の曲や本があり、そのエピソードを聴きながら、参加された方々の人となりが伝わってきます。

4月以降の3次計画の4年目として、「おとなの学校」を開催していくことを約束して解散しました。

福祉教育は、大人も学ぶといいですね。
これこそ、大人としての生き方、人生を考えることにもつながります。

みなさんと再会できること、そして、新しい出会いに期待しつつ、どんなプログラムを提案していくかワクワクしてきます。

第4回&第5回おとなの学校

次回の第4回「おとなの学校」は、
11月2日(水)午後1時半から3時まで 高岳げんき館1階で開催しました。
テーマは、「新聞記事からみるふくしPart4」。

そして、最終回になる第5回「おとなの学校」は、12月6日(火)午後1時半から3時まで開催しましたまずは、第2回から4回までの新聞記事の項目を見ながら今までの振り返り。

matome3

matome4

2

3

4

そして、もう一度「ふくしは誰のもの?」を考え、

5

今後の展開について、何がしたいかを出し合いました。

交流会は、12月22日(木)13時半~15時です。

福祉学習サポーターフォローアップ講座でプレゼンします

ご報告します。

現在、名古屋市社会福祉協議会において、「福祉学習サポーター養成講座」において、各区社協に福祉学習サポーターを配置し、「フォローアップ講座」サポーターと区職員が参加しでします。
東区社協においても、3名の学習サポーターが誕生し、「ふっくん」というグループを創りました。

そこで、
11月14日(月)に、フォローアップ講座が開催するに当たり、みんつくグループ「あいさんの会」が取り組んでいる「おとなの学校」のプレゼンが依頼を受け、15分ほどの報告をしてきます。

第3回おとなの学校20161005

10月5日(水)午後1時半から3時まで、高岳げんき館にて、第3回「おとなの学校」を開催しました。
テーマは、「新聞記事からみるふくし」。

参加者は、10名+市社協職員+区社協職員で、2つのグループに分かれてすわりました。

先回(第2回)と同様に、新聞記事を使ったWSです。
タイムテーブルに沿って、それぞれ持ってきた新聞記事(持ってきていない人は、事務局で用意した記事から選びます)シートに従ってまとめていきます。
全グループで、簡単な自己紹介を行った後、グループに分かれて3分間スピーチ。
自分の記事を紹介します。

そして、グループ間での共有をするために、1分間スピーチです。
タイムキーパーは、社協事務局。

今回の取り上げられた各記事がこちら。

%e7%ac%ac3%e5%9b%9e

次回4回目も同様な作業を行っていきます。

今回のテーマ「ふくしってだれのもの?」に、繋がっていくこのWSをもう少し掘り下げながら参加者と一緒に考え、深め、そして広げていきたいと思っています。

次回の第4回「おとなの学校」は、
11月2日(水)午後1時半から3時まで 高岳げんき館1階です。
テーマは、「新聞記事からみるふくしPart4」
第5回:12月6日(火)13:30~15:00

第2回おとなの学校20160906

9月6日(火)午後1時半から3時まで、高岳げんき館にて、第2回「おとなの学校」を開催しました。
テーマは、「新聞記事からみるふくし」。

参加者は、15名。3つのグループに分かれてすわりました。

タイムテーブルに沿って、まずは自己紹介です。
15人全員が、簡単な自己紹介を行いました。

そして、グループワークに入ります。

持ち寄った新聞記事を、どう紹介するか手を加えたり、書き込んだりする時間が15分与えられました。
その間に、自分の考えをまとめます。
おや、プレゼンが始まっている班もありましたが、とりえず、各グループのやり方で。
そして、1人当たり3分で記事の紹介と2分の意見交換が行われました。
タイムキーパーは、社協事務局。

4

5分の休憩後、各新聞記事の感想や意見交換をしてグループとしての発表をします。

◆最初のグループの記事
①夏休みの子どもの居場所→学校の勉強って何だ? 
②祭りは地域の希望→防災につながる
③「優性」消えても残る偏見&相模原の事件&いじめ→いろいろな人がいることを認めるといいながら、同じでないとダメな社会
④障がいがあっても表現活動でいきいきと
⑤対象を絞らない子ども食堂でつながるしくみ
⑥戦前の友好の明石の人形を戦中に燃やせと校長が、できなかった少女に非国民とビンタ

「生きることを自分で決める」大事なことを、できない人が多い。価値観の押し付け?も怖い

◆次のグループの記事
①助けてと言える社会に(書籍)
②学校のいじめの対処をイベントではなく、日常のつながりの中で対応したい
③孤独な高齢者を支え10年 緑区の取り組み紹介

高齢者だけでなく、どの人の困りごとも、日常の活動の中でつながりをつくることができないか

◆最後のグループ
①障害があってよかった
②優生保護法が改正されても偏見のこる
③相模原事件27か国から追悼のメッセージ
④憲法
⑤ロボット介護どこまでできるのか?
⑥平和と憲法
⑦介護レンタルが価格変更→予算配分は正当なのか?
⑧社会福祉六法で、社協はどの項目を主体としているのか?
⑨豪雨などの災害

1時間半という時間が、あっという間に過ぎてしまった感じです。
15名の参加者が、どんな記事に関心があり考えているかを上記の新聞記事の内容で確認できます。また、3分という短い時間の中で、自分の考えを述べることも大変でしたが、そのメッセージから別の参加者は受け取る物があったと思います。
家族や友人との間で、なかなか話すことができないといった本音も聞かれ、社会問題や政治問題など「ふくし」につながる話題を気軽に話す機会がない中で、初めましてという関係もある参加者と意見交換できる大切な場であると認識しました。
これが「対話」という形で拡がって、多くの住民が、あちらこちらで「対話」し「生きる」ためのなにがしかの処方につながることが楽しみです。

次回の第3回「おとなの学校」は、
10月5日(水)午後1時半から3時まで 高岳げんき館1階です。
テーマは、「新聞記事からみるふくしPart2」

第4回:11月2日(水)13:30~15:00
第5回:12月6日(火)13:30~15:00

1

となりますので、是非、途中参加でもOKです。
なかなか、話せない、語れない、話題を「対話」という形でつくっていきませんか!!

終わってからも、参加者同士で話が続いています。

2