Archive for the '東区生活情報マップPJ' Category

Page 2 of 4

東区生活情報マッププロジェクト20160309

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

本日3月9日(火)は、学区民協会議での説明を行う第2回目です。
民協会議が終わり、11時から12時まで行いました。
今回は、写真を撮りました。

次回の定例会までに、相談会を持ちました。

東区生活情報マッププロジェクト20160218

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

22回目は、2月18日(木)10時から開催しました。

東区生活情報マッププロジェクト20160212

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

本日2月12日(金)は、学区民協会議での説明を行う日です。会議が終わり、11時半に、名大、社協とで実際にタブレットを数台持ち込み簡単な説明を行いました。
まずは、触ってもらう。
大事なこととして、タブレットを活用することで、民生委員さんにとって活動が少しでも効率的になったり、有効な情報が手に入ったり、ということを目指しているという想いを伝えました。

そこで、さっそく2月16日(火)10時から、社協において、ヒアリングを行うことになり、数名の民生委員さんが来てくれる感じです。

そして、 2月18日(木)10時から第22回の定例会を行います。

東区生活情報マッププロジェクト会議20160121

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

21回目は、1月21日(木)10時から開催しました。

2月12日(金)の学区民協会議での説明とお願いをするにあたり、いよいよ大詰めです。
説明資料として「ルールブック」の最終見直しの後、実証実験までのロードマップを確認しました。

東区生活情報マッププロジェクト会議20151221

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

20回目は、12月21日(月)午後1時から開催しました。

まず、区役所との打ち合わせの報告。
タブレットに入れる情報の提案。

次回は、21回。1月21日(木)10時からです。

東区生活情報マッププロジェクト20151217

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

今回は、12月17日(木)10時から、タブレットの運用ルールについてレクチャーを受けました。

東区生活情報マッププロジェクト会議20151116

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

19回目は、11月16日(月)午後1時から開催しました。

本日は、実証実験をするにあたり、正式プロジェクト名を決めました。
そして、大体の流れを確認しました。

次回は、12月21日(月)10時からですが、その前の12月17日(木)10時から、タブレットの運用ルールについてのレクチャーを行うことになりました。

東区生活情報マッププロジェクト会議201510

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

18回目は、10月日()時から開催しました。

東区生活情報マッププロジェクト会議20150917

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

17回目は、9月17日(木)10時から開催しました。

新システムの紹介、他都市である佐賀県での事例を報告していただきました。

東区生活情報マッププロジェクト会議20150820

第3次地域福祉活動計画の「目標Ⅱお互いさまの助け合い・相談の仕組みづくり」の「対応策№5-②生活のしづらさを抱えた人をさせるための福祉情報の蓄積・提供」を視野に入れた、「東区生活情報マッププロジェクト」の報告です。

16回目は、8月20日(木)10時から開催しました。

その前に、
前回の会議にて、参考に1期生の民生委員の方にヒアリングしようということで、8月7日(金)10時から、某学区の1期民生委員5名の方に来ていただき、どんなサポートを期待するかの意見交換をしました。
その結果を踏まえての会議となりました。

タブレットを活用してどんな支援の情報提供ができるか、報告とともに、具体的提案と意見交換です。
そして、次回の会議へと続きます。

次回は、17回。9月17日(木)10時からです。