平成30年度第5回ひまわりサロン

平成30年度第5回ひまわりサロンが、8月9日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

本日は、1つのイベントは、名古屋高校ボランティア部の生徒さんと一緒におりがみを折ろう!!という「おりがみ教室」の開催。
そして、もう1つは、8月ということで、「平和を考えよう 座談会」を13時から開催しました。

7

名古屋高校の生徒さんのミーティングが終わり、11時を迎えおりがみ教室です。

4

金魚、イルカ、ひまわりなど、を教えてもらいながら参加者で折っていきます。
2階が児童館、福祉会館ですから、出かけていって生徒さんを誘います。
すると、児童館ン委遊びに来た小学生の子どもたちがやってきます。
「手裏剣折れるよ」「セミも」などと、今度は子どもさんから教えてもらっています。

楽しい雰囲気の中、1時になると、ウクレレの音が・・・。
「平和を考えよう 座談会」が始まりました。

5

6

2

「「平和だな」って感じる時はどんな時?」という質問に、参加者みなさんが事得ていきます。
「ごはん食べているとき」「寝てる時」「友達といる時」「何事もなく1日が終わるとき」「夫と食事をしているとき」「ここに来れること」「家から出かけて地下鉄に乗るときに」「笑っているとき」などなど、いくつものこと絵が絵ってきます。
それでは・・、「じゃあ、その平和だなって思えることをつ透けるためには何が必要?」
という問いには・・・写真のような答えが。

1

その後、名古屋高校の皆さんが、中学生の修学旅行で、九州の知覧特攻平和会館に行った時の感じたことを聴きました。
そして、戦争体験をした90歳になる参加者の方から、戦争の悲惨さについて、原爆とか空爆とか華やかな悲惨さよりも、食べるものがない、寝るところがない、などの終わりがわからないみじめさの苦しみを忘れてはいけないというお話をいただきました。

8月15日は、日本が戦争に負けた日です。
今年で73年です。

次回のサロンは、
9月13日(木)11時から14時までです。

第3次地域福祉活動計画みんつく会議報告 (20180726)

平成29年年度7月の定例会≪みんつく会議≫が7月26日(木)10時から12時半まで、高岳げんき館1階集会室にて開催されました。

各グループ会議を11時までとし、11時15分から12時までは世話人会で各グループから当番で2名ずつ参加し、各グループの会議報告と意見交換を行いました。

今年は、第3次も5年目で最終年です。
また、来年4次計画を進めるために、4次計画策定も合わせて開催しています。

計画も、第1次から15年が経ちました。
「誰もが住みよいまちづくり」と銘打って、我がまち、東区の地域福祉を進めてきました。
10年ひと昔と言いますが、15年前と時代も環境も変化し、関わるボランティアも15年分歳をとって活動するリズムも変わってきました。
地域課題を解決するべく地域福祉をすすめ、誰も住みやすいまちをつくるために活動してきますが終わりはありません。
つまり、解決するものではないということかもしれません。
しかし、少しでも、自分の暮らす(住む)まちが、居心地良く、生きやすくなるためには、何が大事で、何を想像し創造するべきか、何を守り何を伝えていくのか、そろそろ、答えが出てもいい頃なのではないかとも思っています。
未来の子どもたちにとっても住みやすいまちになるために・・・。

次回の開催は、
2018年8月23日(木)9時半から 高岳げんき館1階集会室にて。
見学大歓迎!! 途中からの参加も大歓迎です!!

みんつく一座活動日記(20180712)

7月12日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。

平成30年度第4回ひまわりサロン

平成30年度第4回ひまわりサロンが、7月12日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

作品の展示会は、筒井生きがいクラブの皆さんの作品です。

2

そして、
午後1時からは、トライアングルクラブ協力の元、「レコードで聴く歌う・懐かしのポピュラーソング」を開催しました。

3

1

手動の蓄音機を持ってきてくださって、SP版、LP版の懐かしいレコードをみなさんで聴くことができました。

4

6

7

多くの方が参加され、楽しんで聴かれていました。

次回のサロンは、
8月9日(木)11時から14時までです。

おとなの学校3 第1回報告

7月3日(火)午後2時から3時半まで、名城大学地域連携ゾーンSHAKEにて、「おとなの学校3」の第1回を開催しました。

3

保健センター、福祉課職員、住民など12名の参加者がありました。
シートに、持ち寄った新聞の見出し、内容、選んだ理由を書き込む時間になり、みなさん、真剣に書き込んでいきます。

4

そして、自己紹介。
アイスブレーキングもかねて、今の気持ちと持ち寄った新聞の見出しを紹介しました。

6

グループ3つに分かれて意見交換です。
それぞれの新聞記事を紹介し、メンバーから意見をもらって進めていきます。

その後、グループごとにどんな意見が出たか発表していきます。

答えが出るものではありませんが、みなさんとの意見交換、対話を楽しみ、その方の関心事を自分事に受け取ったり、新聞記事から、福祉について考えてみたり、と、有意義な時間となりまいた。

第2回は、8月7日(火)午後2時から開催します。
会場は、同じ、名城大学地域連携ゾーンSHAKEになります。

みなさん、お誘いあわせの上、遊びに来てくださいね。

みんつく一座活動日記(20180614)

6月14日(木)、ひまわりサロンが終わった後、午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。

本日は、東区社協のツイッタ―にアップする動画を撮りました。
こちらでご紹介しています。
https://twitter.com/mintuku_higashi/status/1007151746022453249

次の定例会は、7月12日(木)午後2時からです。

平成30年度第3回ひまわりサロン

平成30年度第3回ひまわりサロンが、6月14日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

今月は報告が2つあります。

1つは、作品の展示会です。
東区の筒井コミセンと葵コミセンで、月に1度開催されています臨床美術を取り入れたサロン「のりーず」での作品が集まりました。
テーマも、「りんご」「ピーマン」「はたはた」「トマト」の4つあり、それぞれの技法も違うものでした。

1

2

3

どれも、1つとない作品です。

筒井コミセンでは毎月第3火曜日、葵コミセンでは毎月第3金曜日の午前中に開催しています。
参加してみたいなという方は、一度、東区社会福祉協議会に問い合わせしてください(電話番号932-8204)。
ご紹介します。

さて、もう1つは、フルート演奏会のご報告です。
6月10日の中日新聞市民版にもご紹介されていましたが、子育て中の親御さんのブラスバンド「フルール」のフルートユニットが演奏してくれました。

6

新聞の記事はこちらです。

7

いつもは、BGMはCDをかけていますが、この時間だけは生演奏です。
ディズニーの曲や、糸、など6曲演奏していただきました。

5

4

本当に素敵な時間をありがとう!!
ボランティアで参加してくださったその心意気にも感謝です。
また、聴かせてほしいです。

ツイッタ―でも演奏の一部をアップしていますので、是非観てください。
https://twitter.com/mintuku_higashi/status/1007088729020755968

次回のサロンは、
7月12日(木)11時から14時までです。

平成30年度第2回ひまわりサロン

平成30年度第2回ひまわりサロンが、5月10日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

季節的には、外に出やすい時期です。今日は、にぎやかです。
あちらこちらのテーブルで、パンをほおばり、コーヒーに舌鼓。そして、おしゃべり、笑い声が聞こえてきます。

4

パンもおいしい。
そして、サンワークさんのほうじ茶が、本当においしい。
「ほうじ茶ラテ」もおすすめです!!

3

さて、
展示コーナーでは、こんな感じでした。

1

2

第2木曜日11時から14時は「ひまわりサロン」!

是非、今後ともよろしくごひいきに!!

次回のサロンは、
6月14日(木)11時から14時までです。

みんつく一座活動日記(20180412)

平成24年度に結成されたみんつく一座は、☆2012年☆9月25日(火)『福祉のつどい2012』東文化小劇場でデビューしました。
指折り数えると、もうすぐ7年目になります。
どうぞ、今年度もよろしくおねがいします。

さて、ひまわりサロンが終了した後、4月12日(木)午後2時からみんつく一座の定例会を行いました。
新年度で、職員の異動がありましたので、担当者の紹介がありました。
みんつく一座のメンバーも新旧入れ替わり、初心に戻って取り組んでいきたいなと考えています。

みんつく一座は、認知症になっても安心して暮らせる町、認知症を理解し助け合える人づくりの啓発に取り組む目的をもう一度確認しないといけません。
次の定例会は、5月10日(木)午後2時からです。

平成30年度第1回ひまわりサロン

新しい年度になりました。
平成30年度第1回ひまわりサロンが、4月12日(木)11時~14時まで、高岳げんき館1階研修室にて開催されました。

第1回ということで、「高岳げんき館」のご紹介コーナーをつくりました。

1

今年度最初ということで、なぜ「ひまわりサロン」を開設することになったのかおさらいをしてみることにします。

◆経緯
平成22年に、第2次地域福祉活動計画の1つの目標「誰もが出会える交流の場づくり」の事業として、毎月第2木曜日に1階集会室を使って、障がいがある方や子育て中の親子などだれもが気軽に立ち寄れる「サロン」を実施することになりました。
今年で9年目ということになります。

◆ひまわりサロンを活用して地域福祉を進めるためのねらい(目的)
①人と人が出会いつながる場
・知り合いが増えることで、安否確認、助け合い、支え合いの関係性ができる。
・活動範囲、生き方の幅が広がる。次なる活動、生きがいの場への展開。
・世の中には、いろいろな立場の人がいるという理解と、そして立場を分かり合える時間が過ごせる。(障がいがある人と出会うことは、その人の障がいについての理解とその人と対等に接することができるようになってくる。)
 
②親しまれる社会福祉協議会(児童館・福祉会館含む)として、東区の住民すべての人に知ってもらう。
・社協を知ってもらうことで、暮らす上での困りごとを相談できる。(認知症、介護、1人暮らし、子育てなど)
・地域福祉への関心、「自分たちのまちは自分たちで支えよう」という意識に変化していく。
・地域福祉を担う人の人材発掘、人材育成。すなわち、自立した住民が増える。

◆参加者の位置づけ(4段階)

サロン位置づけ小

◆環境整備
上記の狙いや作用が確立するために、環境整備の工夫をしています。
・サンワークさん喫茶コーナー、ベーカリーひまわりさんのパン販売。
・本のリサイクルコーナー
・展示コーナー
・プチイベント(時々開催)
・占いコーナー

この占いは、ここ2年前くらいから始まりました。

2

それでは、今年度も、様々な展示やプチイベントを考えていますので・・・・

第2木曜日11時から14時は「ひまわりサロン」!

是非、今後ともよろしくごひいきに!!

次回のサロンは、
5月10日(木)11時から14時までです。