年末年始の行事

平成22年も余すところ半月になりました。
中之切では12月26日に「大払いの儀」を行い人型に切った紙の人形
を体に当て健康を祈ります、その後門松としめ縄作りを行います。
大晦日には、午後11時から年越しを行い、参拝者にお神酒とぜんざい
を振舞います。
東之切や西之切も年末年始にかけて、餅つきや色々な行事を行います。
                       

                      西之切の餅つき風景

元老会

出来町3町の元老会が12月6日に行われました。
来年度の当番の東之切が中心になり、来年6月の出来町天王祭のコースの
案が検討されました。

大山車まつり慰労会

成功裏に終了した大山車まつりの興奮が冷めやらぬ、10月30日名駅
前のキャッスルプラザにおいて、参加した13輌の関係者が集い、お酒を
酌み交わしながら時間がたつのも忘れて、まつり談義の花を咲かせてい
ました。

大山車まつり

10月16日好天の中、100年の一度の大山車まつりが開催されました。
9時20分に9輌の山車が若宮八幡宮の境内に集結し、沢山の見物人が
見守る中各車は本殿前に進みからくりを奉納した後、緑区の4輌を合わせ
た13輌の山車が、江戸時代のメインストリートの本町通りを優雅に北進し
東照宮に答例しました。
点灯後、那古野神社に答礼した後、名古屋城正門前の駐車場に9輌が向
き合い、提灯を付けてからくりを披露した後、鹿子神車の落合元老の音頭
で手締めを行い大山車まつりが成功裏に終了しました。  
                                 
                                    提供:novaさん

棒締め

10月3日心配していた天気も晴れ、大山車まつりに向けて河水車
と王羲之車の2輌の山車の棒締めが行われました。鹿子神車は10
日に行われます。

最後の打ち合わせ

1か月余に迫った名古屋開府400年祭大山車まつりに向けて、9月19日に
最後の打ち合わせ会が若宮八幡神社で行われます。
当日の現場責任者を含め各山車から5名の参加が出席して、最終の打ち合
わせをすると思います。

虫干し

今年の虫干しは事情があって、西之切は7月25日、中之切と東之切は
8月1日行われました。両日とも猛暑の中の虫干しでした。

名古屋まつり わらべうた

昔の東照宮祭と若宮八幡宮の祇園祭で曳き出された山車のからくりを、織り
込んだ、わらべうた(監修 末松良一氏)が手に入りましたので掲載します。

                            音声入り動画 名古屋まつりわらべうた

雨中の灯し上げ

去年までは梅雨の最中にも関わらず、不思議なくらい好天に恵まれていま
したが、十数年ぶりの雨中での灯し上げになりました。各奉賛会とも工夫を
凝らして行われたようです。

      

灯し上げ

市内では昔から出来町の3輌の山車町内だけが行っている行事で、6月15日
の夜に屋外にそれぞれが提灯で「古」、「中」、「西」の字を作り、お囃子を演奏す
る行事です。
本来は3社の親神様である津島神社の天王祭に合わせ、旧暦の6月15日に提
提を付け、お囃子を演奏して祝う行事だといわれていますが、現在は新暦の6月1
5日に行っています。
天気予報は雨の心配がありますが、雨の場合は中之切では山車蔵の中で「中」
を作り実施します。