昔を語る銘板 (No.4)

By , 2017年9月18日 9:45 PM

徳川園 徳川町
徳川園黒門を入ったすぐ右手に銘板があり、「尾張徳川家大曾根邸/明治末期の風景」と題して明治末期の様子が伺える貴重な写真が掲載されています。徳川園は尾張二代藩主徳川光友が元禄8年(1695)に自らの隠居所大曾根屋敷を造営したことを起源としています。当時の敷地は13万坪、庭園内の泉水には16挺立の舟を浮かべたといわれています。明治23年(1890)尾張十八代当主義礼(よしあきら)が大曾根邸を新築し、明治33年(1900)には侯爵邸に相応しい規模に改築、尾張徳川家の本邸としました。昭和6年(1931)尾張十九代義親(よしちか)は大曾根邸の当時の敷地約9千坪と建物を名古屋市に寄贈、市は翌年「徳川園」として公開しましたが第二次世界大戦によりほとんどの建物や樹林を焼失しました。現在の黒門と脇長屋一帯は焼失を免れた貴重な建物です。
この銘板は東区役所と同時に平成27年3月に設置されました。

IMG_0809銘板全景 IMG_0812地図
 左通路を左に入ると徳川園の庭園   明治期と現在の徳川園の敷地の違いがわかる
この上でクリックすると拡大されます
IMG_0803銘板縮小 IMG_0807つるべ
  銘板右上の写真につるべ井戸が写っています
この上でクリックすると拡大されます
  焼失を免れ 現在も同じ位置にあるつるべ井戸

★参考資料 ひがし見聞録・徳川園パンフレット・銘板案内

 

昔を語る銘板 (No.3)

By , 2017年9月4日 3:16 PM

東区役所前 筒井一丁目
東区役所前の銘板は「明倫中学校と東区役所」と題して大正、昭和の風景を取り上げています。この一帯は慶安4年(1651)尾張二代藩主徳川光友が父義直公の菩提を弔うため建立した建中寺の境内で創建当時は約5万坪、周囲に石垣と溝(小さな堀)をめぐらす厳重な構えで壮大な三門、本堂を有するものでした。銘板の左手(西側)は区役所前を山口町へ南北に通じる道路で江戸期からある道路です。明治になってこの道路の西側に明倫中学校が新設されました。現在は愛知県立愛知商業高校となり、左上の写真の道路左側に見ることが出来ます。大正年間には建中寺の西側と南側には学校、警察署、消防署が出来、昭和に入ってもその様子を留めていました。

IMG_0533銘板全体 IMG_0534銘板アップ
銘板の左(西側)の道路は江戸期からある道路。
その左は県立愛知商業高校
 この銘板は東区役所駐輪場辺りにあります。
IMG_0556切り抜き明倫中学校 明倫中学校(昭和4年に新設された校舎の写真)
明倫中学校は尾張徳川家18代徳川義礼(よしあきら)により藩校明倫堂を継承し、明治33年(1900)私立明中学校が開設されました。昭和23年(1948)学校統合により、愛知県立高等女学校と合併して明和高校となり現在の東区白壁二丁目に移転しました。
昭和27年には愛知県立愛知商業高校が現在地に移転しました。
★写真の上でクリックすると説明文が読めます。
IMG_0536切り抜き 東区役所  

布池町にあった前東区役所
(大正15年~昭和45年)
東区役所は明治41年(1908)東区施行の折には西蓮寺(現東桜二丁目)に開設されました。
翌年布池町に庁舎を移転、大正15年には写真で見るようなモダンな庁舎が完成。昭和45年には現在地に新築移転しました。
★銘板の写真を切り取ったものです。クリックすると説明文が読めます。

昔を語る銘板 (No.2)

By , 2017年8月23日 8:55 PM

ヤマザキマザック美術館前 葵1丁目
二つ目の銘板は新栄にあるヤマザキマザック美術館南敷地内にあり、地下鉄東山線1番出口前で非常に分かりやすい位置に設置されています。No.1で紹介した同じ平成27年3月に設置されたことが記されています。江戸時代には尾張二代藩主徳川光友が1679年(延宝7年)に造営した別邸「御下屋敷(おしたやしき)」がこのヤマザキマザック美術館がある葵1丁目から北東にかけて6万4千坪の広大な敷地がありました。御下屋敷は光友の休息と饗応(きょうおう)の場として造営されましたが、代々の藩主によってそれぞれの時代と好みを反映した手が加えられています。明治になって屋敷一帯の建物が壊され水田の広がる一帯となりました。それでも明治末期には御下屋敷の南半分の葵町一帯は官地となり、周囲には民家や工場が立ち並びはじめていました。この銘板には明治末期の葵町の自然豊かな田園風景と「佐々養蜂園」と読める写真が掲載されています。説明には現在の新栄交差点から小川町付近を写したものと記されています。

DSC_2534新栄銘板 全景 DSC_2533名盤全体
IMG_養蜂園 IMG_0522御下屋敷地図
IMG_0521説明文 ★右中央「明治末期と現在の地図」は御下屋敷のあった位置がグリンで現されています。
★左の中央は銘板にある写真を切り取りしました
明治44年の葵町の風景です。
銘板の位置から西北西を見ると「佐々養蜂園」と水田が広がっています。
★左下は写真の説明文です。クリックすると文字が読めます。

★参考資料 ひがし見聞録、 文化財標識

昔を語る銘板 (No.1)

By , 2017年8月12日 9:17 PM

オアシス21 東桜一丁目
★新しいシリーズでご紹介する銘板は名古屋市の事業として地域の歴史や文化に触れる機会を提供しようと市内に設置したものです。東区内では2014年に初めて設置され、5カ所あります。順次紹介しますが前シリーズ「町並みの移り変わり」の元となる明治・大正・昭和からの変化を写真で偲ぶことが出来ます。

オアシス21、愛知芸術文化センター、NHK名古屋放送局、テレビ塔、栄バスターミナルなどがある一帯は進化した情報、文化、芸術の発信地となり、未来型立体都市公園となり市民の憩いの場所となっています。
江戸時代この一帯は名古屋城の南の外れで広い敷地を持つ武家屋敷が立ち並んでいました。明治の初めには屋敷跡に測候所、県庁、警察署、消防署、学校(県一高女)などの公共施設となり、昭和に入ってからも官公庁の立ち並ぶ一角でした。しかしながら第二次世界大戦によりすべて焦土と化してしまいました。戦後はその空き地に愛知県文化会館、栄公園が造成され、北にはNHK社屋、南には錦通り、西には久屋大通が造成され、テレビ塔も建ち昭和30年代には文化情報の発信地となりました、平成に入り建造物の建て替え、バスターミナル、オアシス21が建造され現在の栄一帯となっています。銘板では明治期の測候所、愛知県一高女、愛知県庁の写真と地図で移り変わりの様子が説明がされています。

 IMG_0506おあしす21銘板スマホ DSC03314オアシス21銘板
  後ろは愛知芸術文化センター   明治期の様子を現した写真と説明文のある銘板
 IMG_0500測候所切り抜き サイズ調整  IMG_0503県一高女切り抜きサイズ調整
  銘板から切り抜き
 明治23年建造された愛知県測候所
 現在のNHK名古屋放送センターの辺り
写真をクリックすると説明文が読めます
  銘板から切り抜き
 明治36年建造された愛知県立高等女学校
 現在の愛知芸術文化センター辺り
写真をクリックすると説明文が読めます

★参考資料 ひがし見聞録、中日新聞記事(2017年2月3日)

町並みの移り変わり(No.9)

By , 2017年7月30日 5:23 PM

東寺町界隈の移り変わり  東桜2丁目
慶長15年(1610)頃から名古屋城築城と共に清須より名古屋に城の防衛上多くの寺院が移され、東区では旧松山町に曹洞宗の寺が配置されたことから禅寺町、その東側は日蓮宗の寺を配置、法華寺町(ほっけてらまち)と称し飯田街道の守りとしました。東桜周辺には40ケ寺が配置されました。詳しくはこのブログの中で発信した「東寺町を歩こう!」をご覧ください。
この一帯は昭和20年の戦災で多くの寺を焼失、又戦災復興による墓地の移転、道路の拡張などで姿を変えつつも一部、江戸期の山門を残している寺もあります。最近は広い敷地の一部がビル、貸駐車場となり再び町並みが変わっていくようです。No.8で紹介した「貞祖院」の隣接地にもマンションが建築中と東区の町並みの移り変わりは止められません。ここでは清須越によって法華寺町に移転し、その後昭和30年代に建てかえられた日蓮宗の寺を三ヶ所取り上げました。山門を取り壊して駐車場とした寺、山門だけは残して境内を駐車場と鉄筋の本堂と変えた寺、歴史は常に動いているのでしょう。

CIMG0219真柳寺縮小 DSC03295本要寺駐車場縮小
錦通り北と法華寺町に面した真柳寺(日蓮宗)山門 山門が取り壊され、車が入っている。右に塀の名残を見る
CIMG0217法華寺山門工事中 DSC03298法華寺縮小
真柳寺の向えにある法華寺、駐車場造営のための工事中  駐車場となった敷地、同じ右に標識がある
DSC03300本要寺山門縮小 DSC03301本要寺山門内縮小内
寺の重みを感じる山門が残されている本要寺 山門の奥に造られた駐車場、左に鉄筋の本堂が見える

★参考 「ひがし見聞録 東区の歴史

町並みの移り変わり (No.8)

By , 2017年7月15日 9:13 PM

貞祖院南の空き地 泉三丁目
貞祖院は徳川家康の四男、松平忠吉の位牌所として建立され17世紀中頃までに清須越により現在地に移転した浄土宗の寺です。現存する本堂は明治5年に建中寺にあった霊廟の一つを譲り受けたものです。昭和20年の空襲にもこの一帯のほんの一部だけが焼け残り、今では本堂のみが当時の姿を残しています。戦後本堂南にあった墓地も都市計画により昭和32年までに東部丘陵地へ移転が完了、南の道路も拡幅されました。この本堂南には木造の家々が立ち並びましたがその後しばらく空き地、駐車場へと変わっていきました。その度毎に境内も狭くなり、昭和38年からは本堂奥の西にも道路が出来、オオカンサクラの植栽もされ、今日では市内でいち早く咲く桜の並木道として知られています。住所表示もかつては舎人町、今では泉三丁目となりました。
戦災で焼け残った一帯はこうして変わっていくばかりです。昨年からは広い駐車場もマンション工事が始まりNo.7で紹介した記事と同様、東区のこの辺りは広い土地があればマンション化となるのが常のようです。ここには地上15階のマンションが来年4月完成ということで又もやマンション化する町となるようです。

貞祖院
DSC05291本堂
    山門を入り奥にある本堂、東向きにある
DSC03289マンション建設 image1貞祖院南道路
  中央は山門、その右が本堂   南の道路から北へ、塀の終わりが貞祖院

★参考資料 ひがし見聞録  東区の歴史  都市計画地図 住宅地図

 

町並みの移り変わり (N0.7)

By , 2017年7月4日 8:51 PM

 「薬石碑」 平田町(へいでんちょう)交差点西  相生町33
平田町交差点の南北の道は国道19号線、片側4車線の広い道路です。そのすぐ西に並行して北へ行く道は現在の相生町、かつては善光寺街道の一部でした。今では旧街道の名残を残す貴重な道路です。外堀通り線を北の相生町すぐの敷地内に「薬石碑」がありました。明治の頃より名鉄小牧駅前の街道筋に薬の宣伝用として建てられていたそうです。三重県の薬業者「あかなべ」から薬を取り寄せ、小牧駅前で薬問屋を営んでいました。今でいう宣伝用の看板が街道筋にあったわけです。ここで働いていた方が名古屋に移って来た時この石碑を譲り受け昭和44年現在の敷地に移転、片隅に建てられました。
昨年この辺りの民家が空き家となっていたのでマンションが建設されることになりました。地上18階の高層ビルが4棟も建設されるようで完成は2年後です。「薬石碑」も昨年末取り払われ、しばらく西の駐車場に寝かされていました。建設が進んだ現在駐車場もマンションの敷地となり今や石碑の所在も分かりません。旧街道にあった「薬石碑」も見ることは叶わなくなりました。

旧善光寺街道
DSC03291工事現場縮小
 旧善光寺街道  マンション建設中のフェンス右に「薬石碑」があった
DSC03041あかなべはらくすり縮小 DSC02544井藤半助
東面に  かつてこのように設置されていた   駐車場に寝かされていた時。 下の方に「伊藤半助製」と読める

速報 町並みの移り変わり (No.6)

By , 2017年6月26日 10:35 PM

旧豊田利三郎邸跡
5月3日No.1で旧豊田利三郎邸跡をご紹介しました。今日偶然、旧利三郎邸前を通ったら工事中ですでに芝生が貼られた広い敷地の周囲にわずかの植栽が施されていました。今まであった東の塀は取り壊され、新しい塀が設置されるようです。現在取り壊された塀から内部をしっかり見ることが出来るチャンスのようです。白壁町に面した西の入口(現在は工事車両の出入り口)にも塀が設けられ、やはり中を見ることが出来ないと工事責任者から伺いました。マンション前にあった石碑は昭和60年マンションが出来た折記念に設置されましたが、北東隅に追いやられたようです。今しかこの光景は見られないと速報としました。ご興味のある方は東の塀が設置される前に是非お出かけ下さい。それにしても白壁町の町並みはマンションがなくなりすっきりしましたが、折角の広い芝生広場を通られた多くの方に見て頂いても良いのではないかと思います。

IMG_0368利三郎邸工事、芝生 IMG_0376芝生広場
 西から見た内部、芝生が貼られている   1000坪程ある敷地全面に芝生が貼られた
IMG_0372東側面 IMG_0374石碑
 東から見た薬医門、この東面に塀が設置される   植栽の隙間から見える石碑、ここに塀が設置される

町並みの移り変わり(No.5)

By , 2017年6月11日 10:45 AM

国家公務員合同宿舎 橦木住宅
名古屋市市政資料館を東へ100m程行くと主税町公園があります。東区のこの辺りは明治から昭和にかけて多くの絵付け工場や陶磁器輸出業者が軒を連ねていました。主税町公園一帯は明治期には森村組絵付け工場があった跡地です。森村組は創始者である森村市左衛門が明治9年に創業した現在の森村グループ(ノリタケカンパニーリミテッド、TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業、大蔵陶園、森村商事)で明治29年頃には現主税町公園の南の敷地(国家公務員合同宿舎)も合わせて3,660坪の絵付け工場がありました。明治37年には西区鷹馬村則武に日本陶器を設立、工場も移転しました。
大正、昭和になり跡地は少しづつ民家となり、主税町公園は昭和45年に現在のような公園となりました。南の敷地(橦木町1丁目)には国家公務員合同宿舎、橦木住宅が出来ました。1230坪の敷地は昨年2月には一般競争入札売却の掲示がありましたが、今年になり数棟あった宿舎が取り壊され更地となりました。今度はフェンスにマンションの広告が出され又、町並みが変わるようです。江戸時代は武家屋敷、明治、大正は絵付け工場、昭和には民家、平成にはマンションとこの一帯は移り変わりました。やはり歴史は動いているのでしょう。
★参考資料 ノリタケグループ資料、森村市左衛門

主税町公園
DSC03047売地橦木町2
DSC02986公務員宿舎 DSC02982主税町公園から宿舎跡地
 南の橦木町から見た国家公務員宿舎跡地 北の主税町公園から更地となった公務員宿舎を上から見る

町並みの移り変わり (No.4)

By , 2017年6月1日 9:22 AM

旧カトリック主税町教会「ルルドの洞窟」
町並み保存地区である橦木町の北は主税町です。国道41号線(空港線)とこの主税町が交わる南東角に旧カトリック主税町教会(現カトリック主税町記念聖堂)があります。No.3で紹介した「大森家住宅」とは背中合わせとなります。明治20年(1887)名古屋で初めて造られた教会で東海三県下では最も古い教会でした。何度も修復された教会は平成26年まで結婚式も行われていましたが、その機能を閉じ礼拝堂だけ保存されました。敷地内には昭和2年に設立された聖母幼稚園がありましたが、平成19年に80年の歴史を閉じました。園庭の片隅には「ルルドの洞窟」があります。フランス、ピレネー山脈の麓にあるキリスト教徒の聖地「ルルド」を模して明治42年造られました。沢山の木々に覆われた洞窟内には聖母マリア像を祀り、洞窟内には雨水が雫となって流れ落ちていた時代もありました。小高い山はまさに自然の洞窟のようでした。ところが今年になってうっそうとしたルルドの洞窟を覆っていた木々が沢山切られ、急に明るくなり切り株の目立つ小山と化してしまいました。大きくなった木が枝を伸ばし、近隣の住宅に落ち葉となり迷惑をかけていたといいます。いつまでも同じ姿を留めるのは無理なのでしょう。

DSC01858旧全景 CIMG9289マリア像
 現カトリック主税町記念聖堂  ルルドの洞窟内の生母マリア像
DSC02958新ルルド DSC02955ルルド背面
 洞窟というよりも小山となり、明るくなってしまった   洞窟背後には樹木の切り株が目立つ

 

 

Panorama Theme by Themocracy