東寺町を歩こう! 4照遠寺(しょうおんじ)

By , 2010年12月10日 7:34 PM

妙長山 照遠寺(日蓮宗)東桜二丁目、旧小川町
 もと中島郡大津村にあり、その後須に移り、その後清須越によって現在地に移った。嘉永6年(1853)の火災で本堂、堂宇を焼失したがその後再建された。楼門は棟札により享保15年(1730)の建立であることが知られる。この寺も江戸末期の「名古屋城下図」によると3で紹介した「法輪寺」と寺域は隣接しています。当時の敷地の広さが想像されます。

   御堂の左右に四天王が収められている。    明治以降寺院門前に建てられた町屋の一部が空襲を
   まぬがれ、古いたたずまいをわずかに残している。
   今は和食、フランス料理のレストランに利用されています。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy