屋根神様を見つけよう!(12)徳川二丁目(須佐之男神社内)

By , 2012年2月16日 9:37 PM

 山口町交差点北東、須佐之男神社内に屋根から降ろされた屋根神様を見つけました。緩やかな曲線をもつ美観豊かな流れ造りとなっていて銅板葺きです。いつ、どこからここに移転したのか色々な方から情報を集めてみましたが、あずま中学付近からここへ移転したとか。しかしこれもはっきりはしません。お隣の家に入り伺うと組内で毎月1,15日には榊を供え、6月第一週の天王祭りなどには組内総出で祀るそうですが、やはりいつ、どこからここに移転したかは分からないそうです。町内のこうした行事は記録もなしに人々によって受け継がれているだけなのでしょう。

★須佐之男神社と書かれた石柱の側面には御大典記念と刻まれ、反対側には昭和三年十一月と刻まれていました。昭和天皇の御大典記念に建てられたものと分かります。
右の写真の柵の中を良く見ると新しい榊を見ることができました。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy