オオカンサクラの話

By , 2012年3月3日 3:49 PM

 今年の冬は寒さが厳しかったため桜の開花も遅れているようです。名古屋でいち早く咲く東区泉2,3丁目(地下鉄高岳)桜通りから北へ続く約1kmはオオカンサクラの並木道です。桜通りに近いオオカンサクラは古木のため、倒木の危険があるということで昨年末取り払われてしまい、写真のような立て札が立てられています。現在立て札が2箇所、そして古木に代わって少し離れて若木が2本植えられています。

 立て札の横には3月11日(日)に行われる「名古屋ウィメンズマラソン2012」の予告がありました。この桜通りを往路西へ、復路東へ走る女子マラソンの応援に出かけ、このオオカンサクラの花見も出来ると良いのですが、今年はちらほらかもしれません。

植え替えられた若木です。
この並木道を北へ行くと「文化のみち二葉館」があります。
二葉館前のオオカンサクラは二葉館が開館した平成17年に植えられたもので大きくなってきました。

★シリーズで投稿していた「屋根神様」を見つけよう!」は12回で終りとなりました。まだ他にもあるかも知れませんがどうもこれが屋根神様という確信がとれずこの回で終了とさせて頂きます。
次回は色々考えた結果、全国の寺社に灯籠、狛犬などの石造物を寄進した名古屋市西区出身の伊藤万蔵さんの寄進物を取上げてみたいと思います。でも伊藤万蔵さんを知っていますか?第1回は万蔵さんの紹介、その後万蔵さんが東区に寄進した石造物を見つけ、シリーズで発信したいと思います。

2 Responses to “オオカンサクラの話”

  1. ozzy より:

     石造物のことも、伊藤万蔵さんのことも全く知りません。
     また、新しい東区が発見できると期待しています。
    とっても、とっても楽しみにしています。

  2. yamabuki より:

    冬の寒い時期に12回にも亘っての屋根神様探索シリーズは、本当にお疲れ様でした。時代が大きく変化して、歴史的な建物も現代的に大きく変化する中での屋根神様探索は苦労されたことと思います。おかげさあmで大変勉強になりました。
    ありがとうございました。
    新しいシリーズ、灯籠と狛犬も楽しみにしております。
    春を告げるオオカンサクラの開花が待ち遠しいですね・・・・。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy