徳川園で見つけた花

By , 2012年5月26日 8:47 PM

 伊藤萬蔵寄進の石造物を捜しているうち徳川園に寄り道してしまいました。園に入るとほのかな甘いジャスミンに似た香りにつられてニシキテイカカズラの花を見つけました。虎仙橋の下を流れる虎の尾と呼ばれるせせらぎの反対側にある石積みの上に這うように広がっていました。

  

テイカカズラに似ていますが、葉に白又は薄いクリーム色の斑入りで、葉もテイカカズラより広いようです。甘い香りが辺りいっぱいに広がっています。

  黒門口から入り、虎仙橋を渡ると右手にスタジイの木に貼りつくようにニシキテイカカズラの薄いクリーム色の花が綺麗でした。
 
 これはセンダンの花です。徳川園東で見つけましたが樹高が高く見上げなければ見つけられません。カメラもこれで倍率いっぱい。薄い藤色の花でしたが次回は花の形も写真におさめたいと思います。  

★徳川園は尾張徳川家より名古屋市に寄贈され、1932年11月3日「徳川園」として開園してから80年の節目にあたります。徳川美術館では「尾張徳川家大曽根邸と徳川園」と題して特別企画展が6月2日より7月22日まで行われます。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy