句碑・石碑を見つけよう! (No.6)

By , 2015年5月2日 3:38 PM

「徳川園内 浅野梨郷の歌碑」 徳川町1001

img001 徳川園は名古屋城本丸の東約3㎞にあり、尾張藩二代藩主光友が元禄8年(1695)自らの隠居所として造営したのが起源です。明治22年(1889)からは尾張徳川家の邸宅となりましたが、昭和6年第十九代当主義親により名古屋市に寄付され一般に公開されていました。しかしながら昭和20年の戦災で表門、脇長屋を残して消失、戦後は現代的都市公園として利用されてきました。平成13年以降日本庭園として再整備、同16年に開園しました。
この庭園は江戸時代の武家文化の象徴とされる池泉回遊式の大名庭園を現代に再現したものです。左の写真は戦災で焼け残った表門(黒門)で明治33年の遺構です。
DSC00275徳川園 DSC00276浅野梨郷石碑
DSC00278読み下し
 徳川園内、東北にある山里の風景が広がる一角に歌人「浅野梨郷」の歌碑があります。俳句ではなく短歌ですので歌碑というのでしょうか。梨郷は明治22年(1889)名古屋市で生まれ尾張藩士の子孫であったという。斎藤茂吉、伊藤左千夫とともにアララギ派の歌人で中部の短歌会のいしずえを築いた歌人でした。この石碑は氏を慕う歌人らによって昭和54年(1979)89歳で亡くなる2か月前に建立されました。
尾張藩士の家に生まれたのでゆかりのある徳川園に碑が建てられたといいます。

「 うつりつつ 静かに色を かえていく 豊旗雲の 空のたなびき」
石碑は変体仮名で刻まれているので左立札に読みやすく書かれています。豊旗雲は旗がなびいているようにゆったりと空にかかった雲ををいうそうです。
写真の上でクリックすると大きくなって見られます。
参考 徳川園パンフレット

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy