町並みの移り変わり(No.5)

By , 2017年6月11日 10:45 AM

国家公務員合同宿舎 橦木住宅
名古屋市市政資料館を東へ100m程行くと主税町公園があります。東区のこの辺りは明治から昭和にかけて多くの絵付け工場や陶磁器輸出業者が軒を連ねていました。主税町公園一帯は明治期には森村組絵付け工場があった跡地です。森村組は創始者である森村市左衛門が明治9年に創業した現在の森村グループ(ノリタケカンパニーリミテッド、TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業、大蔵陶園、森村商事)で明治29年頃には現主税町公園の南の敷地(国家公務員合同宿舎)も合わせて3,660坪の絵付け工場がありました。明治37年には西区鷹馬村則武に日本陶器を設立、工場も移転しました。
大正、昭和になり跡地は少しづつ民家となり、主税町公園は昭和45年に現在のような公園となりました。南の敷地(橦木町1丁目)には国家公務員合同宿舎、橦木住宅が出来ました。1230坪の敷地は昨年2月には一般競争入札売却の掲示がありましたが、今年になり数棟あった宿舎が取り壊され更地となりました。今度はフェンスにマンションの広告が出され又、町並みが変わるようです。江戸時代は武家屋敷、明治、大正は絵付け工場、昭和には民家、平成にはマンションとこの一帯は移り変わりました。やはり歴史は動いているのでしょう。
★参考資料 ノリタケグループ資料、森村市左衛門

主税町公園
DSC03047売地橦木町2
DSC02986公務員宿舎 DSC02982主税町公園から宿舎跡地
 南の橦木町から見た国家公務員宿舎跡地 北の主税町公園から更地となった公務員宿舎を上から見る

One Response to “町並みの移り変わり(No.5)”

  1. smash より:

    walkerさま

    この国家公務員用宿舎、知っています。
    壊されちゃったんですね。
    本当、街は日々変わっているんですね。
    クリアカットに差を見せて下さるwalkerさまのプレゼンにはいつも感心しております。
    deutlich!

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy