町並みの移り変わり(No.9)

By , 2017年7月30日 5:23 PM

東寺町界隈の移り変わり  東桜2丁目
慶長15年(1610)頃から名古屋城築城と共に清須より名古屋に城の防衛上多くの寺院が移され、東区では旧松山町に曹洞宗の寺が配置されたことから禅寺町、その東側は日蓮宗の寺を配置、法華寺町(ほっけてらまち)と称し飯田街道の守りとしました。東桜周辺には40ケ寺が配置されました。詳しくはこのブログの中で発信した「東寺町を歩こう!」をご覧ください。
この一帯は昭和20年の戦災で多くの寺を焼失、又戦災復興による墓地の移転、道路の拡張などで姿を変えつつも一部、江戸期の山門を残している寺もあります。最近は広い敷地の一部がビル、貸駐車場となり再び町並みが変わっていくようです。No.8で紹介した「貞祖院」の隣接地にもマンションが建築中と東区の町並みの移り変わりは止められません。ここでは清須越によって法華寺町に移転し、その後昭和30年代に建てかえられた日蓮宗の寺を三ヶ所取り上げました。山門を取り壊して駐車場とした寺、山門だけは残して境内を駐車場と鉄筋の本堂と変えた寺、歴史は常に動いているのでしょう。

CIMG0219真柳寺縮小 DSC03295本要寺駐車場縮小
錦通り北と法華寺町に面した真柳寺(日蓮宗)山門 山門が取り壊され、車が入っている。右に塀の名残を見る
CIMG0217法華寺山門工事中 DSC03298法華寺縮小
真柳寺の向えにある法華寺、駐車場造営のための工事中  駐車場となった敷地、同じ右に標識がある
DSC03300本要寺山門縮小 DSC03301本要寺山門内縮小内
寺の重みを感じる山門が残されている本要寺 山門の奥に造られた駐車場、左に鉄筋の本堂が見える

★参考 「ひがし見聞録 東区の歴史

2 Responses to “町並みの移り変わり(No.9)”

  1. smash より:

    walkerさま

    また新たな街の変貌をお知らせくださりありがとうございます。
    No8のように、地図を入れていただきますと、寺名から探す手間が省け、有難く思います。
    かねてから、調査をお願いするなり、おたずねしたかったのですが、武平町から千郷町までの間の、中区と東区の境界、広小路通りと錦通の間の、がひどくギザギザです。
    この辺りは、お寺が多いことから、寺の敷地で区を分けたのかな、こんなに凸凹になったのは山門の向きで分けたから?と勝手に思っていました。
    今回、先回と山門に注目しておられますから、既にアーカイブにあるのでしたら、お教えください。
    これが、東寺町を歩こうなんでしょうか。

  2. walker より:

    smash様
    このブログに興味をおしめしで有難うございます。
    東区を中区の境界線は複雑で疑問に思いますね。右の記事の分類から「東区発見 あれやこれや」の10の発信からジグザク境界線の話をアップしています。
    ご覧ください。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy