昔を語る銘板 (No.4)

By , 2017年9月18日 9:45 PM

徳川園 徳川町
徳川園黒門を入ったすぐ右手に銘板があり、「尾張徳川家大曾根邸/明治末期の風景」と題して明治末期の様子が伺える貴重な写真が掲載されています。徳川園は尾張二代藩主徳川光友が元禄8年(1695)に自らの隠居所大曾根屋敷を造営したことを起源としています。当時の敷地は13万坪、庭園内の泉水には16挺立の舟を浮かべたといわれています。明治23年(1890)尾張十八代当主義礼(よしあきら)が大曾根邸を新築し、明治33年(1900)には侯爵邸に相応しい規模に改築、尾張徳川家の本邸としました。昭和6年(1931)尾張十九代義親(よしちか)は大曾根邸の当時の敷地約9千坪と建物を名古屋市に寄贈、市は翌年「徳川園」として公開しましたが第二次世界大戦によりほとんどの建物や樹林を焼失しました。現在の黒門と脇長屋一帯は焼失を免れた貴重な建物です。
この銘板は東区役所と同時に平成27年3月に設置されました。

IMG_0809銘板全景 IMG_0812地図
 左通路を左に入ると徳川園の庭園   明治期と現在の徳川園の敷地の違いがわかる
この上でクリックすると拡大されます
IMG_0803銘板縮小 IMG_0807つるべ
  銘板右上の写真につるべ井戸が写っています
この上でクリックすると拡大されます
  焼失を免れ 現在も同じ位置にあるつるべ井戸

★参考資料 ひがし見聞録・徳川園パンフレット・銘板案内

 

昔を語る銘板 (No.3)

By , 2017年9月4日 3:16 PM

東区役所前 筒井一丁目
東区役所前の銘板は「明倫中学校と東区役所」と題して大正、昭和の風景を取り上げています。この一帯は慶安4年(1651)尾張二代藩主徳川光友が父義直公の菩提を弔うため建立した建中寺の境内で創建当時は約5万坪、周囲に石垣と溝(小さな堀)をめぐらす厳重な構えで壮大な三門、本堂を有するものでした。銘板の左手(西側)は区役所前を山口町へ南北に通じる道路で江戸期からある道路です。明治になってこの道路の西側に明倫中学校が新設されました。現在は愛知県立愛知商業高校となり、左上の写真の道路左側に見ることが出来ます。大正年間には建中寺の西側と南側には学校、警察署、消防署が出来、昭和に入ってもその様子を留めていました。

IMG_0533銘板全体 IMG_0534銘板アップ
銘板の左(西側)の道路は江戸期からある道路。
その左は県立愛知商業高校
 この銘板は東区役所駐輪場辺りにあります。
IMG_0556切り抜き明倫中学校 明倫中学校(昭和4年に新設された校舎の写真)
明倫中学校は尾張徳川家18代徳川義礼(よしあきら)により藩校明倫堂を継承し、明治33年(1900)私立明中学校が開設されました。昭和23年(1948)学校統合により、愛知県立高等女学校と合併して明和高校となり現在の東区白壁二丁目に移転しました。
昭和27年には愛知県立愛知商業高校が現在地に移転しました。
★写真の上でクリックすると説明文が読めます。
IMG_0536切り抜き 東区役所  

布池町にあった前東区役所
(大正15年~昭和45年)
東区役所は明治41年(1908)東区施行の折には西蓮寺(現東桜二丁目)に開設されました。
翌年布池町に庁舎を移転、大正15年には写真で見るようなモダンな庁舎が完成。昭和45年には現在地に新築移転しました。
★銘板の写真を切り取ったものです。クリックすると説明文が読めます。

Panorama Theme by Themocracy